« 大竹昭子『眼の狩人』(ちくま文庫) | トップページ | 日米のアカデミー賞 »

2004.01.27

いつでもどこでも誰とでも。

itudemo.jpg旧そごうの建て替え工事が進んでいる。その心斎橋筋側の囲いには意味深なメッセージがいくつも記されている。「いつでもどこでも誰とでも。」の他、「おねがい、週3」「わたしはあなたと違います。」「結果オーライ」「ドリョクヲスレバムクワレル」「こんなのはじめてですから。」などがある。これらのコピーから何を想像するかはそれぞれの人によって違うだろうが、少々あざとい感じがするのも確かである。とは言え、何となく写真に収めたくなる吸引力もある。変なツタ模様や花柄よりはましかもと思いながらシャッターを切った。

|

« 大竹昭子『眼の狩人』(ちくま文庫) | トップページ | 日米のアカデミー賞 »

コメント

どこでもいつでもだれとでも・・・モバイルかカップラーメンかどっちかって感じかなあ。シングルバーナーとかこのコピーで売るなら面白いかな。どこでもいつでもだれとでもお茶してください、みたいな。

お願い、週3・・・個人的に仕事に週3日くらい休みがほしいので単純にそのことを思い出しました。って今働いてないのですが(汗)。

投稿: Qyou | 2004.01.29 11:27

>suguluさん、ぽた子さん
あの場に立つと、迫り来る文字列が押し付けがましく感じられるのは確かですね。それが記事に書いたあざとさ(必ず見るだろう、読むだろう、話題にするだろうという作り手側の思惑)につながっているのでしょう。ただそれを都市の点景として切り取り、無関心に過ぎゆく人々と組み合わせると、またにわかに違った意味を帯びてくるようにも思うのです。そのあたり現物(コンテクスト)を知っている人と知らない人ではおもしろがり方がかなり違うと思われます。

投稿: morio0101 | 2004.01.29 11:02

旧そごうのメッセージ,ぽた子は苦手です。暴力的に文字を読まされてる感じがします。
単なる広告とか看板なら文字を読ませてなんぼなので目的に沿っていてそれはそれでよいのですが,この囲いの文字は,アートと称しているところがよりあざといような。

写真にすると,morioさんの視線が入ってまた違って見えますね。

投稿: ぽた子 | 2004.01.28 22:42

僕の想像はもう、すぐにアレを考えてしまいます。
そんな自分に嫌悪感w

このような洒落のあるもの好きです。

投稿: sugulu | 2004.01.28 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/142123

この記事へのトラックバック一覧です: いつでもどこでも誰とでも。:

« 大竹昭子『眼の狩人』(ちくま文庫) | トップページ | 日米のアカデミー賞 »