« 史上最年少芥川賞作家と積ん読状態 | トップページ | ちょっとだけいじってみた »

2004.01.20

あなたのために(Where the heart is)

知的な美貌を誇るナタリー・ポートマンは、スターウォーズのアミダラ役で広く知られている。ハーバード大学の現役学生でもある彼女は、仕事を選びながら活動を続けている。この「あなたのために」は、いかにも低予算な映画であり、すでに世界的な名声を得ているポートマンには地味な印象を与えるものである。しかし、逆にこういう地に足のついた映画に出演することで、大作の主役級役柄の呪縛からうまく逃れようとしているのであろう。そしてそれはうまくいっているように見える。

17歳のノヴァリー(ナタリー・ポートマン)はミュージシャン志望のジャックとカリフォルニアに旅立とうとする。ノヴァリーのお腹にはジャックの子供が宿っている。しかし、途中で立ち寄ったウォルマートでノヴァリーは捨てられてしまう。アルコール依存症協会のシスター・ハズバンド(ストッカード・チャニング)や、風変わりな図書館員フォーニー(キース・デイヴィッド)らに助けられながら、6週間ウォルマートで生活をした後、とうとう深夜の店内で陣痛に襲われ、気を失ってしまう。目覚めると彼女は全米が注目する「ウォルマート・ベイビーの母」となっていた。殺到する人々。その中にはノヴァリーを捨てた実の母親もいたが、その母もノヴァリーの全財産を持って逃げてしまう。途方に暮れるノヴァリーをシスター・ハズバンドやレクシー(アシュレー・ジャド)らが支える。ノヴァリーは写真家になる夢を果たすべく、彼女のできることを一つづつ進めていこうと決意する。ノヴァリーと彼女を巡る人々のその後はいかに……。

公式サイト http://www.foxjapan.com/movies/wthi/index0.html

映画ではノヴァリーの17歳から22歳までの五年間を描く。最初は何も持たない彼女(正確にはお腹にいる子供と愛用のポラロイドカメラのみ)が、次第に知性や教養、仕事、家族を獲得していくところから、まさにヒロイン誕生を描いた物語と言ってよいだろう。一種のアメリカンドリームである。ただその成功はハリウッド大作のような派手なものではなく、あくまでもささやかな幸せであり、等身大のヒロインがそこにあるだけである。彼女はダースベイダーと結婚するアミダラ女王ではないのだ。やや安易な展開のシナリオではあるが、これはこれで愛すべき小品という印象を受けた。

それもこれもお前がポートマンのファンだからだろうと言われると、返す言葉はありません……(笑)。

|

« 史上最年少芥川賞作家と積ん読状態 | トップページ | ちょっとだけいじってみた »

コメント

atcyさん、アドバイスありがとうございます。
ずっと不完全燃焼で一酸化炭素中毒になりそうです(笑)。キタ、ミナミで中古カメラ店をうろつく犬になってます。今のとここ望遠にはあまり魅力を感じないので、ニッコールの28ミリか24ミリを買って、GRと合わせて広角三昧で行こうかと思い始めております。でも横からローライ35も誘いをかけてくるので、まったくもって悩ましいです。

投稿: morio0101 | 2004.01.23 00:46

まだ実験稼働中で宜しければリンクしてやって下さい。私の方は、リンク欄を作ってアップすると全体のレイアウトが崩れたりしたので、ちょっと様子を見ながらリンクなども加えていきたいと思います。

トキハ屋で不完全燃焼されているようですが(笑)、標準レンズに付けるクローズアップレンズを1枚試してみたらいかがでしょう? それほど高いものでもないし、持ち運びにもまるで支障ありません。そして一眼レフのファインダーを通して見ると、自分の世界が一気に拡がったように感じられると思います。最終的には100mmくらいの望遠マクロレンズが欲しくなって悶え苦しむことになるかと思いますが(笑)、私は責任持ちませんので悪しからずご了承ください。(爆)

投稿: atcy | 2004.01.22 23:31

ポートマンのファンはファンなんですが、知的で品があって可愛らしい女性には無条件で惹かれてしまうのです。そういう意味では節操がありません。映画はもっぱら低予算B級邦画が中心で、全国一斉ロードショーってのは好きではありません。もちろん例外もありますが。蓮実はそれなりにってことで。

blog稼働、おめでとうございます。いきやすいようにリンク張ってもいいですか。って、そちらで言う方が早いですね。

投稿: morio0101 | 2004.01.22 00:05

ポートマンのファンなのかあ。(笑)
ああいうフランス顔がお好き? ま、嫌いな人もいないと思いますが。(笑)
しかし、映画もいっぱい見ておられるんですね。文体からも察するにハスミンのファンでもありそうです。morioさんは深そうですね。

ひっそりと実験稼働中です。
http://homepage.mac.com/atcy/iblog/index.html

投稿: atcy | 2004.01.21 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/119029

この記事へのトラックバック一覧です: あなたのために(Where the heart is):

« 史上最年少芥川賞作家と積ん読状態 | トップページ | ちょっとだけいじってみた »