« 自転車のヘルメット | トップページ | 芥川賞・直木賞贈呈式の記念撮影 »

2004.02.19

フェスティバルゲート閉園

大阪新世界のシンボルである通天閣の南側に、フェスティバルゲートという名の屋内遊園地がある。ビルの中をジェットコースターが縫うように走ったりしていて、それなりに楽しめそうなところなのだが、あまりにもかさんだ赤字のために閉園になるらしい。昨日のニュースがそう報じていた。あのジェットコースターのファーストドロップの怖さはなかなかのものだった。

確かに行く度に店は減っているように見えたし、逆に動かなくなっている遊具は増えているように感じられた。何より人の数がめっきり少なくなっている。オープン当初に行った時には、それはもうすごい人出で、新世界のイメージとはずいぶん違った雰囲気に大いに驚かされたものであった。

このビルには映画館シネフェスタも入っていて、マイナーな邦画を上映してくれていたので、ありがたいところだったのだが、これでまた貴重な映画館が一つ失われることになる。スペル・デルフィン率いる大阪プロレスもこの中に本拠地を構えている。くいしんぼ仮面やタイガースマスク達とともにどこへ流れて行くのだろう……。

|

« 自転車のヘルメット | トップページ | 芥川賞・直木賞贈呈式の記念撮影 »

コメント

2年前にアルバイトとして一年間働いていました。私は主に夕方から閉園まで働いていたんですが、アトラクションによっては一人もお客さんが来ない日もありました。来客による収入が全く無いので新しいアトラクションを入れれない。目新しさのない遊園地には誰も行かない、どんどん借金が増えていく(最初に戻る)という無限ループにガッチリはまってしまいましたからね。私的にはあのデルピスザコースターが悪かったと思うんですがね・・・なんにしても淋しいもんです

投稿: Dimo | 2004.03.17 22:17

またもや「第3セクター」で作った施設の経営破綻ですか…! ほんとにええかげんにせぇーよっ!って思います。たいした営業努力もしないでハードだけで人を呼べると思ってるのが,お役人の馬鹿さ加減爆発です。この事業を推進した議員全員、退職金なしで辞めてもろうても拉致があかないくらいの負債が残ってるというのに…。これもまた税金で穴埋めか…。市民・府民は役人の尻拭いのために税金払ってるのではないぞーっ!この後,地元の人たちどうするんやろ…?

投稿: weblog244 | 2004.02.22 17:19

全部の施設がなくなるのかどうか、そこが気になります。映画館や大阪プロレスは、客が初めから決めうちで来るところだから、無理になくさなくてもいいと思うのだけど。どういう経営的判断が下されるのか、続報を待ちたいところ。生駒山上遊園も厳しそうなことを以前に新聞で読んだことがあります。

投稿: morio0101 | 2004.02.21 03:38

数ヶ月前に行ったら、店舗のほとんどがビーズ屋さんになっていたのに驚きました。あやめ池遊園地も閉園。関西の遊園地はどうなってしまうんでしょう。夜、我が家から見える生駒のジェットコースターの灯りはいつまでも消えずにいてほしいものです。

投稿: ベス | 2004.02.20 19:19

開園の年はTDLに次ぐ客数を誇っていたらしいが、新しい物好きの大阪人にはすぐ飽きられたって事ですか。最終的にマトモに商売していたのは、モスバーガーだけだったような気がします。例の高級バーガー取扱店だったし。デルフィンアリーナ(だったっけ?)の行方は気になるところですね。
跡地はどうするのだろう。バスの車庫に戻すのか?

投稿: akinoringo | 2004.02.20 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/213770

この記事へのトラックバック一覧です: フェスティバルゲート閉園:

« 自転車のヘルメット | トップページ | 芥川賞・直木賞贈呈式の記念撮影 »