« フェスティバルゲート閉園 | トップページ | 忘れていた日本アカデミー賞発表 »

2004.02.20

芥川賞・直木賞贈呈式の記念撮影

先般発表のあった芥川賞と直木賞の贈呈式が行われた。話題性があり人気の高い作家4人が勢揃いしていたため、記念撮影では「人気アイドルの記者会見のような光景となった」(asahi.com、おそらく明日の朝刊にも掲載されると思う)そうである。さもありなん。相変わらず朝日は綿矢贔屓であるなぁ。

それはさておき、ここで紹介されているカメラマン達の姿が何とも滑稽であると思った。その記事によると「4人並んでの写真撮影では、カメラマンから「視線こっちに下さい」「今度はこちらを」と注文」が飛んだとある。これを読んで、私はあるプロカメラマンの文章を思い出した。その人は素人相手の撮影会の講師をよくやっているようで、モデルを美しく写すためにできるだけ声をかけましょう、とアドバイスしていた。何より自分の方にモデルを向かせることが肝要で、「視線、こっち下さい(変な日本語!)」から始まって、「笑顔がいいよ」とか「そのポーズが決まってるね」とか「可愛いよ」とか、言うとよいのだそうだ。アホくさ、ようやるわ……。

これを読んで、撮影会なるものに少し興味のあった私は、絶対に参加できない、参加しないと強く思った。心にもないことを言って、相手のよいところを引き出せるわけもないし、何よりその他大勢の人と同じようなことをその場でやらなければならないのかと思うと、それが情けなくて仕方がない。好きでやっている方には申し訳ないけれど、そういうのって楽しいのだろうかという根本的な疑問があるのだ。

報道カメラマンは仕事とはいえ、大変だなぁと改めて思う。

asahi.comの記事
YOMIURI ON-LINEの記事
Sankei Webの記事

|

« フェスティバルゲート閉園 | トップページ | 忘れていた日本アカデミー賞発表 »

コメント

>きまたさん
やはり黒手袋がポイントでしょうか。暗殺者みたいで私はちょっと怖いです(って、変な想像しすぎ!)。
>atcyさん
「週刊ダイヤモンド」の記事、読みました。確かに2作品とも浅田彰がとても褒めるとは思えません。そう思って読むから、よけいおかしかったです。ただの写真屋さんね、納得。
>らいださん
営業しながら写真なんて撮りたくないです(笑)。
>ぽた郎さん
篠山紀信の人物写真は私も苦手です。この人自身もというのはまた別の話になるから控えることにします。天才ならではの毒を持っていると言うことでしょうね。

投稿: morio0101 | 2004.02.23 00:11

モデルの視線,といえば,やはり篠山紀信。モデルを「乗せる」のもカメラマンの才能のうちだとか。それゆえに私は篠山紀信(の写真に写るモデルたちのあざとい視線)が大嫌いでした。でも,このヒトの撮る建築写真(磯崎新とのコラボの「建築行脚」など)を見ると,やはり,ああこの人は天才だな・・・。などと思ったり。

投稿: ぽた郎 | 2004.02.21 16:32

被写体を自分のペースに引き込むための話術って難しいと思います。おせじばかりだと白けるから相手が興味を示すような話題も取り混ぜながら…って、まるで営業職ですね(^^;

投稿: らいだ(六弦) | 2004.02.21 10:48

先にご紹介した週刊ダイヤモンド(webの方)にて、芥川賞受賞の二人が浅田彰に散々やられてました。結構笑えます。
カメラマンって横文字で書くから格好良く感じるけど、実は商店街の写真館のオヤジに毛が生えたようなもんですからね。実はみんなただの写真屋さんです。

投稿: atcy | 2004.02.21 09:38

京極LOVEなのです。
芥川賞のギャル2人ばかりでなく、
京極もいっぱい映して欲しいのです。

投稿: きまた | 2004.02.21 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/216670

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞・直木賞贈呈式の記念撮影:

« フェスティバルゲート閉園 | トップページ | 忘れていた日本アカデミー賞発表 »