« ドラえもん のび太のワンニャン時空伝 | トップページ | 淀川の右岸、十三から赤川鉄橋まで »

2004.03.14

「エースをねらえ!」を大人買い

堂島のジュンク堂書店で本探しをしたあと、ふらりと一階の文房具屋に立ち寄ったときに思い出してしまった。ご存じない方のために説明すると、その文房具屋の隣には大きなコミックコーナーがあるのである。思い出したものは仕方がない。山本鈴美香『エースをねらえ!』(ホーム社マンガ文庫、全10巻)を大人買いである。Wind Calmさんに「たぶん、「大人買い」なさるでしょう・・・」と書かれたとおりの結末であった。我ながらおかしく感じる。かつてアニメに興奮し、先日までドラマを楽しんでいただけに、原作本の世界がいかに描かれているのか、とても楽しみである。

テレビ朝日の「エースをねらえ!」公式ホームページによれば、総売上が1500万部にも達するという。驚くべき数字である。

|

« ドラえもん のび太のワンニャン時空伝 | トップページ | 淀川の右岸、十三から赤川鉄橋まで »

コメント

しきはんさん、こんにちは。文字化けにならなかったですか。「エースをねらえ!」は今4巻まで読み終えました。テニスマンガと思いきや(もちろんそうなのですが)、案外プレイシーンは象徴的な絵が多く、むしろそれ以外の心理描写が濃密で驚かされました。いろいろと深い読みを許してくれそうで、やはり名作の名に値するものだと感じ入っています。

投稿: morio0101 | 2004.03.17 17:41

エースをねらえは奥深い漫画です。
最終的にはちょっと宗教が入ってしまいますが。
ま、これは作者がそっちにいってしまったのでしょうがないですね。
私はひろみの話のようでホントのっところはコーチの男の人生なのだと感じてます。
何度も何度も泣きながら読む名作ですね。
連載で読んでいた時はスポーツものという感じ方でしたが大人になって読み返すとこれは1人の男の人生の物語なのだなーと感じました。

投稿: しきはん | 2004.03.16 03:19

>atcyさん
私の買ったのは一冊600円強だから、さらに儲けが膨れあがります。印税10パーセントかぁ、いいなぁ……。「Rをねらえ!」はモデルがひねくれているため、きっと自費出版、即絶版の憂き目にあうような気が強くします(笑)。

>miuさん
「スポ根ここにあり!」の気概が感じられて最高です。妹が全部揃えていたので、かつて読んだことがあったはずなのですが、どのページも新鮮です。miuさん、お、おそいんですか……(おずおずと)。

投稿: morio0101 | 2004.03.16 01:29

ワタシは当時買った奴をまだ後生大事にもってますよん。
彼らのファッションや、こっぱずかしい口調、ストイックな愛情がセピアな感じです。ひろみのような「ほっとけない」キャラって得ですよねあやかりたいがもう遅い(笑)

投稿: MIU | 2004.03.15 12:52

1,500万部かぁ。1冊400円、印税10パーセントとして、40X15,000,000=600,000,000。6億円の印税ですか。そこからさらにキャラクター系の雑収入もあるし、売り出されて約30年間、毎年平均すると二千万円以上稼いでいる訳ですね、この漫画は。ワタシも「Rを狙え」という漫画を描いて大儲けしたいのでモデルになって下さい。(Rは何かの頭文字かも知れません・笑)

投稿: atcy | 2004.03.14 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/299263

この記事へのトラックバック一覧です: 「エースをねらえ!」を大人買い:

« ドラえもん のび太のワンニャン時空伝 | トップページ | 淀川の右岸、十三から赤川鉄橋まで »