« 大阪の近代建築 | トップページ | Fotologのその後 »

2004.03.02

写真表現大学の修了展

吹田市の万博公園にある写真表現大学の修了展を見てきた。昨秋、彩都メディア図書館で開かれたピンホール写真講座を受講した時に、ずいぶんと親切にしてくれた学生さんがいた。その彼女も修了予定で作品を展示しているので、どんな写真を撮っていらっしゃるのかと思って出向いたのである。

梅田に近い西天満あたりには古美術商やギャラリーがたくさんある。散策すると物欲が刺激されて困ってしまう場所なのだが、今回の修了展はこの地区の4つのギャラリーで開かれている。このあたりの雰囲気を味わうだけでも楽しくなってくる。

4つのうち2つ(千スペース・The Third Gallery Aya)だけ回った。手作りだけれど、アイディアや愛情にあふれる空間と展示だった。もちろんどの写真も素敵で、こういう形で自分の作品を出せることのすばらしさも味わわせてもらった。写真展を見る機会があまりないので、とても充実した一時であった。お近くにお立ち寄りで、写真に興味のある方は、ぜひ御覧になってみて下さい。

#感想ノートの中にFotologのravさんの名前を発見! 奇遇だ。

|

« 大阪の近代建築 | トップページ | Fotologのその後 »

コメント

写真表現大学は専門学校系ですね。短期の講座と1年単位のコースが中心になっています。今年からは映像表現大学というのも併設されるようです。彩都メディア図書館はなんといっても国内で唯一「ライフ」全冊が閲覧できるのが最大の特徴ですね。あまり広くないですが、一度は足をお運び下さい。ついでに太陽の塔を撮って帰るとか。あとモノレールで一駅東に行って、マイカルでイケショップにも寄って下さい。今度は迷わずにね。

ravさん、ほんとに奇遇です。あの写真を自由に組み替えられる作品を作った方にピンホール講座でお世話になりました。私もravさんの直後にメッセージを書き残しております。文字についてはご謙遜を、達筆でいらっしゃいました。

投稿: morio0101 | 2004.03.03 22:27

丁度一年ほど前、千ギャラリーで、東松照明のアフガニスタンでの写真を中心にした回顧展があったので、大雨の中行ったことを思い出します。ギャラリー自体はとてもいい感じだったのですが、その時受付にいた学生風のバイトの男女が、自分たちの痴話に熱中し過ぎ、ワタシの他に客のいなかったギャラリーの中で、そいつらの話し声が幾重にも反響し、ワタシは爆発寸前でした。まぁ、関係ないですが。(笑)
写真表現大学って、実は聞いたことがなかったのですが、ここは正規の4年制大学ではなく、短期の講座などを持っている専門学校系なんでしょうか? 彩都メディア図書館は、一度行きたいと思っているのですが、遠くてなかなか行く機会がなく現在に至っております。一度行かなきゃ。

投稿: atcy | 2004.03.03 12:10

ちょっとだけ言い訳を・・・
時間がなかったし、ペンがなぜか筆ペンタッチだったので
すっごく下手な文字で書いてしまったんです。
あとでボールペンに気が付いて
アドレスはボールペンで書いたけど・・・
あんなメッセージを見られたなんてすっごく恥ずかしい(T-T)
書道有段者なので本当はもっとマシですよー(苦笑)
いつか千スペースで私らしき人物を見かけたら
声をかけて下さいね・・・(笑)

投稿: rav | 2004.03.02 23:00

こんにちわ。
fotologからこちらへ遊びにきました。
実は私は会社が千スペースの近くなので
今日、見てきました。
私が写真を真剣に撮るようになってから
こうやって近くで写真展があると
必ず出向いています。
いろんな世界があるんだなぁ~
こんな表現の仕方いいなぁ~
って勉強になりますよねっ!!

投稿: rav | 2004.03.02 21:02

いいなぁ・・・、近かったら絶対見に行くのに。
東京でも写真の学校って、きっと学祭で展示しているんでしょうね。
今度探してみよう~っと。

投稿: し~やもん | 2004.03.02 18:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/254186

この記事へのトラックバック一覧です: 写真表現大学の修了展:

« 大阪の近代建築 | トップページ | Fotologのその後 »