« 二つの小さいBBS | トップページ | 続「オノマトペ」研究中です »

2004.03.11

1年ぶりの讃岐うどんポタ

sanukifuji.jpgすっかり春の陽気であった。自転車で長距離を走ると左足首がまだ少し痛むけれど、存分に香川の自然と味覚を満喫してきた。春の陽に映える讃岐富士も実に見事であった。

讃岐うどんの魅力に取り憑かれてからというもの、「いつかは香川へ!」の思いを抱き続け、ついにその野望(笑)を達成したのが、ちょうど一年前であった。中西・なかむら・松岡・山越・たむら・さか枝の六軒を巡り、文字通り讃岐うどんで食い倒れた。昨年夏には家族旅行でまたしても香川を訪れ、この時は長田・小縣屋と中野うどん学校に行った。やはり満足した。そして今回は再び自転車(相棒はBD-1、通称バディ介)で、うどん帝国に上陸である。

yamashita.jpg深夜0時30分神戸三宮発高松行のジャンボフェリーは、関西在住の讃岐うどんマニア御用達便である。これに乗船すると、早朝4時10分に高松東港に到着する。香川のうどん屋の朝は早い。いいうどんが食べられるかどうか、勝負は午前中で決まるのである。人気のある店、おいしいと評判の店は、ほぼ昼過ぎには営業を終了する(麺がなくなるのだ)。したがって早朝から活動できる時間を与えてくれるこのフェリーはとてもありがたいのであった。そしてめぼしい店が営業終了した昼下がり、午後3時30分高松発のフェリーで神戸に戻ってくる。到着は午後7時10分である。つまり「ほぼ日帰り」で関西から本場讃岐うどんを味わう旅が可能なのである。もちろん今回もこの時間割で行動したのは言うまでもない。素敵だぜ、ジャンボフェリー。ちなみに往復の料金は2990円! 驚異的である。

平日深夜に高松へ向かう旅行客は、もちろんほとんどいない(笑)。半ば貸し切り状態の船室でゆっくり眠り翌日に備えた。予定通り高松に到着したが、昨年の反省からフェリーターミナルで夜が明けるのを待つことにした。むやみに暗くて寒い中を飛び出しても仕方がないのである。そして順調に中西・坂出山下うどん・がもう・なかむら・長田in香の香の五軒を回った。いずれの店もそれぞれの特徴を存分に味わわせてくれた。

中西〜しっぽくうどん(330円)。おばちゃんにあれこれ指南してもらう。
坂出山下〜釜揚げうどん(150円)・海老のかき揚げ(130円)。おばあちゃんに生醤油はやめて出汁をかけるように指導される(笑)。店の和み度がすばらしすぎる。地元のおばちゃんたちと一緒に「てるてる家族」を見た(爆笑)。村上春樹のサイン色紙あり。写真参照。
がもう〜かけうどん冷(100円)・さやえんどう天(70円)。ロケーション最高。
なかむら〜かけうどん冷(100円)・ちくわ天(100円)。脅威ののびる麺を堪能。筆舌に尽くしがたい魅力がある。
長田in香の香〜釜揚げうどん(250円)。もちもちした独特の食感がよい。
しめてうどん代930円、オプションが300円である。自転車で前傾姿勢を保つのが苦しくなった。腹出過ぎかも。ほんとうはあと1〜2軒回りたかったところだが、あきらめて善通寺散策をして帰ってきた。

ブラボー! 讃岐うどんである。それに尽きる。詳細は自転車HPの方に書いた。その2が今回ので、その1は昨年の報告である。

まとめて走った 香川・讃岐うどん巡礼 その2
まとめて走った 香川・讃岐うどん巡礼 その1

また御覧いただければ幸いである。

|

« 二つの小さいBBS | トップページ | 続「オノマトペ」研究中です »

コメント

>うーんさん
どこの店の何をお召し上がりになったのか存じませんが、基本的に味覚というのは主観的なものです。同じものを食べても「おいしい」と思う人と、「食べられない、こんなもの」と思う人は当然いるはずです。それ以上でもそれ以下でもありません。何にせよ、自ら体験して自ら語るということが大切ですね。私から申し上げられることは「残念でしたね」ということと、「私はとてもおいしいと思う」ということだけです。

投稿: morio | 2005.08.02 00:01

あんまり美味しいと思いません・・・味が薄い!さゆうの水をすすってる感じです。はっきり言うてすみませんがマズイ!!!

投稿: うーん | 2005.08.01 23:45

却下されてしまった・・・(笑)
そ・そうですね。では友達の車に紅豚を積んで、誘導してもらいながら自転車で走ります!!!!!!(負けずに!付けてみました)

投稿: ベス | 2004.03.13 13:49

昨日あれだけうどんを食べたのに、すでに胃は讃岐うどん渇望モードに入ってます。まさに「恐るべし、讃岐うどん」です。

>yukiさん
ロンドンまではどんなに早くても数日はかかりますが……。香川で撮った讃岐うどんの写真ならすぐに送れます。食べられないけど(笑)。
>earthianさん
いらっしゃいませ。関東はやはりうどんより蕎麦でしょうか。早くブログデビューして下さい。
>らいださん
ぜひお出かけ下さい。折り畳み自転車の機動力を発揮できます。食べ過ぎて走るのが嫌になっても困りませんから。
>mi4koさん
讃岐うどんは、香川の土地、風土、文化、生活と融合して、いっそうの輝きを放ちます。朝の早くから老いも若きもふらりとうどん屋にやってきては食べていく様を見ると、「ああ、これはかなわないな」と思い知らされます。あと、さりげない煽り、ありがとう(笑)。
>ベスさん
車ですと!! 何のために立派な折り畳み自転車を2台も所有しているんですか!!!!!!(!つけすぎ、笑)。却下します。第一、自転車で走ってお腹を空かせないと、数軒まわって終わりになりますよ。
>きささん
まさかきささんに胃袋を褒められるとは思いませんでした。光栄です。でも5軒目終わった後、BDで前傾姿勢はほんとに辛かったです。いずれ関西組と合流してジャンボフェリーに乗りましょう。

投稿: morio | 2004.03.12 00:50

一人で5軒、素晴らしい胃袋ですっ!
今年はどうにかジャンボフェリーに乗りたいなぁ・・・。

投稿: きさ | 2004.03.11 22:20

食べたいですぅ。なかむらの驚異ののびる麺・・・堪能したいー! 車で行くなら夜中に出る方がいいですね。午前中が勝負っていうのが辛い所です・・・。

投稿: ベス | 2004.03.11 21:53

今日は饂飩にします。そう決めました。理由は訊かないでください。
はやくかえりたひ。

ずいぶん前に村上春樹のディープなうどんツアー(だったかな?)を読んでから、讃岐のうどんは相当凄いらしい、というのを知りましたが、当時は異国の話のようでした。去年あたりからようやく北海道にも讃岐のうどん屋さんがみうけられるようになりました。が、まだ、私の知っている「ディープなんうどん屋さん」には巡り会えていません。地元で出会おうと思う事自体が、ちゃんちゃらおかしいという事に気がつきました。

今度はデジローライでお辞儀しながら撮ったうどんを見せてくださいね。

投稿: mi4ko | 2004.03.11 19:21

香川うどんポタ、いいですねー。
そろそろストライダくんと遠出しようかな?

投稿: surfrider(6strings) | 2004.03.11 18:41

あやのさんの所から飛んできました^^
夜中にウドンネタは、、、 ああ おいしそう。
明日はうどんにしようかなあ^^

投稿: earthian | 2004.03.11 03:46

うーまーそーーーーー
うーどーーーーんっっっっ
出前頼めますか?

投稿: yuki | 2004.03.11 02:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/286165

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりの讃岐うどんポタ:

« 二つの小さいBBS | トップページ | 続「オノマトペ」研究中です »