« 『言海』が文庫化 | トップページ | リリイ・シュシュのすべて »

2004.04.12

私の最強フィルムの結果その2

atcyさんの最強のフィルムの話実践編第2弾は、私のメインカメラであるリコーGR1vで撮影した写真である。今回使用したのは富士フイルムのリアラエース100で、ISO50に設定して撮影した。

shokaki 【うち捨てられた消化器】
negiyaki 【五条川のねぎ焼屋台】

埃まみれの古ぼけた消化器のくすんだ赤や、屋台の垂れ幕に見える蛍光カラーのような緑と黄色など、いかがであろうか。実は「こんなにどぎつくなってもよいのか」というものもあるのだが、それはまた別に機会にお見せすることにする。続きはphoto 1/365の方で。

|

« 『言海』が文庫化 | トップページ | リリイ・シュシュのすべて »

コメント

いつもアドバイスをありがとうございます。これまでに見たことのないような色で出てくるので、ほんとに驚いています。色の組み合わせによるのか、ハードの特性によるのか、はたまた複雑な組み合わせでそうなるのか、いろいろと試してみて経験的に判断するしかないのでしょうね。しばらくはカラーばかりの状態になりそうです。

投稿: morio0101 | 2004.04.14 02:32

ワタシもvoigtlanderのレンズで撮った時、まるで蛍光色のようになった事があります。これはフィルムの特性と、レンズの特性、そしてスキャナーの特性などが密接に絡まっているのではないかな、と思います。全体のトーンをもうちょっと暗くしてみればどうでしょう。ワタシは少し暗くして、コントラストを上げてみたら、いい感じにあがりました。

投稿: atcy | 2004.04.12 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/428060

この記事へのトラックバック一覧です: 私の最強フィルムの結果その2:

« 『言海』が文庫化 | トップページ | リリイ・シュシュのすべて »