« リリイ・シュシュのすべて | トップページ | 町田康『きれぎれ』(文春文庫) »

2004.04.13

即席針穴80

ピンホール80とキューピー1発売される前から注目の的になり、誰が買うかと噂されていた一台。すでにtearoomさんが手に入れたという報告をされている。先週末にヨドバシカメラ梅田店で探したものの見つけられずにいた、ポラロイド社の新製品「ピンホール・カメラ80」。今日、仕事帰りに立ち寄った難波のビックカメラにもなかった。こうなると意地である。針穴写真の緩さが好きなのに、そのための道具を血眼になって探すとはこれいかに。

ピンホール80とキューピー2そして心斎橋にあるカメラのナニワでとうとう見つけた。想像していた以上にコンパクトなカメラである。オリーブ色とオレンジ色の2色のうち、オモチャっぽいチープさが魅力的なオレンジ色を選んだ。HIMAWARIと名づけられている。憧れの「真四角な写真」がこれで撮れるかと思うと、自然にキューピーのような顔になって頬が緩んでくる。

ああ、二眼な皆様、しばらくはこれで許して……。デジローライは次の人に任せた。

|

« リリイ・シュシュのすべて | トップページ | 町田康『きれぎれ』(文春文庫) »

コメント

カメラよりも、キューピーのかわいらしさに釘付けになりました。首の角度が絶妙です(笑)

投稿: ベス | 2004.04.17 19:20

>らいださん
真四角な仲間には入れていただきましたが、その先に二眼
が待っているかと思うと、嬉しくて、いや、切なくてやりきれません(謎)。

>DAHONさん
閑暇期が終了したので、ぼちぼちいきます。

>mi4koさん
オレンジ色のローライって、あなた……。ファインダーなんてありません。何となくそっちを向けて写すという、正調針穴作法を踏襲しております。さしのべて下さった手(しかも女性)を握ってもいいものか、なにぶんシャイなもので(笑)。

>きまたさん
ノッポさんの作品、すばらしいです。遠い親戚ということで、あとを追わせていただきます。どのフィルムがいいとか、また教えて下さい。

>weblog244さん
やはりポラ王たるweblog244さんには、お一つ手元に置いていただかないと。

>ponkanさん
出たんです。きまたさんが同じ発想で作っていらっしゃいます。ぜひ彼女のブログで見て下さい。すばらしいです。

投稿: morio0101 | 2004.04.16 18:14

そんなんでたんですか?
針穴までが46mm。フムフム結構広角なのかな?
でもPOLGAのポラロイドホルダの前にプラスチックの箱ついただけに見えますね。POLGAもってるから、自分でプラ板切ってつくれそう。(^-^

投稿: ponkan | 2004.04.14 06:16

ごめんなさい、(morio)「さん」抜けました…

投稿: weblog244 | 2004.04.13 23:58

tearoomさんに続いてmorioも…(^^)
ますます欲しくなってきたぁ〜、"針穴ポラ"!

投稿: weblog244 | 2004.04.13 23:56

おめでたう。
僕は、モドキだけど仲間だね!
ポラだから、直ぐに結果が解るのが魅力ね。
フィルムが高いけど…

投稿: きまた | 2004.04.13 23:10

スクエアな世界にようこそ。
でも一報を受けた時、オレンジ色のローライってどんなんだったかなー、と思いました。にひひ。
ファインダーってあるのかな...アテにならないやつかな...スクエアは割とどう切り取っても面白いけれど、ファインダーで見るところから楽しさが始まると思っております。手はいつも差し伸べております。掴むだけです。

投稿: mi4ko | 2004.04.13 23:07

やはりこうなりましたね。拝見できるのを楽しみにしております。

投稿: DAHON | 2004.04.13 22:00

買っちゃいましたね♪
真四角な針穴写真を楽しまれつつ二眼も近日中に仲間入り…ですよね?(^^;

投稿: surfrider(6strings) | 2004.04.13 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/435431

この記事へのトラックバック一覧です: 即席針穴80:

» ピンホール80 [Blog-tea]
ありました。 買いました。 こういうカメラはキッカケが必要。自分への誕生日プレゼントだから、最高のキッカケだったのです。... [続きを読む]

受信: 2004.04.13 21:04

» ピンホール80 [Blog-tea]
ありました。 買いました。 こういうカメラはキッカケが必要。自分への誕生日プレゼントだから、最高のキッカケだったのです。... [続きを読む]

受信: 2005.09.20 12:10

« リリイ・シュシュのすべて | トップページ | 町田康『きれぎれ』(文春文庫) »