« おとぴん2号(広角仕様) | トップページ | 幻の光 »

2004.05.29

オオサカハリアナツウシン

一つ前のエントリーで紹介した学研『大人の科学』付録ピンホールカメラの広角仕様(略称「おとぴん2号」改め「ひろぴん」に決定)の試し撮りができあがってきた。

屋台その1

自分で言うのも何なのだが、この広角ぶりがとても気持ちよい。雑誌によれば約20ミリの画角であるとのこと。単なるラーメン屋台なのに、遠近感が強調されることによって、これだけそびえ立つ感じがする。アバウトに作ったアルミ箔の針穴も緩くない感じでできあがっているようである。これくらいのシャープさなら、ひとまず満足してもよいかと思った。

そしてとうとうこの針穴写真について語るブログまで立ち上げてしまった。題して「オオサカハリアナツウシン」。Fotologの方にも「大阪針穴日記(Osaka Pinhole Diary)」というページを作ってはいるが、いかんせん、語りを入れることがはばかられる。あくまでも針穴写真の展示場所だと割り切ることにして、新しい「オオサカハリアナツウシン」では、写真とともに記憶される生活やあれこれについて書いてみたいと思っている。根がおしゃべりなのでどうしようもない。

今回の「ひろぴん」試し撮りの他の写真は、「オオサカハリアナツウシン」の方に説明をつけて順次アップする予定である。こちらの「1/365*morio0101」ともども可愛がっていただければ幸いである。

|

« おとぴん2号(広角仕様) | トップページ | 幻の光 »

コメント

>tearoomさん
手軽で安上がりな素材で挑戦してみました。でも穴の直径と同じくらい大事な薄さがはじめから保証されているので、気は楽です。失敗しても何度でもやり直せるし。ぜひ。

>suguluさん
ありがとうございます。そろそろオトピンにまたフィルムを通してやって下さい。今週末のミータップでは針穴オンリーにするとか(笑)。

>kudar!さん
雨の針穴もまた風情がありそうです。

>しきはんさん
あのシャッターユニットつきもよくできていると思いましたが、広角の方は見え方がすごくてとても気に入ってます。いろいろな針穴写真機で楽しんでも、安上がりなのがいいですよね。引っ越しが一段落したらまたオトピンでも遊んでやって下さい。

投稿: morio0101 | 2004.05.31 22:30

うわぁ〜、大人の科学いい感じの針穴になりましたね。私はHOLGAがけっこう広角なので大人の科学は標準のままでいこうと思ってます。望遠気味でおもしれ〜って思ってるので。でも針穴をまだ作り替えてないんです。とりあえずこれを作らないと、付属のは緩すぎですものね。こちらのをみてたらうずうずしてきました。引っ越しが終わったら針穴を作るぞ〜。

投稿: しきはん | 2004.05.31 00:30

札幌は曇です。雨が降りそう。ピンホールの出番はないかな。

投稿: Kudar! | 2004.05.29 12:45

 広角の威力を感じました。凄いです!!

投稿: sugulu | 2004.05.29 10:04

おお、綺麗です。
パイプ椅子の輝きに目を奪われます。
アルミ箔に針穴、挑戦してみたくなりました。

投稿: tearoom | 2004.05.29 06:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/672450

この記事へのトラックバック一覧です: オオサカハリアナツウシン:

» 『あなろぐ茶房』プレ開店 [Blog-tea]
針穴写真と、トイカメラのPhotoblog作りました。まだping設定してないから、プレオープンです。もう少し画像入れたらping出します。"スローに流れる記... [続きを読む]

受信: 2004.05.29 10:53

» 「大人の科学」ピンホールカメラ広角仕様の初撮り [オオサカハリアナツウシン]
2004年1月に刊行された「大人の科学」の特集はカメラであった。そして付録には立派なプラスチック製ピンホールカメラがついていたのである。もちろん手に入れ... [続きを読む]

受信: 2004.05.29 22:45

« おとぴん2号(広角仕様) | トップページ | 幻の光 »