« ううあの歌う童謡 | トップページ | 町田康『つるつるの壺』(講談社文庫) »

2004.05.13

大阪コード君(仮名)初撮り

蛮勇は蛮勇でしかないことを思い知らされた。

大阪meetupの翌日、ひとり日本橋のトキワカメラへ赴き、Rolleicord Vaを手にしたことはすでに報じたとおりである。そのカメラにさっそくモノクロフィルム(フジ・ネオパン100アクロス)を詰め込み、道頓堀近辺を撮影した。約50年前のシンプルなカメラなので、露出計などはついていない。もちろん私もそんな素敵なものは持っていない(というか、その時は持っていなかった、苦笑)。それでどうしたかというと、エリオット・アーウィットの至言を思い出し、それに倣うことにした。すなわち「晴れの屋外ではシャッタースピード1/125秒で、絞りはf8」。いいのか、そんなので。フルマニュアルカメラなのに、フルオートにしちゃって。

言い訳:上記のアーウィットのことばについての記憶は実に曖昧なものである。「証拠を見せろ!」などと凄まれるとすぐに逃げ出します。しかも途中で何度か動かしてるし(どの写真か、覚えてもいない)。

そのモノクロフィルムが現像されて帰ってきた。結果は「微妙」。やたら白いのである。空などは飛びまくっている。やはりいい加減な「俺流露出」ではどうにもならない。しかし、ネガをよく見てみると、きちんと階調は出ているようである。ということは、プリントがいまいちなのかも。難しいです、写真。

ブローニーをそのまま取り込むフィルムスキャナを持っていないため、プリントを古いフラットベッド型スキャナで読み込むしかない。その結果がこれ。5枚だけご披露する。

taro
おなじみくいだおれ太郎。絵的にはちっともおもしろくないけれど、今回の12枚の中ではまともに写っている1枚である。
glico
続いてはこれもおなじみ戎橋から見たグリコのおじさん。やはり歩いている人は微妙にぶれている。
yokocho
法善寺横丁。濡れた石畳の反射が完全に白く飛んでしまっている。うきー。でも濡れている部分の具合はなかなかよさそうに見えるので、露出が決まれば気持ちのよい感じになる予感(あくまでも予感)。
avec
大阪コード君(仮名)でatcy流腹撮り! って、Rolleicordは基本的に腹撮りなんですが、ピントだけあのあたりという風にあらかじめ決めておいて、シャッターを切った。右のお兄さんが怖い顔をしてこちらを睨んでいたけれど、知らぬふりをした。これも空は真っ白。困ったなぁ。
meoto
夫婦善哉の提灯とどこかの老夫婦。いい感じなのか、ぜんぜんダメなのか、よく自分でもわからない一枚である。

sekonicとりあえずちゃんと写ることは確認できた(なんという低いレベルの確認事項だ)。でもこのまま「俺流露出」を続けると、まさに出たとこ勝負の写真しかできあがってこないことがよくわかったので、次のような結論を導き出した。それが右の写真である。いいんです、ピンホール写真を撮る時にも役に立つから、と自分に言い聞かせながら、このエントリーはひとまずおしまい。識者の皆様、ご教示よろしく。

|

« ううあの歌う童謡 | トップページ | 町田康『つるつるの壺』(講談社文庫) »

コメント

>goatherdさん
お褒めにあずかり光栄です。もう完全にカメラ任せの写真です(笑)。また遊びに来て下さいね。

投稿: morio0101 | 2004.05.20 03:29

こんにちは。写真は写真始めたばかりでどうこう言える身分ではないのですが提灯の写真、好きです~

投稿: goatherd | 2004.05.19 12:18

>kudarさん
当日はmi4koさんのコードを愛でて下さい。もしかすると、大阪コード君3号の方がそちらに行くかもしれませんが(笑)。ね、freeplayさん。

>しきはんさん
露出計は持っていた方がいいかと思い、こうなりました。生かすも殺すもこれからです。大阪は、まぁ、こんなところです。:-P

>Muさん
想像力を刺激してくれるモノクロが好きなのです。街撮りは、根性というより物好きといった方が適当かと存じます。

>Wind Calmさん
とにかく物好きなんですよ(笑)。

>mi4koさん
昨日初めてセルフタイマーの使い方を知りました。何を選んでよいのか、まったくわからないので、あの露出計をゲットいたしました。くるくる回るところが多くて、混乱しております。くるくるくる……。

>atcyさん
注意書き、アドバイス、ありがとうございます。とりあえずあの露出計を持ち歩いて、あちこち計測して楽しんでいます。実際にシャッターを切らなくても、頭の中で遊べますね。それがいい写真につながるかどうかは、まったく別問題なのですが(苦笑)。またいろいろと教えていただきたく思います。

>rinさん
やってしまいました。真四角をますます楽しむアイテムとして、露出計を使ってみるつもりです。で、rinさんも買うんでしょ :-P

投稿: morio0101 | 2004.05.16 00:07

なんかこう空気感がイイ感じです。
私は関西旅行中はISO400のカラーネガを使用してました。(ゼンザブロー)
なるべく絞り込んでピントを少しでも深くする作戦でした...
結果はまあまあ......。
習うより慣れろ。使っているうちにに瞬時に絞りとピントが決められるようになると自分に言いきかせております。
いずれにしても真四角は面白うございます。

投稿: rin | 2004.05.14 19:14

最初に説明書にない注意書きを二つ。
1)この露出計は強力な磁力を持っておりますので、他のPCやデジカメ、時計などとくっつけて放置してはなりません。
2)光量を少なくする黒い小さな板は、背面のスリットに入れていても、知らないうちになくなっていることがありますので、ヒモか何かで本体とつないでおきましょう。

で、どの写真もうまく写っていると思います。こういう機械式完全マニュアルのカメラでは、最初はうまくいかないのは当たり前ですから、気にする必要はありません。これだけ写っていたら立派です。
街の写真も面白いけれど、正方形のフレームってポートレイトなどにも威力を発揮します。ご家族の写真などもバンバン撮ってみて下さい。
露出計は、最初のステップとして、説明書通りに、被写体側から、白いピン球をカメラに向けて、その時の数値で撮っていけばいいと思います。そのうち、もっと色々な計測の仕方が出てきますよ。この露出計は、時々メインテナンスをすれば一生使えます。電池すら必要ではありません。大事に使ってやって下さい。楽しいよ。

投稿: atcy | 2004.05.13 22:36

1/125 :))
きっと、もっと感度の悪いフイルムだったら丁度よかったかもです。モノクロの臨場感が溢れていて好きです。
素敵な相棒も増えて(あれを使おうとする森男ちゃんに敬服)るし(笑)
ワタクシは今回の関西(コードくんは京都ばかり)で真っ黒だったのと薄らぼんやりのと、バラエティに富んだラインナップでした(カラーリバーサル)それでも撮る事が楽しいので許せてしまいます。

投稿: mi4ko | 2004.05.13 20:40

素人目には十分綺麗に撮れているように見えます。「右のお兄さん」は、訳ありのカップルかもしれません。やはり、二人のお顔は判別できないようにしておいた方がよくないでしょうか・・・

投稿: Wind Calm | 2004.05.13 18:55

morioさん、いちいち驚き感激して気恥ずかしいが。
モノクロってーのは、ものすごい迫力ですね。
けれど街角で写すのは、戦場で写すのと同じくらい危険そうに思えました。morioさんは、根性の人なんでしょうね。

投稿: Mu | 2004.05.13 07:54

あ〜、何かすっごく良い露出計買ってる〜かっこいい。露出計って言うとやっぱり頭に浮かぶのは、これですよね。
私は最初の1本は私がフルオート的に絞り5.6シャッタースピード1/300で撮りました。なーんだOKじゃんって思ったのが運のつき。曇り、雨、室内と、ことごとく惨敗し露出計購入に至ったのでした。
それにしても大阪のざわついた感じがよくでてる写真ですね。

投稿: しきはん | 2004.05.13 02:34

コード、やっぱりきれいです。
中判MeetUp!が楽しみ。

投稿: Kudar! | 2004.05.13 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/582367

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪コード君(仮名)初撮り:

« ううあの歌う童謡 | トップページ | 町田康『つるつるの壺』(講談社文庫) »