« 花 | トップページ | 深呼吸の必要 »

2004.06.07

下妻物語

全編、これ、ギャグ漫画である。いや、原作は嶽本野ばらの『下妻物語』という小説であるが、この映画の表現手法は漫画またはアニメのそれを踏襲している。そしてそれは物語の内容と見事にマッチしており、楽しさはいや増すばかりである。

茨城県下妻市。のどかな田舎町を全身ロリータファッションに身を固めた女子高校生、竜ヶ崎桃子(深田恭子)が一人歩く。桃子は妻(篠原涼子)に捨てられた筋金入りのダメ親父(宮迫博之)とともに、ジャージ文化の町兵庫県尼崎市から、ヤンキー文化花盛りの下妻へ移り住むことになったのである。桃子は憧れのブランド商品を買うために、父親の扱っていた偽ブランド商品を売りさばくことにした。果たして買い手が現れた。同じ高校2年生の白百合イチゴ(土屋アンナ)である。イチゴは下妻最強レディース『舗爾威帝劉(ポニーテール)』所属のヤンキーであった。ロリータ娘に極悪ヤンキーの取り合わせ。気合いの入った二人組を前にして、何も起こらない方が不思議である。かくして桃子とイチゴの熱い日々が始まる……。

ギャグドラマを解説したり、講評したりするほど野暮ではない。だから何も言わない。これはポカーンと観て、ただひたすら楽しむ映画である。主演の二人はもちろん、俳優陣も皆はじけた演技で楽しそうである。宮迫博之・阿部サダヲ・小池栄子・荒川良々・篠原涼子・生瀬勝久、そして樹木希林。達者な人々が集まって物語をしっかり支えている。それにしても「ジャスコと尼崎」、最強である(笑)。監督は中島哲也。ワーナーマイカルシネマズ茨木で鑑賞。

|

« 花 | トップページ | 深呼吸の必要 »

コメント

>ゴロスケさん
私は何の事前情報も持たない状態で観ました。あまり構えないでブラリと行くくらいでいいと思います。

>ぽた郎さん
さすが守備範囲が広い! とりあえず小学館文庫に入っている『下妻物語』を買ってきました。一から勉強(!?)です。

>きまたさん
そうだったんですか、きまたさん。深田恭子が好きなんですね。そうか。わかりました、今度、念を飛ばし合って、一緒に映画を見に行きましょう(笑)。

>ebiさん
いらっしゃいませ。帝都での生活はいかがでしょうか。またしても深キョンファンが!! 彼女、意外に人気があるんですね(失礼な物言い)。でもこの映画では役柄にぴったりはまってました。土屋アンナのヤンキーもばっちりです。ぜひ映画館で彼女たちに会って下さい。

投稿: morio | 2004.06.09 00:15

こんにちは!
関西meetupの掲示板からやってきました。(←遅い!^-^;)
ぜひぜひいつかお会いしましょう~♪

下妻物語、私も楽しみにしています。
深キョン大好き、嶽本野ばらさんも好き。
土屋アンナさんもかっこいいので楽しみです。
深キョンは、普通っぽくしているよりも、作りすぎ!ってくらいに作っているほうが神秘的でかわいいです。
でもじつは、普段テレビを見ないので、動いている深キョンをほとんど見たことがないのです(^-^;)
そういう意味でも楽しみです。

ぽた郎さん>「花形文化通信」本当になつかしい!!(^-^)

投稿: ebi | 2004.06.08 08:22

深キョンが大好きだー!
もりちん、僕の観たい映画全部観てて良いな、ずるいぞー。
今度、一緒に観に行こう!(無理)

投稿: きまた | 2004.06.07 20:36

うーん。野ばらちゃんもすっかりメジャーになってしまわれたのね・・・。「花形文化通信」の「それゐぬ」を書いていた頃の野ばらちゃんが懐かしいわん。(^^)

投稿: ぽた郎 | 2004.06.07 19:09

下妻物語、観ようか迷っているところです。
「嶽本野ばら」食わず嫌いなのですが面白そうですね。
ロリータとヤンキー。部外者立入禁止な世界を映画や文学にするなんて面白い。
やっぱり映画行ってみようかな。

投稿: ゴロスケ | 2004.06.07 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/724696

この記事へのトラックバック一覧です: 下妻物語:

» 下妻物語 [CINEMA & 韓国ドラマ]
評判上々の作品だけに早く観たくてたまりませんでしたが、なかなか劇場に行けず漸くみることができました。ストーリーはおおよそ知っていましたが、意表をつくオープニング... [続きを読む]

受信: 2004.07.03 22:30

» 実写版「貴族の森」(いや、映画でも実写だったけど) [ayanolog]
ロリロリ深キョンとヤンキー土屋アンナの傑作映画「下妻物語」にも何回かでてきた「貴族の森」下妻店。映画の感想はもう語り尽くされてるから私が書くこともないですね。m... [続きを読む]

受信: 2004.08.06 19:18

« 花 | トップページ | 深呼吸の必要 »