« 自転車仲間とあれこれ | トップページ | 村治佳織「トランスフォーメーション」 »

2004.07.21

ポケットモンスター 裂空の訪問者

これで7作目となる夏恒例のポケモン映画「ポケットモンスター 裂空の訪問者」に今年もでかけた。訪れたシネコンでの上映回数やチケットの売れ行きを見ると、「ハリーポッター3」「スパイダーマン2」の両大作に対抗する日本映画の一番手となっている。来春のドラえもん映画は製作されないことがつい先日発表されたばかりで、猫型ロボットの威光ももはやこれまでかと思われる中、ポケモンの人気はまだまだ衰えを見せていないようである(本編終了後には来夏の新作予告も流れた)。

ストーリーを追っても仕方がないので、そういうのはすべて公式サイトにまかせたい。映画で描かれるのは、各々の論理からなる正義は相対的なものでしかなく、しばしばそれが原因で無益な闘いが起こるということである。絶対的な悪者はいないはずなのに、いつの間にか回避不能な諍いが発生し、ために人々は不幸となる。確かに宇宙からの侵入者であるデオキシスと、地球の守護神的なレックウザの対立があり、見かけ上、善悪の立場ははっきりしているようである。しかし、物語においてはどちらも正義であり、どちらも悪である。世界の捉え方およびその描き方は、極めて今日的な視点からのものになっているが(とはいえ、最近の対決物ではこうした見方が提示されているので、すでに目新しさはない)、子供たちはどちらに肩入れして見ているのか、気になるところである。あとはお約束の友情と勇気の大切さが示される。ううむ、どうも道徳臭いな。

絵と音は相変わらずすごい迫力であった。日本のアニメーションの技術力を感じ取ることができる。ワーナーマイカルシネマズ茨木で鑑賞。夏休みの子供たちでごった返してます。ああ、疲れた……。

|

« 自転車仲間とあれこれ | トップページ | 村治佳織「トランスフォーメーション」 »

コメント

>marinさん
確かに自転車に乗るにはつらすぎる暑さですね。私もめげそうになりながら、汗だくになって走っています。帽子と日焼け止めは必須です。さて、ポケモン映画、涼しいし、それなりに楽しいので、ぜひ子供さんと一緒にお出かけ下さい。

投稿: morio | 2004.07.24 00:41

morioさん、コメントありがとうございました。
私は自転車を通勤に利用しているのですが、20日(おととい)の夕方は本当に暑かったです。昨日はとうとう give upして車で行ってしまいました。昼間はなんと40度を越えていたようですが、夕方はおとといよりもかなり涼しくて、やっぱり自転車にすればよかったと後悔しました。
今日は昼間帰れるのがわかっていたので、熱中症を避けて車で出勤。でも、34度ぐらいなので涼しく感じ、またまた少し後悔です。
ポケモンの映画は子供たちが毎日のように話題にするので、近いうちに行かなくてはならなくなりそうです。(この暑さの中、遊園地よりはやっぱり映画ですね。)

投稿: marin | 2004.07.22 15:46

>atcyさん
いやいや、さすがにこれは子供のお供です。といいながら全作見てしまってます。いい思い出として心に刻み込まれることでしょう(謎)。
ほんとはクライバーのエントリーを書きたいのに、気がついたらポケモンですよ……。

投稿: morio | 2004.07.21 22:51

しかしストライクゾーンが広いなあ。(笑)
そういうワタシもかつて親戚のガキどもをドラえもんに連れていって一番感動してしまったクチですが。(爆)

投稿: atcy | 2004.07.21 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1019357

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットモンスター 裂空の訪問者:

« 自転車仲間とあれこれ | トップページ | 村治佳織「トランスフォーメーション」 »