« 村治佳織「トランスフォーメーション」 | トップページ | カルロス・クライバーを悼む »

2004.07.25

夏向けのお遊び

日本の一部を除き(きーっ!)、連日、心も体も溶けてしまいそうなほどの猛暑である。この炎天下では、自転車に乗るのはもちろん、屋外で写真を撮ることさえ命取りになるかもしれない。それでというわけではないが、ネット上を彷徨っていて、おもしろいソフトを発見した。STUDIO-蔵からダウンロードできる「心霊写真工房」である。これは何かというと、任意の写真に好きな数、濃さの心霊を加えてくれるという、実に馬鹿馬鹿しくも愉快な機能を持った画像処理ソフトなのである。たとえばこんな風になる。

通常 心霊

FOTOLOGにもphoto 1/365にも出した写真である。左が加工前、右が加工後である。何か新たに加わっている。左下にははっきりと嫌なものまで見える。この写真に写る人々は、もともと表情や特徴のない無機的な存在になっているが、心霊が加わることでますます不気味である。涼しいお遊びということでお楽しみ下さい。なお同じサイトでダウンロードできる「風鈴」「ししおどし」「ひぐらし」の環境音ソフトもお勧めである。三つ同時に鳴らすと、完全に避暑モードにトリップできる。

なおこれらのソフトはすべてマック用である。「ウインドウズをお使いの方は、マックを購入してからまたお越し下さい。」(「新しもの好きのダウンロード」のことば)

|

« 村治佳織「トランスフォーメーション」 | トップページ | カルロス・クライバーを悼む »

コメント

>m4
写りましたって、ほんとに写ったの? それは嫌だぁ。今日も暑くて何をやっているのかわからない状態です。とりあえず蜷川実花の写真展を見てきたことは覚えています。

投稿: morio | 2004.07.27 23:42

法事の時に写りました。デジカメでも写るのね。

蚊が嫌がるのもあったっけ。それって「ひぐらし」だったっけ。ごめんなさい、今涼しいのであまり聞きたくな...(以下略)

投稿: mi4ko | 2004.07.26 21:41

>Muさん
こういう他愛のないソフトで遊ぶのは楽しいものです。

出先で音楽を聴く習慣のない私はiPodを買う予定はありませんが、これからそういうデバイスが必要ならばMDやCDよりHDプレーヤーが扱いやすいと思います。またデジタルとアナログの違いを引き出せるだけの装置がないと、もはや対立させる意味がないと思われます。CDは一部を除きパソコンにどんどん取り込めます。ちなみに私のiMacには現在3191曲(約16GB)が格納されてます。とても楽です。

投稿: morio | 2004.07.26 02:43

morioさん、おはようです。
心霊写真とか、そういうけったいなひろいものが、手軽にあるのが、ネットのおもしろさですね。
ところでマック話ですが。
iPodミニ、どう思われますか?
今朝の新聞では、即日完売、次は8月末出荷とか。
Storeは、まだ受け付けている雰囲気だし、わかりにくいです。
と、それよりも、ディジタル音楽は、よろしいでしょうか。
これからそうなるのでしょうか。
CDは、ほとんど格納できるのでしょうか。
……素人クサイ質問に終始してしまった、けど、分かりにくい世界です。過渡期なんでしょうね。

投稿: Mu | 2004.07.25 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1042114

この記事へのトラックバック一覧です: 夏向けのお遊び:

« 村治佳織「トランスフォーメーション」 | トップページ | カルロス・クライバーを悼む »