« ネット上の図書館 | トップページ | プロ野球は老耄の金蔓 »

2004.07.11

今日の徘徊

謎のツボ久しぶりに徘徊記をものする。

寝る前に立てた予定では、今日は自転車を持って滋賀県大津方面へ繰り出し、滋賀県立近代美術館で「コピーの時代」という展覧会を見るつもりだった(マルセル・デュシャンの便器を見なければ!)。ついでに琵琶湖畔を自転車で走り、新しく手に入れたZERO2000で真四角なピンホール写真も撮ろうと思っていた。ところが、朝起きて天気予報を確認すると、関西一円で大雨が降っているではないか。しかも滋賀県は警報まで出て、道路が川になっている……。諦めました。

昼過ぎまで暢気に過ごす。読みかけだった最相葉月『なんといふ空』(中公文庫)を読み終えて、ネット遊びをしたりする。その後、鞄にピンホールカメラ2台、GR1v、デジカメを突っ込んででかける。今日から公開の映画を観るために心斎橋へ向かう。いつもは地下鉄御堂筋線一本で行くところだが、今日はいったん梅田に出て、そこから針穴写真を撮りながら歩いて行くことにする。しかし、暑すぎる……。カメラを構える気力を失い、まったく撮れなかった。ああ。上の写真は地下鉄本町駅構内の謎のツボ。蓋の赤とシャッターの緑と壁のオレンジが妙である。結局は今日はサイバーショットで全部撮った。

アメリカ村三角公園目的地の映画館は心斎橋パラダイススクエアである。アメリカ村のビッグステップにある。アメリカ村はいつ行っても汚くて五月蠅くて臭くて落ち着かない場所である。小腹が空いたので、三角公園でメロンパンを食べ、ジュースを飲む。

チルソクの夏」はとてもよかった。もうずいぶん前にこの映画のことを知って、早く公開してほしいと思っていたのだが、ようやく観ることができた(これはまた別にエントリーにするつもりである)。世は「スパイダーマン2」や「ハリーポッター3」で賑わっているけれど(もちろんこれはこれでいいのだけど)、こういうしみじみとしたB級邦画のよさというのは、何物にも代え難いと思うのだがなぁ。予告編が流れた「誰も知らない」、わずか数分の映像で目頭が熱くなった。困ったことである。

心斎橋ビッグステップ映画が終わったのが午後7時前、心斎橋方面に出る。数日前にFotologで見たカルロスさんの写真にあった看板を見つける。ナイキのロベルト・カルロスだ。そういえば、ここの看板が福助のパンストだった時の写真をatcyさんが出していた。大丸の近所に行った方は要注意。そのまま戎橋へ。週末とあってすごい人である。参議院比例代表に立候補している女性プロレスラーがいて、ますます人だかりでたいへんなことになっていた。グリコの看板の前で流れゆく人波をしばらく眺める。

キタのヨドバシ、ミナミのビック。関西フォトロガー御用達の店である。そのビックを冷やかしてからジュンク堂書店へ。森山大道の新しい写真集『彼岸は廻る』(現代企画室)が出ていたので買った。森山には珍しい花を被写体にしたカラー写真がたくさんある。夜の針穴をと思ったら、またしても大粒の雨が落ちてきた。今日はそう言う日だと思い、カレーを食べて帰ってきた。帰りの電車では渡部さとるの『旅するカメラ2』(えい文庫)を読み切る。

やっぱり長くなる。この中のいくつかの事項については、後日、別にエントリーにする予定である。

|

« ネット上の図書館 | トップページ | プロ野球は老耄の金蔓 »

コメント

>miuさん
携帯がなくてもなんとかなる商売なもので。近頃はなんだか荷物が増えちゃって(ああ、写真機が、露出計が……)、携帯まで増やすと体が壊れそうです(大袈裟)。ついでに通信費で財布も壊れるでしょうし。

投稿: morio | 2004.07.13 02:47

またひとりみつけた。風情のある人。
携帯ねー。自分の為じゃなくて人の為に持ってるようなもんです。
自分もそう考えて妥協しましたよ。

投稿: miu | 2004.07.12 22:37

>akinoringoさん
やっぱりいるかな。どこかで狼煙でも上げてくれたら、それが合図になるとか。ありえない……。

>yukiさん
日差しは気持ちよいけれど、この街の気持ち悪さはいかんともしがたくてねぇ。大好きな大阪ですが、ここだけは好きになれないのです。

投稿: morio | 2004.07.12 19:44

写真の中の夏の日差しが気持ちよいのだ :)

投稿: yuki murata | 2004.07.12 01:29

Pさんと飯食ってました。
早く携帯持ってください(笑)

投稿: akinoringo | 2004.07.12 00:42

>akinoringoさん
会えたら晩ご飯をご一緒できたのに。一人寂しく食べました。

>miuさん
週末のミナミはいつも祭りのようなものです。観光客も多いし、カメラを振り回している人間は星の数ほど存在します。でもカルロスに会えたら、「一杯どう?」って言えるのに。残念。なんばも全体的にゴミっぽいですが、アメリカ村はそれはもう酷いの一言。写真の建物はmiuさんのと同じところです。心斎橋ビッグステップ。

>ぽた郎さん
なるほど。でもあの管理の仕方はすごくおおらかですよね。盗まれたり、いたずらされたりはないのだろうか。麦酒もアシェも早く行きたいのだけれど、なかなか顔を出せなくて、皆さんの楽しそうな話を羨ましく思いながら読んでます。

投稿: morio | 2004.07.12 00:32

あ,いちばん上の写真は地下鉄本町駅の地下にある中華料理風居酒屋さんですね〜。ズラリと並ぶ紹興酒の瓶が印象的。ぽた家はいつも「麦酒食堂」からの帰り,終電に間に合うべくダッシュでこの前を駆け抜けます・・・。(^^;

投稿: ぽた郎 | 2004.07.11 11:18

あ、最後の写真の建物
http://www.fotolog.net/miu/?photo_id=1583413
この辺じゃないでしょうか。
難波の印象は「町中にゴミがいっぱい」でした。
なんかのお祭りとかぶったせいもあるもよう。

投稿: miu | 2004.07.11 02:27

そのルートでどうして「高級おもちゃで嬉々として写真を撮ってるブラジル人」に出会わなかったか不思議です。

投稿: miu | 2004.07.11 02:19

えー、ナンバでニアミスです。

投稿: akinoringo | 2004.07.11 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/942530

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の徘徊:

« ネット上の図書館 | トップページ | プロ野球は老耄の金蔓 »