« 陰陽師2 | トップページ | ある暑い日のできごと »

2004.08.04

「coyote」と『4区』

coyote少し前に蒼穹舎の太田通貴のレクチャーを受ける機会があった。写真の並べ方やページ単位の割り振り、全体の構成の仕方など、写真集を数多く刊行している出版社の編集代表者ならではの内容が聴けて、とても有益だった。特に森山大道とも長く深い関係を続けており、その方面の興味深い話もありがたいものであった。ワイズ出版の刊行する写真叢書の1冊『4区』は、森山大道がポラロイド(モノクロ)で撮影した東京のスナップ写真を収める。この書の編集も太田が担当している。ポラロイドの不安定な現像の濃淡が、かえって私たちの記憶の濃淡を表現しているようで、とても生々しい。書店でもよく見かけると思っていたのだが、すでに版元には在庫がなく、流通分で終了と聞き、あわてて買い込んだ。

朝日劇場今日は雨に降られるのを気にしながら、新世界からなんばまでゆっくりと歩いた。天気が悪いためか、平日の新世界はほとんど人気(ひとけ)がなく、いかにも地元という雰囲気を発散させている人しか見られない。大衆演劇場で新しく始まった出し物にも、どれほどの人が集まっていることか。普段は行列のできている串カツ屋も、空席があっていつでも入ることができる。なんばに向かう途中の日本橋では、大手家電量販店系列のCDショップで時間を過ごす。持っていたはずなのに、なぜか自宅のCD収納棚に見当たらないクライバー&リヒテルが演奏するドヴォルザークのピアノ協奏曲が再販されていたので、迷わず手に入れる。

千日前の某カメラ店でエプソンのR-D1を見てくらくらしながらデジカメ用の充電池を買う。なんばのジュンク堂書店では「coyote」という雑誌を見つけた。創刊第1号である。旅と写真がテーマのようで、第1号では森山大道が特集されている。これが実に読み応えがあり、また掲載される写真も見応えがあり、とても1000円の本とは思えない充実ぶりである。紙質もよく広告は極めて少ない。これだけ上質で志の高いムックはあまりない。ぜひ実物を手に取って見ていただきたい。それにしてもホンマタカシの森山大道へのインタビューがとてもおかしい。ライカを買ったものの寄れないからフィルム一本でやめにしたとか、試し焼きなしでいきなり四つ切りで何でも焼くとか、とにかく気合いで数を焼きまくるとか、いやもうホンマが泡喰ってるのが目に浮かぶ内容だった。なお第2号の特集は星野道夫。

|

« 陰陽師2 | トップページ | ある暑い日のできごと »

コメント

>kudar!さん
何をおっしゃいますやら。綺麗な本なのでぜひ御覧下さい。

>mi4koさん
こちらでもちょっと大きめの本屋にしか置いていないようです。ここのところ手に取ってはうっとりと眺めています。ついでにGRも撫でてます(馬鹿者、笑)。新世界は行くたびに発見があって、やっぱりむやみにうろついています。

>atcyさん
上からエスカレーターで降りてきたら、ちょうど目に付くところに山積みでした。「いきなり」できるのは、技術、経験、能力があってこそなせるのだと思います。で、このところは泣きっぱなしなんですね。:-P 泣きついでにR-D1で自分を慰めるっていうのはどうでしょうか。

投稿: morio | 2004.08.08 18:29

珍さんと同じ店でコヨーテ買いました。FOILSは買わなかった。(笑)
ワタシもテストプリント無しでいきなり焼く派です。まぁ、ワタシはタダの面倒くさがりなだけで。リヒテルの「さすらい人…」はいつ聴いても泣けます。カルチェ=ブレッソン大往生ですね。ありがとうございましたと、フランスの方角を向いて合掌します。

投稿: atcy | 2004.08.05 23:00

コヨーテ、まだ入荷してません。
こちらでは本が発売日に並ばないものなので、そろそろかなぁ、とチェックしているにも関わらず、です。発注が必要かもしれません。悲しひ。

新世界での地元オーラ発散、思い出します。貴重な体験でした。雨が好かったのかも。

投稿: mi4ko | 2004.08.05 22:10

おー、理工系脳みその僕でも今回は内容がわかりました。w
僕もその本買ってみます!

投稿: Kudar! | 2004.08.05 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1122243

この記事へのトラックバック一覧です: 「coyote」と『4区』:

» お茶と写真の時間/藤田 一咲 [freeplay@review]
「**スメっぱちぃ〜ず**」さんのエントリで知って気になっていたら、今日出張帰りに立ち寄った新大阪の本屋で発見。で、もちろん購入。 そして同時に「co... [続きを読む]

受信: 2004.08.06 23:44

« 陰陽師2 | トップページ | ある暑い日のできごと »