« 高橋尚子対ラドクリフを望む | トップページ | 中島らも『お父さんのバックドロップ』(集英社文庫) »

2004.08.26

夏の終わり

自転車に乗って感じる風は、すっかり秋のものだった。

向日葵

ひまわりに夏の残り香を求めても、その姿は過ぎゆく季節だけを強く感じさせる。壮絶な最後に豊穣の明日を予感する。

エンジェルトランペット JR

エンジェルトランペット。素晴らしい名を持つ花が高い空に向かって咲きそろう。

土手

なんとなく「青春」ということばを思い出した、夏の終わりの昼下がりだった。

|

« 高橋尚子対ラドクリフを望む | トップページ | 中島らも『お父さんのバックドロップ』(集英社文庫) »

コメント

>Muさん
画像の横幅の解像度(ピクセル数)を合わせ、それぞれを中央寄せ(centerタグ)で揃えているだけですよ。

投稿: morio | 2004.08.30 18:07

morioさん
 写真のすばらしさは、他の方々の感想にまかせてですね。
 2枚の小さい写真と、一枚の大きな写真が、きっちり上下左右整理されて掲載されていますね。
 こういうblogワザは、一体どうなんでしょう。
 考えても分からないのです。

投稿: Mu | 2004.08.30 12:32

>mamma_miaさん
こおろぎ鳴いてます。ちょっと前まで強烈に暑かっただけに、行く夏を思うと少しもの悲しく聞こえますね。月もこれからの季節はいいですね。あまり見つめすぎてかぐや姫にならないようにお気をつけ下さい。:-)

投稿: morio | 2004.08.30 00:49

そう風が秋なんですよね。
夜歩くとコウロギが鳴いてますよね。
そんな瞬間ちよっとホッとします。(^^)
月も毎日見る様にしてるんです。
自然に触れてるとエネルギー貰える気がするのですけど、morioさんはどうですか?


投稿: mamma_mia | 2004.08.28 01:46

>marinさん
ちょっとしたところに秋を感じることが多くなりました。自転車で散策するのによい季節です。

>miuさん
力強く大きな花を咲かせていた向日葵ほど、散り際の壮絶さは格別なものがあります。その姿が見る側の想像力を刺激してくれますね。役に立つとか立たないとか、人生はそれだけじゃないからいいじゃないですか。なお、いくら腹が減っても、そこらに生えている向日葵の種は食べないので、ご安心下さい(笑)。

投稿: morio | 2004.08.26 23:45

ああもうなんか思考力マイナス。余分な字は入ってるわ、別のところではかぶってるわであなはずかしや。生まれてすみません by太宰兄ィ

投稿: miu | 2004.08.26 01:13

そうですね。向日葵が下を向き始めるとだんだん黄昏れを感じずにはいられません。綺麗な色と力強さで人を励ました後(向日葵にそんなつもりはないと思うが)、何百(何千?)というあまたの子孫をのこして世代交代をする。またその子孫は食べてもうまいときた。ハムスターも大喜び。
何もう役にたたないで消費ばかりして一生を終えてゆく自分の一生ってなんなんだと、考えさせられる秋の夜長。
あ、向日葵の種、食べられる品種はちゃんと決まってるのでお気をつけあれ。

投稿: miu | 2004.08.26 01:09

美しい。
雲もすっかり秋ですね。

投稿: marin | 2004.08.26 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1280629

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり:

» 8月最後の土曜日 [kisake日記]
写真・先週美濃国分寺跡近くで偶然見つけた休耕田を利用したヒマワリ畑。一同礼ってカンジです。 あまりの広さにビックリ。是非とも来年は盛りの頃に来たいな~って思った... [続きを読む]

受信: 2004.08.28 08:36

« 高橋尚子対ラドクリフを望む | トップページ | 中島らも『お父さんのバックドロップ』(集英社文庫) »