« 遊園地と針穴と夏休みの宿題 | トップページ | サンダーバード »

2004.08.13

誰も知らない

梅田ガーデンシネマも心斎橋パラダイススクエアもあふれる人でごった返しているだろう、そう思って、新世界のシネフェスタで観ることにした。是枝裕和監督の「誰も知らない」。

少し早めに映画館のあるフェスティバルゲートに着くと、さすがに夏休みである、普段は感じられない活気のようなものがあった。屋内遊園地の目玉でありお荷物であるジェットコースターも、今日は走り続けている。二階の中央広場には特設リングが据え付けられており、その回りを大勢の人が取り囲んでいた。この建物でおそらく一番の観客動員力を誇るであろう大阪プロレスが無料のイベントを開いていた。周辺には縁日を模した屋台が出ている。派手で薄っぺらい場所に満ちる猥雑さ、いかがわしさ、そして人の匂い。こういう雰囲気は嫌いではない。

その喧噪をしばらく楽しんでから七階に上がると、また別種の賑わいがあった。この映画館では見たことのない景色である。「誰も知らない」には一番大きなスクリーンが割り当てられており、入口には開場を待つ人が群れなしている。さすがはカンヌで大きな賞を取った話題作である。ただ映画自体は万人受けするようなわかりやすさを持つものではなかった。子供を置き去りにするという事件から予想される悲惨さや悲しさ、教訓、社会的悪への制裁意識などのわかりやすさを期待する向きには、とまどいしか残らないと思う。誤解を恐れずに言えば、これは子供の幸福な時間を描いた映画である。

フェリーの甲板母親に置き去りにされた子供たちの秋から夏までを描く。この映画が1998年に起こった通称「西巣鴨子供四人置き去り事件」をモチーフとしていることは、すでに広く知られている。ただしドキュメンタリーではないので、脚本では設定も含めて大きく手を入れている。そういう意味では育児放棄、児童虐待といった社会問題を一般的に捉え直しているといってもよい。ただ忘れてはならないのは、是枝監督は「誰も知らない」によって、上記のことを社会悪として徹底的に糾弾しようとしているのではないということである。おそらく問題提起という意識もない。描こうとしたことは彼らの体験していた「豊かさ」であると、パンフレット掲出の監督自身のノートにある。

この映画にある種の幸福感が漂っているのは、そういうところから来ているのだと思う。客観的な状況は極めて悲惨であるにもかかわらず、そうした部分で感情を揺さぶられることはほとんどなく(一部ある)、懸命にというよりはむしろ自然体で生き続ける子供たちの姿に懐かしさや暖かさを感じるのである。ただ生きようとするエネルギーがある。それは、ともすれば生きることに慣れてしまった大人たちの、すっかり忘れてしまったことであろう。私たちはそういう子供の時間を積み重ねてここまで来たはずなのに。カメラはそこを徹底的に掬い取って提示する。

この映画には明確な結末がない。なぜなら明日もまた彼らの生活は続くからである。エンディングのシーンは、それでも彼らが生き続けなければならないことを象徴的に表していた。「誰も知らない」は特異なモチーフを選び取りながら、それによって観る者の感情を煽るようなことを最後までしない。その潔さと優しさにこそこの映画の真髄があると思う。けだし、カンヌの高評価も諾なるかなと納得した。柳楽優弥の最優秀男優賞受賞もタランティーノの日本贔屓だけが理由ではないと信じていたし、観賞していっそうその意を強くした。ゴンチチのウクレレをベースとした音楽も幸福感を演出する。映像はスチールを担当した川内倫子の写真を彷彿とさせる淡いカラーの穏やかな色調で、あたかも彼女の写真集を見るかのような印象を受けた。また観たい。

|

« 遊園地と針穴と夏休みの宿題 | トップページ | サンダーバード »

コメント

>yukiさん
さすがにカンヌで大きな賞を取ると、海外でも早く公開されるんですね。ぜひ。英国(や他の国)の人たちがあの映画をどう観るのかも興味あります。

投稿: morio | 2004.08.14 14:28

おー、実は今月ロンドンでも公開するようです(ロードショウではなくて、単発)。
ぜひ見に行きたいと思っているのですが、いつなのかわかりません……。調べなきゃ……

投稿: yuki | 2004.08.14 05:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1186859

この記事へのトラックバック一覧です: 誰も知らない:

» 映画『誰も知らない』〜私の想い〜 [はんなり・・・]
 〜昨日の「ストーリー編」に続いて、こちらは「感想編」です。もしも、“これから、観に行こう”と予定してらっしゃる方で、「細かなストーリー展開は、知りたくない」と... [続きを読む]

受信: 2004.08.27 00:32

» 【動画配信】柳楽優弥・映画「誰も知らない」撮影秘話 [大和なでしこ放送局]
【大和なでしこ放送局】(だいわなでしこ…です!) 「第5回」の番組テーマは…「カンヌ映画祭」受賞作 【最優秀男優賞!柳楽優弥「誰も知らない」撮影秘話】 毎週「金 [続きを読む]

受信: 2004.08.27 11:18

» NOBODY KNOWS [Still Life]
kiss? : Canon Kiss digital ベルギーやシカゴの映画祭でもグランプリなどを受賞し高い評価を得ている「誰も知らない」が、米アカデミー賞外... [続きを読む]

受信: 2004.11.08 22:39

« 遊園地と針穴と夏休みの宿題 | トップページ | サンダーバード »