« 届いたもの | トップページ | 山本一力『あかね空』(文春文庫) »

2004.09.26

太陽の塔の光る目

待つ人たち34年ぶりに目を光らせる太陽の塔を見に行ってきた。リュックにカメラや露出計、三脚などを放り込み、自転車を走らせる。10分ほどで到着。太陽の塔前の広場の人出が4000人を越えたら入場制限をするということであったが、そこまでの人は集まっていない。念のためにと1時間前に来たので、カメラをセッティングしたあとは、時間になるまでのんびりと田口ランディの屋久島本を読み耽っていた。集まってきた人も普段入れない芝生の部分に腰を下ろして、涼しい風に吹かれていた。

18時15分、いよいよ点火式が始まった。某代表とか、大阪副知事とか、誰も聞いていないような挨拶が15分ばかり続いたあと、ようやく太陽の塔の目に火が入った。

光る太陽の塔強烈、荘厳、そして感動。

1970年の日本万国博覧会の時は、毎晩このように点灯していたのであるが、残念ながら記憶には残っていない。確かに見ているはずなんだけれど。塔の向こうには盛大な打ち上げ花火が舞っていた。

関連ニュース
毎日新聞
読売新聞
産経新聞

長時間露光が必要だったので、ピンホールカメラでは2枚しか撮影できなかった。どういうできあがりになっているのか、とても楽しみである。

|

« 届いたもの | トップページ | 山本一力『あかね空』(文春文庫) »

コメント

>ravさん
近いので、ふらりと散歩気分ででかけてきました。かつてのライトは老朽化して使えなくなっているそうです。30年以上も放置していたのだから仕方ないですね。すぐ近くには写真集がたくさんある彩都メディア図書館もありますから、太陽の塔とセットで遊びに行ってみて下さい。とりあえず来月のユージン・スミスの写真展が狙い目です。

投稿: morio | 2004.09.28 23:23

ぜーったいに誰か行ってると
思ってたんだぁー
でも、あの目が光るなんて
知らなかったよぉー
ビックリ(★▽★)
今回は本当の目じゃない照明が点いてたみたいだけど
遠くから見たら普通に見えるからいいよね~

投稿: rav | 2004.09.27 22:21

>ふりぷれ
行きました。近いし(笑)。なんとなくいつも光っているような気がするというのは、確かにありますね。でも34年振りだそうです。次に同じだけ間隔が空いてから光るとしたら、うーむ、すごい爺になっている……。せめて阪神の優勝間隔くらいで光ってほしいですね。

>やのさん
コメントありがとうございます。在りし日のエキスポタワーを偲びつつ、ですか。太陽の塔の視線の先にあのタワーがあっただけに、照らし出されるものがなくなってしまったことに対して、私もいくばくかの寂しさを覚えます。

>くだーる
そうか、万博の年に生まれたのかぁ。いつかぜひ太陽の塔に会いに来て下さい。帰りはライカなど忘れたふりして置いていってもらえるとありがたいです(笑)。

>miu姐
変なぬいぐるみがいるなと思っていたら、やたらテンションの高い司会が「愛・地球博からやってきたモリゾー&キッコロで〜す!」と紹介、おかげでこちらのテンションは一気に氷点下です。その後も世界166カ国が集う世紀の祭典だの、環境に優しいモノレールに乗りに来いだの、さんざん宣伝して引き上げていきましたよ。勇壮な尾張太鼓の面々の演奏は楽しませてもらいました。ドンドン。

投稿: morio | 2004.09.27 21:14

このイベントは、モリゾー&キッコロの地方キャンペーンの一環だと思うと同じ中日本民として恥ずかしいです。神聖な太陽の塔をだしに使うなんて。岡本さんすみません(汗)
来年の春からの愛知万博で、迷惑なのは一般市民です。突貫工事で空気は汚れるし(すごい量のダンプカーがひっきりなしに往復)、道路は混むし、宿泊施設は満員。愛・地球博なんて名前だけで、環境破壊の賜です。なんて怒っても仕方ありません。大阪万博は生まれてなかったことにしておいてください。なぜかほんのり記憶があるのは前世のものでしょうか。

投稿: miu | 2004.09.27 16:30

へー、なんだかいつもとは雰囲気が違いますね。
この塔ができた年に僕が生まれたと思うと感慨深いです。
針穴の出来上がりも楽しみですね。

投稿: Kudar! | 2004.09.26 22:44

初めまして。わたしも昨日観ておりました。

場所はエキスポタワーへの階段。当時のままの階段、ベンチ、テント。でも、茂る木々と虫の音そして国旗掲揚ポールの切れたロープがポールを時折打つ音は、私に時の流れを感じさせました。

点灯の瞬間目にともった黄みがかった灯は、青白い光のビームをイメージしていた私に時が過ぎ去ってしまったことを改めて示しているようで、感動と同時に寂しさがこみ上げてきました。

投稿: やの | 2004.09.26 11:14

あぁ、行かれたんですね、いいなぁ。
仕事場でYahooのニュースを見て悔しい思いをしてました。
しかし改めて長い間眼が光っていなかった事に気付かされました。(なんか昔の印象が残ってて、ずっと光ってたような気がしてた^^;)

ハリアナ写真楽しみにしております。

投稿: freeplay | 2004.09.26 03:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1522526

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の塔の光る目:

« 届いたもの | トップページ | 山本一力『あかね空』(文春文庫) »