« 山本一力『あかね空』(文春文庫) | トップページ | Fotologデビュー1周年 »

2004.09.29

田口ランディ『ひかりのあめふるしま屋久島』(幻冬舎文庫)

ああ、屋久島に行きたい。

日本の島ガイド シマダス』(日本離島センター)を手にして以来、すっかり「島フリーク」な毎日である。1000以上の島の情報を読み込む楽しさにすっかりまいっている。どんな島でも等しく文字と数字でその姿と生活を浮き彫りにしようとする。その潔さと奥深さから、読書とはまさに行間を読むことにほかならないことを、あらためて教えられるような気がする。

さて上で「どんな島でも等しく」と述べた。確かに扱い方は同じである。しかし、よく知られたメジャーな島の記事の行間からは、やはり独特のオーラが発せられている(もちろん記事として名もなき島も同じようにおもしろいのはいうまでもない)。北の利尻、礼文や伊豆・小笠原の島々、さらに瀬戸内、そして九州南海の島々。圧倒的な情報量からそれらの島が憧れの対象たる所以をうかがい知ることができる。なかでも世界遺産に指定された屋久島は、スター中のスター、いうなれば日本の島界のスーパースター(変な表現)であろう。

あの大きな淡路島の592平方キロメートルに対して、屋久島の面積が505平方キロメートルもあるのは意外であった(ちなみに日本一は佐渡島855平方キロ)。とても広い。そこに標高1800メートル級の山が連なる。その様はあたかも「モスラの島」というのは田口ランディのことばである。私は『シマダス』の屋久島の記述に導かれて、田口のこの書を手に取った。非アウトドア人間であった彼女が、いかにして屋久島の魅力に取り憑かれてしまったかを語る、「屋久島への深い愛」に満ちた書であった。

描かれることは田口の個人的な屋久島体験なのであるが(『シマダス』のドライな記述とは対極の位置にある)、そのどれもがとても興味深く、ぜひ自分の目で見、耳で聞き、体で体験してみたいと思わされるものばかりである。正直に告白しておくと、私はアウトドア的なものが嫌いである。ハイキングや釣り、バーベキューなどはぜんぜんダメ。自転車に乗るのはアウトドアが好きだからではなく、乗り物好きだからである。そんな私が山登りやダイビングに魅力を感じるとは、自分で自分に驚いている。それくらいこの書によって屋久島が魅力的に思わされた。

 #変な虫や生き物は苦手なんですが、大丈夫か>自分
 #屋久島でピンホール写真を撮る、考えただけでもぞくぞくする。

「もののけ姫」を見ればいいと田口は言う。このアニメ映画には屋久島の森そのものがあるという。さっそくDVDを取り出して見てみた。あのシシガミの森が屋久島にそのままあるのなら、これは確かに奇跡的なことだと思った。何度かこれまで見ていたのに、屋久島のことなど考えもしなかったから、あれはすべて宮崎駿の創作物であると思い込んでいた。どうしてもあの深い緑の森に出会いたいと強く思う。

|

« 山本一力『あかね空』(文春文庫) | トップページ | Fotologデビュー1周年 »

コメント

>ぽた郎さん
やはりやるべきでしょうか(笑)。1周の方はそれなりにイメージできます。問題はダウンヒルです。ブレーキを強化しないと、確実に「もののけ姫の森」で消息不明となってしまうことでしょう。洒落になりません。

投稿: morio | 2004.10.04 23:41

ますます屋久島熱が高まっております。発売中の「旅」(屋久島特集)は立ち読みですませましたが(笑)。

>よ
詳しい、というか、もしかして誰もが知っていたことなのでしょうか。それはともかく実は父方の実家は鹿児島なんです。徳之島に親戚もいます。屋久島、近〜い。福岡に立ち寄る際には、ぜひお相手をお願いします。もちろんうさぎさんのお父さんと一緒に。

>maki_0910さん
お久しぶりです。どうせ行くなら1週間くらいまとめてじっくりと楽しみたいですよね。それがむずかしいのだけれど。

>ぽた郎さん
目覚めました。ぽた家のレポートはアップされた時に読んでいたのですが、今回改めて読み直すと、いろいろな知識が入っているので、ストレートに心に染みます(笑)。やっぱりまずは一周ですよね。現実的にはBDでしょうが、ロデオだとどうなるのだろうか :-)

投稿: morio | 2004.10.01 02:42

おお〜,morioさんもついに屋久島に目覚めましたか! 屋久島,よいですよ〜。縄文杉はまだ行ってないけど(なにしろ往復10時間の山歩き!)。屋久島行くんならぜひマイ自転車持ってくことをおススメします。手前味噌ですが,拙HPに屋久島記ありマス。(^^;
http://www.potterist.com/tabinikki/yakusima/index.html

投稿: ぽた郎 | 2004.09.30 02:07

屋久島!私も1度は行ってみたいです。
写真もそんなに見たことはないんですが、次に国内旅行するならぜひに、と思ってます。

投稿: maki_0910 | 2004.09.29 22:56

そうなんですよ『もののけ姫』制作前にジブリの面々は屋久島ロケ行ってます。木霊もシシガミもいるんだよ屋久島には。
そして"三岳"と言う素晴らしい芋焼酎もあるのです。
もりちんも南の島へ いつの日かいらっしゃい。
福岡経由でね ; )

投稿: yo | 2004.09.29 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1546345

この記事へのトラックバック一覧です: 田口ランディ『ひかりのあめふるしま屋久島』(幻冬舎文庫):

« 山本一力『あかね空』(文春文庫) | トップページ | Fotologデビュー1周年 »