« 村上春樹『アフターダーク』(講談社) | トップページ | 華麗過ぎて情けない楽器遍歴 »

2004.09.12

スウィングガールズ

エンドロールが終わって劇場内が明るくなると、観客の多くがニコニコしていた。そして歩きながら口々に印象に残った場面の話をしている。そんな幸せな映画である。

矢口史靖監督の映画が好きである。脱力感満点(ついでに低予算度満点)の「ひみつの花園」でやられ(主人公を怪演した西田尚美にもやられた)、「ワンピース」「アドレナリンドライブ」「ウォーターボーイズ」「パルコフィクション」など、どれも気に入っている。「くだらない」と言ってしまえばそれまでかもしれないが、矢口の娯楽に徹する方法論が個人的なツボをストレートについてくるのである。新作の「スウィングガールズ」もまた、これらの系列に連なる快作であった。「ウォーターボーイズ」で相当儲けたはずなのに、持ち味のチープ感漂う雰囲気を失っていないのは、ファンとして嬉しい限りである。矢口は嬉しくないかもしれないけれど。

夏休みの補習をサボるために、友子(上野樹里)は12人の仲間を食中毒で倒れた吹奏楽部の助っ人に引きずり込む。しかし、誰も楽器などできない。そこにリコーダーとエレキギターとベースしかできない3人が加わる。難を逃れた唯一の吹奏楽部男子生徒である拓雄(平岡祐太)は、苦肉の策として彼女たちにビックバンドジャズを叩き込もうとする。ようやく形になってきて音楽の楽しさを感じ始めた頃、吹奏楽部の部員が復活してくる。不完全燃焼のまま活動を終えたガールズ……。一度スウィングする楽しさを覚えたら、もう止めることなどできない。東北学生音楽祭出場を目指して、暴走気味に彼女たちのビッグバンドへの愛は動き出す。

最初の動機は不純だが、やっているうちに本気になる、そして最後は感動的なフィナーレとくれば、これはもう大ヒットした「ウォーターボーイズ」とまったく同じ結構である。そこここに配されるコミカルなシーンと吹き替えなしで驚くほど聴かせるジャズの名曲の数々。一人一人があの年代にしか存在しえないキュートさや一途さや馬鹿っぷり(いい意味で)を見せつけてくれた。ふざけ半分の軽薄な演技や演出に見えるのだけれど、その背景には初めて手にした楽器であそこまで音楽として聴かせるほど集中的に練習してきたという真剣さがある。そういうものは自然と演技にも滲み出てくるだろう。だから結果的にただ軽くておもしろいだけの映画にはなっていない。愛すべき秀作であると思う。上野樹里と豊島由佳梨が特に光る。

それにしても土手を転がる自転車の中学生と、ルイ・アームストロングの名曲に乗って展開する猪のシーンには、本当に腹の底から笑わせてもらったなぁ。屈指の名場面(笑)。ワーナーマイカルシネマズ茨木で鑑賞。

|

« 村上春樹『アフターダーク』(講談社) | トップページ | 華麗過ぎて情けない楽器遍歴 »

コメント

>み&よ
このエントリーはお二人に差し上げるので、存分に暴れて下さい。私は大阪人らしくグリコのポーズ(お手上げ)を取ってます。

投稿: morio | 2004.09.15 02:45

だから格調高い珍ログを荒らすなって。
とりあえず映画見て泣いてから出直そ >yo

投稿: miu | 2004.09.15 00:14

新ユニット誕生か。
名前なんにするぅ? "モリなのよ"? "ナノちんヨ"?
えーっとコスチュームはmiuがチャイナドレスでもりちんは蝶ネクタイと吊りズボン オレはエプロンしたスパイダーマンでいきまっしょい!

投稿: yo | 2004.09.14 23:10

太鼓、ベース、ウクレレ、あはは。
北浪速エキゾチカビッグバンドとでも。
演習はもちろん太陽の塔のお膝元で。
おいらは、コンガでアフリカンビートでも。
yoは胡弓か琵琶でも依頼するか。
全国のミータップにでかけて、安いいキャバレーみたいな
バックバンドもいいかもね(笑)

格調高い珍さんのログでお騒がせしてかたじけないねぃ。

投稿: miu | 2004.09.14 16:26

このまま明晩まで放置するととめどなくおもしろく、いや、暴走していくので、介入(笑)!!

>miu
それはそれは。時々、腹立ち紛れに太鼓の皮をぶち破ったりしてませんでしたか。この映画でも太鼓役の女子(岸田劉生の「麗子」そっくり)はドカドカやってました。練習場所に困るというネタは、映画でも出てます。確かにね、関係ない人には単なる騒音だもんね。

>よ
みんな、まじでやってます。すごいです。ウォーターボーイズで泣いたのなら、きっとこれでも泣きます。泣けます。ぜひ号泣して下さい。

ということで、よ&みのリズムセクション楽団結成を心から望んでいます。私が手伝えるとしたら、あてにならない超ド下手ウクレレくらいでしょうか。

投稿: morio | 2004.09.14 01:04

下半身どっしり系のリズムが刻めるぜ>miu
ってココは盛珍の格調高いお部屋ぢゃん。
ゴメンネ漏り朕。

投稿: yo | 2004.09.13 23:17

ベースと太鼓かよ。
そりゃ地味だけど力強い楽団だな>yo

投稿: miu | 2004.09.13 22:34

まだ観てませんがドラムの子とギターの子が持ってるギター(KISSのポール・スタンレーモデル)が気になります。
ちらほらTVで演奏シーン見かけますが上手ですよね。
すっごいがんばらないとあんなに演奏できないよ。
ウォーターボーイズも泣いたけどこの映画観ても泣くんだろなぁ。
おう!リズム隊で一緒に練習すっか>miu

投稿: yo | 2004.09.13 21:49

元吹奏楽部です。太鼓叩いてました(プチカミングアウト)。
いい音が出たときの表情は決して演技で出来ないと思うので
監督の選択は正しかったと思います。
監督自らサックスを練習して共にツアー演奏に回っている様子を
ワイドショーで見て、微笑ましく思いました。結構各番組で紹介されていて、もう見たような感覚に(笑)
「青春デンデケデケデケ」以来の演りたい衝動。打楽器って練習が淋しいのよう。

投稿: MIU | 2004.09.13 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1415824

この記事へのトラックバック一覧です: スウィングガールズ:

» ジャズやるベ! [小ネタ手帖]
レイトショーで待望のスウィング・ガールズ観てきました。 (あたしは矢口史靖監督の映画がものすごく好きなのです。) ほんとは公開初日に並んででも観ようと思ってたん... [続きを読む]

受信: 2004.09.15 01:42

» スウィング・ガールズ [Three Out Change! 写真とたわごと]
映画「スウィング・ガールズ」をみてきました。 ・・・いや、最高に面白い映画でした。 めちゃくちゃ笑えて、めちゃくちゃ楽しめて、おまけに音楽までいい!... [続きを読む]

受信: 2004.09.27 08:37

« 村上春樹『アフターダーク』(講談社) | トップページ | 華麗過ぎて情けない楽器遍歴 »