« スウィングガールズ | トップページ | ビルヌーブ・ラブ その2 »

2004.09.14

華麗過ぎて情けない楽器遍歴

今日の空音楽が好きとか好きでないとか、そういうことを考えもしなかった時期にオルガンを習っていた。幼稚園の頃である。あまり熱心に練習することもなく、小学校に上がったら自然に止めてしまった。その後は長く楽器演奏からは離れていた。せいぜい学校の音楽の授業で習うハーモニカリコーダーを手にするくらいである。

中学校ではフォークギターである。これは長く続いた。いわゆる日本のシンガーソングライターと呼ばれる人の曲からビートルズ(念のために言っておくと、リアルタイムではつきあってません)などの洋楽まで、何でも弾いた。高校時代はサッカーをやりながら、友人とくだらないバンドを組んで、学校の音楽祭に出たりした。実に青臭い日々であった(笑)。ちなみに芸術の選択は美術でした(爆)。

大学では軽音楽系のサークルに入っていた。一方、卒業単位を揃えるために鍵盤楽器が弾けないといけなかったため(バイエル終了程度)、やむなくピアノの練習に取り組んでいた。ところが、そのうちギターよりピアノの方が楽しくなってしまった。安物の電気ピアノ(ヤマハ)を買う。続けて名機の誉れ高いDX7の後継シンセサイザーも手に入れる。これは今でも手元に残してある。もはやまともに指が動かないけれど。

五線紙のような空最初に勤めた職場では同僚とまたしてもくだらないバンド(キーボードで参加)を組んでいた。その一方、クラシック音楽と深くつきあうようになり、自分でも弾いてみたいと思い出す。本当はバイオリンやチェロに憧れていたのだが、さすがに今さらという感じがして、クラリネットに手を出した。初心者が使うにはどうなのよというほどの値がしたが、独身社会人の物欲(&財力)の前には我慢ということばは存在しない。演奏の腕前についてはノーコメント……。クラリネットは一人でこっそり楽しむ。

そしてウクレレである。伝統的なハワイアンはもとより、オータサン、関口和之、iwao、ペティブーカらから最近のつじあやの、ジェイク島袋らまで、ウクレレの音色そのものが好きで何でも聴く。折しもウクレレがクローズアップされ始めた時期でもあった。最初に普及価格帯のフェイマスを手に入れた後、しばらくしてハワイのメーカー、カマカのものを求める。ここ数年では最も長い時間つきあっているものの、人様にお聴かせするほどのものはない。せいぜい子どもの保育園時代に、保護者の出し物で披露したくらいである(よく出たなと自分でも思う……)。

こうしてあらためて振り返ってみると、もう誰がどう見ても「下手の横好き」でしかないことは明らかである。今日のエントリーは「スウィングガールズ」に大いなる敬意を表して、恥も外聞もなく記してみた。こういう情けない過去(今も続いてますけど)を持つ私だから、小澤先生(竹中直人)が吹けもしないサックスをぴかぴかに磨き上げて飾っている気持ちは、とてもよくわかるのであった。

このエントリーの写真、上はノスタルジックな夕焼け、下は五線紙のような電線。いずれも本日夕刻に撮影。

|

« スウィングガールズ | トップページ | ビルヌーブ・ラブ その2 »

コメント

>ゆきこんさん
ピアノとバイオリンですか。一人でバイオリンソナタの演奏ができますね(笑)。冗談はさておき、楽器はさわっているだけで楽しいもの、上手い下手はこの際度外視しています。「くだらない」ものでどれだけ日々救われていることか。楽しみましょう。

私ももうちょっとウクレレをきちんとやろっと。

投稿: morio | 2004.09.20 23:06

華麗すぎて情けない、その気持ちわかりますよ…
オイラも柄にもなく、ピアノとバイオリンやってましたから。
そしてその両方とも何の実も結んでいない。ナサケネー!
…いいんだ、今はウクレレがあるから。カマカじゃないけどハワイ製だし。
たぶんmorioさんがやっていた「くだらないバンド」と同じレベルと思われるウクレレバンドやってます。今が青春って感じで。

投稿: ゆきこん | 2004.09.20 08:30

まず誤解を解くために先に申しておきます。このエントリーは「華麗なる楽器遍歴」ではなく、「華麗すぎて【情けない】楽器遍歴」です。あくまでも情けないのです。

>Michiyoさん
触ってるだけで和みます。サックスは音が大きいから、練習するのが大変そう。興味はあるのですが、現状を考えると手を出しにくいので、とても羨ましいです。

>miu姐
その煽りは「まじネタ」ですか。完成品のラベルに「製造:m工房(笑、てへ)」とか書いてないでしょうね。男が廃るというのは、すでに相当廃っているので、これ以上は廃らないかと。

>よ
私のはヤマハでした。モーリスは憧れたなぁ。マーチンとかにも。牧伸二もいいですよね。日本のウクレレ弾きにとっては神様でしょう。それにしても、サッカー・バンド・美術が一緒か。困ったな(笑)。

>らいだ
なぜかカマカです。形から入るのが好きです。バイオリン、いいじゃないですか。秋の夜長にしみじみと。観客はそら&しどということで:-)

>ゑぶろぐ
サックス担いで三角自転車を走らせたら、絶対にミュージシャンに見えますよ。ぜひ「ジャズって」ください。遍歴シリーズなんてありません!! :-P おこちゃまですから。ぼく、3歳……。

投稿: morio | 2004.09.15 23:53

おぉっ~!華麗なる楽器遍歴、いいですねー!
高校時代、ほんのちょっとギターを触った程度で
音楽に関しては聞き役に徹しております。
JAZZを聞き始めてからは、サックスやトランペット
が吹けたらなぁ、といつも思ってます。
(ホラは吹けるけどね…^^;)

次のエントリーは「遍歴シリーズ」の第2弾、
『女性編』を希望します…。

投稿: weblog244 | 2004.09.15 12:48

カマカですかっ!
我が家のウクレレはシンガポール製(たぶん手工品:これはなかなか良い響き)と日本の安物です。
それにしても華麗なる楽器遍歴…素敵です♪

私はこの歳になってバイオリンを練習し始めて早々に挫折しとります(^^;

投稿: らいだ(六弦) | 2004.09.15 01:32

中学でフォークギター(モーリスね)
高校時代はサッカーとバンド 美術選択まで一緒です。
その後はベース一辺倒です。
どうして鍵盤楽器を習わなかったのかと今でも悔やまれます。
ウクレレ弾きでは牧伸二がラヴなのです。
ウディ・アレンの"ギター弾きの恋"も きゅんとします。

投稿: yo | 2004.09.15 01:06

へへへ、ちんさん、知ってますか。
ハワイの木で作ったウクレレは日本では上手にチューンできないのよう。
そんなあなたに、和木と漆で仕上げた極上もんありまっせ。
168000円〜ご予算にあわせますよう。その音色と言ったらあーと、まさにノミがタップダンスを踊るような…。これ手に入れなかったら男が廃ると言うもんですぜ旦那(揉み手つきアオリ)

投稿: miu | 2004.09.15 00:21

華麗なる楽器遍歴、すてきです!(笑)
あれこれ手を出してしまう気持ち、よーくわかります。
しかし、社会人になってからクラリネットをはじめた人は珍しいですね~!私もクラ吹きでした。
そして今はこっそり、サックスを習っています。
アコースティックギターとウクレレは立派なインテリアとして役目を果たしてくれています。

投稿: Michiyo | 2004.09.15 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1437344

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗過ぎて情けない楽器遍歴:

« スウィングガールズ | トップページ | ビルヌーブ・ラブ その2 »