« 花とアリス | トップページ | 珈琲時光 »

2004.10.11

椎名誠の写真世界など

台風が過ぎ去ったあとの大阪は、絶好の行楽日和になった。10日も11日も万博公園やエキスポランドは大賑わいである。楽しそうな人々を横目に、万博公園にほど近い彩都メディア図書館に赴いた。開催中の「アートと本のおまつり」のメインレクチャー、「椎名誠の写真世界」に参加するためである。

1時間前に到着したのだが、すでに開場を待つ人が列をなしている。それを見ながら図書館に入る。前日も鑑賞したユージン・スミス/アイリーン・スミスの「水俣」を見る。真実を強く訴える重厚なモノクロ写真で、圧倒的な迫力を持ってこちらに迫ってくる(展示されている写真は10枚ほどなので、これだけを見に来ると少し肩すかしを食らうかもしれない)。そして図書館に付設されているショップで『写真集 水俣』(三一書房)が販売されているのを見つけ、迷わず購入した。僥倖であろう。

#補注
この写真集はatcyさんのエントリーで紹介されていたように、現在は手に入れることができない。著者のアイリーン・スミスが水俣病被害者たちの声を聞き入れ、再版や販売を中止したためである。しかし、アイリーン・アーカイブを持つ彩都メディア図書館が、今回の展示に合わせて特別に販売をしているという。数に限りがあるので、購入希望の方は図書館に確認してもらいたい。

サインをする椎名誠レクチャー会場に向かう。開始30分前になって開場となる。いつもは写真表現大学の講義などで使われる大きな部屋が、参加者であふれかえるほどである。さすがに小説やエッセー、写真などで幅広くファンを獲得しているだけのことはあると思った(なんだか不遜な言い方だ)。うまく最前列に陣取り、椎名誠の話術とスライドを堪能した。世界各地を巡ってきた経験を踏まえた話は変幻自在で、時にユーモアも交え、本当に見事であった。写真については、「撮られる側も撮る側も幸せな気持ちになる写真しか撮らない」ということばが印象に残った。人物を撮影したものが大半で、そのどれもが思わず穏やかな気持ちにさせられる優しさに満ちていた。これまでは文章のみで接していた椎名誠の世界を、写真ででも触れてみたいと思わされた。

レクチャー終了後、階段下で参加者を待つ椎名誠の前には長蛇の列ができている。それには並ばず、図書館から出る。目の前には傾きかけた夕陽に太陽の塔が美しく光っていた。いい秋の一日になった。

|

« 花とアリス | トップページ | 珈琲時光 »

コメント

>m4
最近は「燃やすと煙で洗濯物が汚れる」とか、「有害物質が飛ぶ」とかで、「焚き火さん」には住みにくい世の中になりました。完全に絶滅危惧種ですね。

投稿: morio | 2004.10.17 23:43

世界中でやるの。

椎名誠氏のは1995・6増刊アサヒカメラ「椎名誠写真館」しか持ってないのですが、あらら10年前になるのですかと改めて捲ってみました。あらららら。

投稿: mi4ko | 2004.10.17 11:26

>m4
うっ、そんなのは知らないぞ。世界中でやるの?

>あちち
通販してくれます。電話で在庫確認してみてください。あれば送ってくれますよ。野村恵子は彩都メディア図書館で眺めただけですが、リゾート沖縄から遠い、リアルな生活感が生々しく描かれていると思いました。あそこまで現実をえぐれるのは、よほど対象と深い関係を築かないとできないのではないでしょうか。ショップにも並んでいたので、その気になれば買えます(笑)。

>タエさん
愛の告白をされるのかと思ってドキドキしました。:-P
体の調子を考えると、無理は禁物です。他にも興味深い講演やワークショップがありますから、そちらにご参加下さいませ。最前列は「某事情」により可能となりました。これを役得といいます(笑)。

投稿: morio | 2004.10.14 17:12

告白しますが大好きな人であります。
以前は講演会や上映会の度、いそいそ行っておりました
サインももちろんございますとも !
行きたかったのですが、諸事情であきらめてました。
最前列なんて、うらやまし

投稿: tearoom | 2004.10.13 22:14

東ケト会でしょ。(笑)
写真集欲しいな。通販もしてくれるのかな。珍さんのをください。(笑)
野村恵子もぜひエントリーして下さい。アレはかなりディープな世界だと思うけれど、何がディープなのかという問い掛けがあって味わい深いのです。
ユージン・スミスはやはり涙が出ますね。こういう仕事をしてみたいと思った今は昔紅顔の美少年の時代でした。(爆)

投稿: atcy | 2004.10.13 22:04

焚き火する会?もありましたよねぇ。

投稿: mi4ko | 2004.10.13 21:52

>ぽんかんさん
それは残念。近いのに(笑)。ぜひ「新あやしい探検隊」を結成して、カメラ片手に世界各地を飛び回って下さい。

投稿: morio | 2004.10.13 00:31

僕も椎名誠のサインほしかったかも…
昔はあやしい探検隊にはいりたかった…(^-^

投稿: ponkan | 2004.10.12 09:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1652849

この記事へのトラックバック一覧です: 椎名誠の写真世界など:

» ユージン・スミス 「水俣」 [all that atcy]
ユージン・スミスはアメリカの写真家だ。1918年カンザス生まれ。1978年没。享年60歳。米軍従軍カメラマンとして硫黄島などの戦闘に参加、自らも負傷し、生涯をそ... [続きを読む]

受信: 2004.10.11 22:11

» シーナの本を買ったのだ。 [にやけ猫サプリメント]
椎名誠って作家が好きでした。 なんとなくまたシーナの本でも読もうと思う。 古くてもいいからeBOOK−OFF。 うひゃ、たくさんある!! ってことで... [続きを読む]

受信: 2004.10.14 23:07

« 花とアリス | トップページ | 珈琲時光 »