« 文化の日の散歩 | トップページ | 新国立国際美術館とデュシャン展 »

2004.11.05

オーバードライヴ

いささか古くさい例で申し訳ない。

「巨人の星」の大リーグボール
「あしたのジョー」のクロスカウンター
「タイガーマスク」のウルトラタイガードロップ
「サインはV」のX攻撃

他にもまだまだあるはず。

主人公たちが困難に直面する。そして復活する。その時には必ず「必殺技」をひっさげて復活する。決して丸腰で立ち上がるヒーローやヒロインはいない。しかもたいていは「別世界での鍛錬」を伴う。ああ、そういえば、ルーク・スカイウォーカーも惑星ダゴタに赴いて、ヨーダのもとでジェダイになるべく修行に励み、中途半端にフォースを身につけたのでありました。

乱暴に話を進めると、おそらくこうしたパターンはこの種のヒーローものには定番といっていい展開であろう。日本の古代物語にもよく見られる話型(貴種流離譚、異郷訪問譚)で、特に珍しいものではない。光源氏だって、都の政争から避けるため、須磨明石へ流離したけれど、しっかりと未来の后となる娘(これが貴族の必殺技)を明石君に孕ませて帰ってきたのであった(本来ならば折口信夫のことにも触れないわけにはいかないが、今はうっちゃることにする)。ようやく本題に。「オーバードライヴ」はまさにその貴種流離譚そのものの展開を持つ。

人気絶頂のバンド「ゼロデシベル」の記者会見で、天才ギタリストの弦(柏原収史)はヴォーカルの美潮(鈴木蘭々)から突然追放を宣告される。男女の痴話喧嘩の果ての騒動であった。泥酔した弦は謎のタクシー運転手に下北半島まで連れ去られ、そこで津軽三味線の後継者として芸を叩き込まれることになった。そのタクシー運転手こそが伝説の津軽三味線家元の五十嵐五郎(ミッキー・カーチス)であった。やがて腕を上げた弦は三味線王座決定戦「アルティメット大会」に出場することになった。しかし、そこには悪魔に魂を売り魔性の技を会得した倉内宗之助(新田弘志)がいたのである。さて戦いの結末は、そしてゼロデシベルの将来はいかに……。

ヒーロー(弦)が追放され、異界(下北半島)に赴く。そこで必殺技(津軽三味線)を身につけ、はなばなしく復活する。貴種流離譚そのままである。この映画は細部をリアルに描くことよりもとにかくストーリーを面白おかしく転がすことを優先している。もちろん同じモチーフ、同じ展開でも、もっとリアルに三味線修行を描き云々ということもできたはずなのに、この映画ではそれをやらなかった。したがってCG、アニメも含めて、非現実的な描写が続出する。「オーバードライヴ」はそういう映画なのである。だからそれは欠点や短所にはならない。わははわははと笑い飛ばせばよいと思う。すごい演奏だと嵐になって観客が吹き飛ぶし、ジミー・ペイジの置き土産だというダブルネック三味線だって登場します。

主人公の弦を取り巻く女性陣についても一言述べておこう。鈴木蘭々は久しぶりに見た。子供が小さい頃よく「ポンキッキーズ」を見ていた。スチャダラパーのBOZEと電気グルーヴのピエール瀧、そして安室奈美恵に鈴木蘭々が進行役を務めていた。なんとも中途半端にゴージャスな組み合わせであった。それ以来。懐かしい。また五郎の孫娘役の杏さゆりは、NHKの100語の英会話でおなじみである。コーパス君の女性アシスタントがまさか津軽三味線家元の孫でぬんちゃくを振り回すとは思ってもみなかった。テアトル梅田で鑑賞。

|

« 文化の日の散歩 | トップページ | 新国立国際美術館とデュシャン展 »

コメント

>よ
新日本プロレスファンの私としては、無我の西村修が出ているというだけで要注目でした。でも見逃してしまいました。レンタル店に並んだら、即、見ます。

>Muさん
お好みです。私の女神の一人です。おそらく全編がDVDになると思いますので、彼女の出ている回だけ借りて見るようにします。

投稿: morio | 2004.11.06 22:01

morioさん、追伸、おりょうのこと件
 morioさんは、あのような御方がおこのみなのですか、よろし。
 ところが、すでに竜馬は先々週に暗殺されましたので、普通にはおりょうはもう出ないと思います。
 12月の総集編がどのくらいの回数あるかは知りませんが、中盤にでてくるでしょうね。

投稿: Mu | 2004.11.06 03:59

挫折と出会いと新境地
涙と汗と血と光
美しく正しい流れです。
『いかレスラー』http://www.ika-movie.com/も そんな感じです。

投稿: yo | 2004.11.06 00:46

>Muさん
いや、一応これは実写映画なのです。しかし、描写が漫画チックな非現実的大空想ものになっています。たぶんこんなの嫌だという人も大勢いると思います。

ところで、「新撰組!」のおりょうさんはどうなんでしょうか。すごく気になっています。自分で見ればいいのだけれど、いつ出るのかがわからないし、出るまで見続ける気力がないのです。

投稿: morio | 2004.11.05 21:09

morioさん
 まるで漫画みたいな漫画映画が普通にあるのですね。
 このニュアンスは、
 (漫画みたいな、漫画)とか
 (お化け屋敷みたいな、お化け屋敷)とか、
 察してください。

投稿: MU | 2004.11.05 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1856696

この記事へのトラックバック一覧です: オーバードライヴ:

« 文化の日の散歩 | トップページ | 新国立国際美術館とデュシャン展 »