« ハウルの動く城 | トップページ | 島本理生『シルエット』 »

2004.11.24

ハウルの動く城・続

嶽本野ばらが「ハウルの動く城」を見て、「素直に泣かされてしまいました」と書いている。24日付朝日新聞朝刊の文化欄である。

嶽本の感激する点は至極明解である。すなわちハウルは「カッコ良くて、キザで、デモーニッシュなくせに、妙に無邪気で、弱い部分をぽろんと見せたりする」男であるからだ。「女のコにとっての理想の男子像」を持つハウルからのストレートな愛情に、「恋愛のビギナー」ソフィーが一生懸命に応えるという点も重要であるらしい。嶽本節全開である。まさにボーイ・ミーツ・ガールの典型といえよう。

こうした嶽本一流の「乙女の視点」からの分析は、立場がはっきりしているだけに、対象への評価に異論はあっても飲み込むことが容易である。もちろん嶽本は頭がよいので、「ハウルの動く城」を手放しで褒めちぎるような真似はしない。このアニメ映画への予測可能な批判もきちんと想定して記事に盛り込んでいる。曰く、「これまでの作品と比較すれば、ストーリーラインが粗く、ご都合主義、平凡な恋物語の要素が前面に押し出されているので、物足りなさを感じる人もいるはずです」と(私だ……)。これについては、深読み可能な作品群(「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」)を通過した者だけが口にしうる、「シンプル・イズ・ベスト」の境地に達したためであると説く。「インテリジェンスの放棄」とも。うまいな、嶽本。

シンプルな「ハウル」にも読み解く楽しみはもちろん存在する。あまり深入りすると鑑賞者の知的作業と愉悦を奪い去るのでほどほどにしようと思うが、ハウルの住む城自体がハウルの外見と内面を表すメタファーとなっており、それが物語の展開に伴って次第に変化していく。そのあたりは映画のテーマを知る上で重要な部分だろうし、誰しも気がつくと思うのだけれど、物語内で明示的に説明があるわけではない。他にも見た者が意味づけすることで生気を帯びる箇所はいくつかある。ただそうした箇所は前作や前々作に比べると少なく思えるし、知らなくても特にどうということはなさそうである。そういう意味では確かに「シンプル・イズ・ベスト」であろう。

嶽本の評を読み、なんだかおもしろいなぁと思ったので追記した。前エントリーの助けになれば幸いである。もっとも私には「乙女の視点」に立つのは難しいけれど。

|

« ハウルの動く城 | トップページ | 島本理生『シルエット』 »

コメント

ほほう。
なんだか検索系サイトで良心的な回答をもらった後のような清々しい満足感。ポイントを差し上げたくなりました。
うちにあるジブリは皆ビデオなので、字幕や音声のことなんてわからずじまいでした。ポ語まであるのかすごい。さすがワールドワイドなジブリ。
もののけかー…うーんどうしようかな。最初にに悪印象な作品をみるともう先入観で見なくなっちゃうもんな。幼児教育の様でいと難しや。火垂るはやばいな、おもひでもちょっと、海が聞こえるはもっととおいぞ。トトロはどうなんかな。日本の郷愁が彼の国に通じるのか。考えたら眠れなくなったぞ。
それにしても、また好みが合いましたね。うへっ。

投稿: miu | 2004.11.27 01:13

>み
ジブリのDVDはどれも基本的に日、英両言語の字幕がついています。ものによってはフランス語字幕などもついています。また音声もたいてい英語は入っています。

「千と千尋」は例外で日仏、同じく「ナウシカ」は日本語のみです。両作とも英語字幕はついてます。

カルに優しいのは「もののけ姫」でしょう。音声としてポルトガル語(他に英・仏・独・伊・スペイン・広東)が入っています。字幕は日・英です。

絵や内容は人によって好みが違うから難しいです。「紅の豚」は個人的に最も好きなジブリ作品です。これには日・英・仏の3カ国語の音声と字幕が入っています。

参考になれば幸いです。

投稿: morio | 2004.11.26 20:08

話はそれますが、カルに宮崎作品を一本見せてあげようと思います。
できれば日本の声優で聞かせたいのですが、英語の字幕ってのはやはりイギリスかアメリカものを買うしかないですかね。逆輸入はナウシカか神隠ししかなかったような。どっちいいかな。
それとも他の作品を強引に日本語で見せた方が?
絵的におすすめの一本は?
ポルコロッソ好きなんだけどな。

投稿: miu | 2004.11.25 23:23

>姐
「ハウル」でもしっかり空中浮遊シーンはでてきます。でもあまり爽快感はなかったなぁ。お約束になりすぎたかも。いくつになっても「ボーイ・ミーツ・ガール」な人生、憧れでございます。なお「背広にお米」でも頬に風を感じることはできるのだ。

投稿: morio | 2004.11.25 20:52

結婚しても
子供ができても
しわがいっぱいでも
背広にお米でも
灰になるまでボーイミーツガールな人生
理想でございます。

ジブリ世界の醍醐味は「風感」
あたりはずれはあるけど
頬に風を感じる空気がすき

投稿: miu | 2004.11.25 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/2053689

この記事へのトラックバック一覧です: ハウルの動く城・続:

« ハウルの動く城 | トップページ | 島本理生『シルエット』 »