« 蛇イチゴ | トップページ | 1980 »

2004.11.10

福耳

脚本家の宮藤官九郎が唯野未歩子とともに出演したビタミン剤のCMが好きだった。フリーマーケットで変なものを売っているという設定である。二人してあまりやる気のなさそうな緩さが、フリマの雰囲気をよく醸し出していたと思う。他にも二人で電車に乗って無駄話をしているというのもあったはずである。いずれにしても脚本家として飛ぶ鳥を落とす勢いとなる前の話である。その頃は唯野未歩子にだけ惹かれて、宮藤官九郎の方は貧相で気の薄いやつだなぁという印象しかなかった。その宮藤官九郎が俳優専業で主演したのが「福耳」である。

浅草にある高齢者向け高級マンション。その場限りのことしか考えていないフリーターの高志(宮藤官九郎)は、ここのレストランで働くことになった。初出勤の日に入口で妙な老人(田中邦衛)に声をかけられる。しかし、直後にその老人、富士郎はすでに亡くなっていたことを知らされる。富士郎はマンションに住む憧れの千鳥(司葉子)の行く末を思い、高志に取り憑いたのであった。一つの体に二つの人格を持つことになった高志は、自ら思いを寄せる元看護士の珪(高野志穂)と千鳥の間で揺れ動く日々を送ることになったのであった。さて二つの恋の行方は……。

フリーターと高齢者の増加は、ともに社会問題として取り沙汰されて久しいけれど、両者を組み合わせることで一つの物語が生み出された。物の怪、死霊が登場するという点で、完全なるファンタジー、絵空事の世界である。しかし、見終えた後には現実的な手応えを感じた。この世に思いを残している死者とこの世でなすべきことを持たない生者という、相反する存在が一つの体で共存することのおもしろさがまずあるが、何よりこの絵空事に素直に入り込めるのは、一人の人間の成長と変化という「リアルな現実」を見て取ることができるからであろう。人間の成長譚をストレートに描きすぎると、独特の臭みのようなものを感じるが、この作品ではユーモラスな描写の効果でその種の臭みもうまく消されていると思った。

コンビニの前で意味なくへたり込んでいそうな今時の若者を、宮藤官九郎が違和感なく形象化している。田中邦衛や司葉子以下、ベテラン有名俳優陣のはつらつとした演技も、彼らの楽しさがよく伝わってきて好ましい。監督は劇場用映画初監督となる瀧川治水。脚本は、今村昌平監督の「うなぎ」「赤い橋の下のぬるい水」の冨川元文による。

|

« 蛇イチゴ | トップページ | 1980 »

コメント

もともとは役者でスタートしているようです。
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0508770.htm
脚本家として売れっ子になった後でも、人の書いたもので演技もしているので、なんでもかんでも自分でということではないですね。確かに矢部と雰囲気が似ていたような蜃気楼が、私の頭の中にも。

投稿: morio | 2004.11.14 20:22

まあ。そんな超有名作ばかりじゃないですか。
ああ。ほとんどの邦画をスルーしてごめんなさい。
「素人を使ったコマーシャルだからかえっていい演技なのか」
と自己完結していてごめんなさい。
それだけ台本を感じさせない実力派ということで。

役者が脚本を書いたのか、脚本家が自作自演をはじめたのか
とっかかりで印象が違うぞ。前者の方が心象がいいな。

99の矢部に似てなかったですか。
そんな蜃気楼が。

投稿: miu | 2004.11.14 08:53

>みう
おや、姐さんがクドカンをご存じないとは意外です。映画では、GO・ピンポン・木更津キャッツアイ・アイデン&ティティ・ドラッグストアガール・ゼブラーマン・69なんかの脚本を書いています。テレビの方は見ないのでよく知らないですが、いくつか書いていたはずです。

唯野未歩子とのコンビは緩さと自然さがよかったです。で、彼女にも一時入れ上げていました(笑)。舞台挨拶に来ていた彼女が、ベンチに座っている私の鼻先50センチ前を通り過ぎたのが自慢です(大馬鹿者)。

すでにテレビで放映されたし、ビデオ化もされていますが、問題はそれがレンタル店に並んでいるかどうか。うちの近所は並んでなかったです。ううむ。B級邦画にも愛を。

投稿: morio | 2004.11.14 00:50

嗚呼、あのひと脚本家なのね。
あの二人、イイ関係を演じていましたよね。
ダメなポイントを指摘されて、そうよねーはははと笑って誤魔化せる距離感ってなんだかうらやましかったなぁ。夫婦や家族だと「いつも無駄金ばかり使って」なんて、話の展開がどうしてもウエットになっちゃうんですよねー。
赤い橋の脚本家であの人が演じる…うーん興味がわいてきました。
ビデオが出るまで長いなー。

投稿: miu | 2004.11.12 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1912648

この記事へのトラックバック一覧です: 福耳:

« 蛇イチゴ | トップページ | 1980 »