« 1980 | トップページ | 『阿佐田哲也麻雀小説自選集』 »

2004.11.15

森山大道と石内都の対談

森山大道のサイン写真表現大学彩都メディア図書館が主催する森山大道石内都の対談に参加した。

だいたいにおいて「神」と崇め奉るものは、得てして無関係な立場からは胡散臭いものと見られがちである。しかし、意識的に写真を撮ってみようと思い始めたきっかけとなった森山大道に関しては、「神」はともかく全肯定しひたすら憧れるだけの存在としかいいようがない。レクチャーの日が近づくにつれて普段にもまして挙動不審で落ち着かない状態になっていた私……。

とりあえず役得(謎)で、椎名誠の講演会に続き、最前列を確保した。定刻になり、全身黒づくめで首からGR21をぶら下げた森山が部屋に入ってきた(もちろん石内も入ってきた)。まだ何も話を聞いていないのに、すでに興奮は最高潮である(笑)。

二人の最近の仕事についての話の後、フリートークのような形で和やかに対談が進む。森山の話では写真に関する話とともに、撮影にまつわる武勇伝(?)が特におもしろかった。街のスナップが中心で、しかも「怪しい気配」のするところにしか行かない性分とのことなので、その手の話題には事欠かないようであった。また木村伊兵衛賞初の女性受賞者である石内の貫禄も相当なもので、しかも弁が立つ。横須賀の写真や40歳の人の手足だけ写したもの、人間の傷痕を写したシリーズなど、興味深く見ることができた。

あっという間に2時間半が過ぎ、その後、ショップで関連書籍を買った人へのサービスタイムとなる。まだ買っていなかった『プラットフォーム』を手に入れ、列に並ぶ。写真表現大学の講座ディレクターに自分のGRを手渡して、森山大道とのツーショット写真(快く了承してくれた)を撮ってもらった。ただ感激するばかり。サインは持参した大好きな『犬の記憶』(河出文庫)にもしてもらう。我ながら軽薄さ丸出しで、恥も外聞もないとは思うものの、いかんともしがたい(苦笑)。

森山大道の新作は来年2冊刊行される。一冊はハワイ、もう一冊はブエノスアイレスを撮ったものだという。間違っても風光明媚なものにはならないという話だった。楽しみに待つことにする。あとGR21が猛烈にほしくなっているのだが、これはもう完全に森山大道に毒されてますね……。

|

« 1980 | トップページ | 『阿佐田哲也麻雀小説自選集』 »

コメント

>だいせいさん
世界があの写真集のように見えて来たら、もう生きているのが辛くて仕方がないかもしれません。そうした感情の揺れみたいなのが、あの本から強烈に立ち上ってきて、つい何度も見返してしまいます。おっしゃるようにハードとか小賢しいテクニックのことなどどうでもよいと思わされますよね。

よかったらぜひ新作の『ブエノスアイレス』も(^^) これまたザワザワしています。

投稿: morio | 2005.10.04 03:18

最近、森山さんのサン・ルゥへの手紙を大購入しました。
そういえば昔morioさんが大好きだっていってたなぁと思ってなんとかこのエントリーを見つけましたが、神でしたか^^
一冊だけ、しかもちょっと見てみてるくらいじゃなにもわからないと思いますが、写真の考え方が少し違うような気がしました。一眼とかで露出がどーのとかいってる場合じゃないというか。
適正がどうのとか、そういうことじゃないんだよなぁと思ってる今日この頃、久々にぐっときたような、不思議な感覚です。

投稿: だいせい | 2005.10.02 21:16

>み
この人、石井克人監督の「茶の味」でダンサーとして出演し、河原で謎の踊りを繰り広げていました。

役名は守山モリオ!

おいおいってな感じです。名前が似ているからと言って、私にゾッコンラブにならないように。ちなみに私は盆踊りもまともに踊れません。

投稿: morio | 2004.11.17 23:30

http://mkaiji.cool.ne.jp/profile/index.html

このひとと間違えて「あ、いいな」とおもってもうた。
彼の優雅な舞いにゾッコンラブ。
今朝の子供番組で模写した「すずむし」は美しかった。

投稿: miu | 2004.11.16 23:43

>あきりん
ないですね、って、探しているんですか! FM2に21ミリを付けるという手もありですね。いっそ両方とも手に入れるとか(煽り)。

>runnerさん
森山大道は文章も巧みに書くので、読み応えがあると思います。T2もファンの多いカメラですよね。いわゆる高級コンパクトカメラ市場が拡大に転じることはもうないのでしょうか。ちょっと残念。

>えむろぐ
その通り! いいことをおっしゃる。森山大道とのツーショットに限っては、GRで撮ることに意味があったのです。室内で針穴だと長時間になってしまって迷惑かけちゃうし(笑)。

>ゆきこん
夢でした(笑)。ハワイはモノクロだそうです。怪しい場所ばかりを撮ってきたと話していました。期待できると思います。ブエノスアイレスは言わずもがなですね。

投稿: morio | 2004.11.16 19:27

夢のような時間を過ごされたようで。よかったですね♪
全肯定できる存在がいるというのは素晴らしいことです。
森山大道のハワイとブエノスアイレス!? すごーくそそられます。

投稿: ゆきこん | 2004.11.16 10:20

いくつになっても人には「アイドル」が必要なのです…(笑)
ツーショット写真、どうして針穴で撮らなかったんですか?
そうすれば大道さんと一緒にいられる時間が少しでも長くなった
のに…^^;

投稿: weblog244 | 2004.11.16 02:09

うわ~、うらやましいですね。(と言うか前の記事でイベントも紹介されていたのですね。)

最近、写真関係で特に文庫本サイズの本(通勤に便利なので)を、よく買っていて、morioさんのブログを読んで写真集は高価なので、犬の記憶の2冊とさらにはDVD(in Paris)を買って、ちょうど読み終わった所でした。

モノクロでも無いですしGR21では無いですが、個人的にはコンパクトカメラ(ContaxT2)の利用率が上昇中。(あのような写真は撮れませんが。)

投稿: runner | 2004.11.16 00:15

中古屋でGR21探しているのだけれど、ナカナカ見つかりません。

投稿: akinoringo | 2004.11.16 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/1972508

この記事へのトラックバック一覧です: 森山大道と石内都の対談:

« 1980 | トップページ | 『阿佐田哲也麻雀小説自選集』 »