« 手帳アナーキズム | トップページ | サイレントナイトはありえない »

2004.12.03

デュシャンと安倍なつみ

泉英国の美術関係者を対象に行われた調査で、二十世紀で最も影響力のあった芸術作品にマルセル・デュシャンの「泉」が選出されたという。「泉」は現在、新国立国際美術館で開催中の「マルセル・デュシャンと20世紀美術」で見てきたばかりということもあり、非常に興味深く思った。何と言ってもあのピカソを押さえてのことというのが画期的だろう。既製品の便器がゲルニカに勝利したのである。

これは芸術品としての完成度というより、他への影響力という観点からのものなので、デュシャンの芸術に対する思想や姿勢そのものが評価されたとおぼしい。11月6日のエントリーに次のように書いたことを再度引用しておく。

芸術の存在を疑い、作者の存在を否定するデュシャンの作品は、引用やずらし、コピー、模倣などを駆使し、およそ独創性やプライオリティといった「旧来の価値観」からは遙かに遠いところに存在する。デュシャンによれば、既製品すら誰かがそれを指して芸術であると呼べば芸術になるのである。

便器そのものはもちろんデュシャンの創作物ではない。しかし、いったんそれが「泉(原題Fountain)」と名付けられ芸術作品として定位された瞬間に、このものはデュシャンの作品となった。引用や読み替えは盗作ではない。それは極めて高度な知的創作作業である。

そして盗作といえば、元モーニング娘。の安倍なつみの所業が話題になっている。メモしていたお気に入りの詩やフレーズを自作に盗用したという。これが発覚したことで、年末の紅白を辞退したり、来春発売予定の新作が延期になったらしい。アイドルとはいえ、一定の社会的な影響力を持つ身であるゆえ、こうした社会的な制裁を受けて然るべき行為であった。他者の知的著作物は基本的に尊重すべきである(某音楽関係団体の著作権を笠に着た悪徳商法は許し難いが)。

翻ってネットを彷徨っていると、こうした盗作紛いのサイトにしばしば行き当たる。fotologあたりでも人の写真を自分のところに平気でアップロードする輩がいるし、文章中心のサイト・ブログでも明らかに他のサイトの文章を丸ごとコピーして貼り付けているものもある。しかも出典や引用先は書かれていない(ある程度の長さをコピーしてグーグルあたりで検索すると元ネタがすぐにばれる)。これらは立派な盗用であり剽窃であり他者の権利を侵害する行為である。おそらく当人にはそれがしてはならないことだという意識がないのだろう。しかし、有名人だからダメ、一般人だから許される、ということは、決してない。

すでに社会的な制裁を受けている安倍のことはこれ以上糾弾すまい。彼女のことはそれほど嫌いではないし(爆)。いや、それはともかく、デュシャンと安倍の二人を見て、すべからく表現というものは、自分で考え、自分で構成し、自分のことばや方法で発するものであるという、当たり前のことを思い知らされたように感じる。←ありきたりなまとめで我ながらつまらない……。

|

« 手帳アナーキズム | トップページ | サイレントナイトはありえない »

コメント

>み
同じような危ない橋は、他の「ゴーストライター任せ」な連中も渡っていると思う。「作詞をやってます」っていう、明らかに語彙貧困構想力欠如思考能力皆無な自称アーチスト(誰とは言わないが)も、「ほんまかいな」と眉唾です。ああ、これは盗作の話でしたね。

美術の引用ですが、デュシャンはモナリザの複製画に髭を描いて、自分の作品「L.H.O.O.Q」としました。認められました。そして次はその絵から髭を消して「髭を剃ったL.H.O.O.Q」としました。それって「モナリザ」そのもの! でも認められました。贋作を作る意図がなければ、問題視されないようです。

>Muさん
1は私も気に入りません。悪徳商法だと思ってます。
2は誰しも免れない呪縛ですね。それを乗り越えた人だけが真の創造者として崇め奉られるということでしょう。

投稿: morio | 2004.12.05 00:10

morio さん
 これまで、自他の区別は引用を含めて厳密に行ってきたが、二つ疑問があるのです。

1.一旦買ったものを自由にできない不自由。DVDとかですね。気に入った画像を記録もできないし。
 今日、ちょっとした寄り合いで話題になったけど、SONYの電子ブックは、市販文庫の半額程度でダウンロードできるが、2ヶ月で消えるらしい。レンタルにしては半額だから、高額すぎるしね。LIBRIE

2.逆に、だれだって、自分独自のものはなかなか、ないと思うね。9割は他人様のアイデアや労作の断片が、私の脳に入って、ちょっと形を変えるだけ。
 だから、トイレ芸術の解釈、すこしわかりかけてきましたが、……。完全に納得は、まだ出来ませぬ。

投稿: Mu | 2004.12.04 15:01

「ピカソ便器に負ける」というヘッドラインは、インパクトがありました。音楽では16小節だか8小節だかまでの引用は無許可でできるみたいで、ラップミュージシャンがよくやってますが、他の芸術の方はそういうコードがあるのでしょうか。
安倍の一件、ほとんどがゴーストライターの執筆で、安倍自身はナニがなんだかわからん状態で気の毒。盗作ではないかということを指摘して明るみにしてしまったのは、いわゆる熱烈モーヲタ(娘ヲタク)たち。本自体、ヲタたちしか買わないから、誰もきづかなかったのに、過剰な愛情が裏目に出てしまったと言う訳で。

ちんさん明日外出ですか。嗚呼。
大丈夫、正直にいたずらっ子の仕業といってください。
笑って許せる範囲です。どうか心を痛めないで
アルコールをたくさん召し上がってきてくださいませ。

投稿: miu | 2004.12.04 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/2143818

この記事へのトラックバック一覧です: デュシャンと安倍なつみ:

« 手帳アナーキズム | トップページ | サイレントナイトはありえない »