« 名取洋之助『写真の読みかた』 | トップページ | 銀のエンゼル »

2005.01.23

麻生久美子『いろいろないろ』

書名につく「いろいろ」を新しい『新明解国語辞典 第六版』(三省堂、2005年1月)で引いてみた。

〔もと、この色やあの色やというように違った色が数多く有る意〕そのものの状態・性質が一通りでなかったり関係するところが多面にわたっていたりあれこれと方法を尽くしていたりすること(様子)。

とあって、これ自体は特にどうということもない。しかし、「新解さん」の本領発揮はここからで、「いろいろ」を使った用例文が奮っている。

世間はいろいろだ〔=やさしい、親切な人も居れば、だましてばかりいる悪い人も居る。人の心はさまざまで、一概には言えないものだ〕

asoそもそも「いろいろ」の用例としてこの文章を取り上げる理由がわからないし、なぜここまで詳細な解説を加えてしまうのか。「新解さん」はよほど生きることに苦労しているのかもしれない。この他を顧みない暴走こそが「新解さん」の真骨頂なのである。「公約」の語釈ではつい「実行を伴わないことも多い」と漏らしてみたり、「白桃」を「果汁が多く、おいしい」と満足そうに言い、深海魚である「あこう鯛」にいたっては「顔はいかついが、味はよい」と自身の好みを強烈にプッシュする。この辞書に客観的記述を求めてはいけない。読んで笑って、ついでに語の意味や使い方(かなり偏っているけれど)も知るというのがよいと思う。もっとこの辞書について知りたい方は、以下の二つのサイトまたは赤瀬川原平『新解さんの謎』(文春文庫)を御覧いただきたい。

新明解国語辞典を読む
WEB新解さん新聞

表題の本『いろいろないろ』は映画俳優麻生久美子の初エッセイ集である。これまで知りえなかった幼少期からのエピソードが自身(?)によって明かされている。麻生ファンにはお勧めするけれど、それ以外の人には無縁の本だろう。またこの本には蜷川実花が撮影したポートレイトが大量に収められている。わざわざ屋久島まででかけて撮影したそうだが、あまり必然性は感じられない。でもいいのだ。重度の麻生ファンだから。ニナミカの色が好きだから。好きに理由はない。まさに「世間はいろいろ」なのである。「だます人」がいる一方、「自らだまされる(だまされたい)人」もいるのだ。(幻冬舎、2004年12月)

|

« 名取洋之助『写真の読みかた』 | トップページ | 銀のエンゼル »

コメント

>m4
おお、こんなところにコメント発見! レスが遅くなってすまぬ。ニナミカに勝負を挑むべく、金魚ではなく原色のあざらしやペンギンを撮影しまくって下さい。かなり地味ですが(笑)。

>kippugaiineさん
どうもです。

投稿: morio0101 | 2005.02.08 00:12

トラバお世話になりました!

投稿: kippugaiine | 2005.02.04 18:55

ずいぶん前にホトログでビビットな色をテーマとした時のタイトルがコレで随分気に入っていたので(もちろん全て平仮名)ニナミカにはいつか刺し違えなくては、と。
なんて、手負いの傷が大きくなりそうなので、言ってみただけ。

投稿: mi4ko | 2005.01.30 00:53

>あち
 本題が短いのは「私にとっては語るまでもなくすばらしい」という気持ちの表れです(笑)。裏返すと、ファン以外にはものすごくつまらない本ということです(爆)。そちらのちっこい掲示板に書いたとおり、6冊目は玄関に置いて、出かける時は忘れずにということに。
 森山と荒木の新宿ですが、なんとなく昔のオフコースの小田和正と鈴木康博の関係を思い出させます。どっちがどっちかは秘密(笑)。

>みu
 エントリーを待ってます。ちなみに金田一さんはこの六版から名前が消えました。読んで楽しいのはこの辞書しかないと思っていますが、昔の版に比べてかなり毒が薄まってきているのは残念なところ。やっぱり「恋愛」には「合体」がないと(笑)。

次のエントリーが出てこない理由、なぜわかったの!?

投稿: morio0101 | 2005.01.26 18:38

明解は辞書ではなく読み物としてのカテゴリにどうぞ。
突っ込みどころ満載なのでまもなくエントリするつもりだったけど、
つもりにおわった。意気地なし>自分
辞書の訳を読んで喜怒哀楽な感情が沸き上がるのは、ほかにないですよね。監修は何代目の金田一さんか存じないですが、ずいぶん文明開化な展開をどうお感じなんでしょうか。

ところで、そんなにこっち見るなよ麻生。
次のエントリへ腰が上がらないのはこの娘のせいとお見受けします。

投稿: miu | 2005.01.26 14:49

新解さん関連のマクラがやけに長いのは、照れているからか、開き直っているからか。何だか幸福そうで羨ましい。麻生にも蜷川にも琴線が硬直したままのワタシは、森山と荒木の写真展さえも「荒木が邪魔だよ」と思ってしまう天の邪鬼ですかな。6冊目を買ったらワタシにお裾分けをお願いします。

投稿: atcy | 2005.01.25 23:47

>えむろぐ
ファンなら一家に5冊は(笑)。

投稿: morio0101 | 2005.01.25 19:30

人生いろいろ、ファンもいろいろ…(笑)

投稿: weblog244 | 2005.01.25 00:42

>しきはんさん
文字化けする前は、おそらく「新解さん、最高ですよね」だと思うので、それを前提にお答えすると、「新解さん、最高です」。無人島に流されたら、この一冊を持っていきたいです(笑)。

投稿: morio0101 | 2005.01.25 00:33

芯解唐ヘ最高ですよね。

投稿: しきはん | 2005.01.24 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/2670048

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生久美子『いろいろないろ』:

» 鴇色をご存知ですか? [緑の森を楽しく歩いた]
 「色々な色」Colors of Nature (近江源太郎 監修 ネイチャー [続きを読む]

受信: 2005.01.24 23:15

» 「いろいろないろ」/人生「いろいろ」 [kitanohondana]
麻生久美子さんのフォトエッセイが発売されていたみたいです!全然しらなかった。写真は蜷川実花さんだとか。で、それをセブンアンドワイでしたっけ?セブンイレブンで受け... [続きを読む]

受信: 2005.02.04 18:46

» 「いろいろないろ」/人生「いろいろ」 [kitanohondana]
麻生久美子さんのフォトエッセイが発売されていたみたいです!全然知らなかった。写真は蜷川実花さんだとか。で、それをセブンアンドワイでしたっけ?セブンイレブンで受け... [続きを読む]

受信: 2005.02.04 18:54

» CASSHERN [musi-k 〜ムジーク]
映画や音楽を中心としたエンターテイメントについての私見的なレビューを書いています〜皆さんお気軽に遊びに来て下さい(^_^) [続きを読む]

受信: 2005.02.15 21:44

« 名取洋之助『写真の読みかた』 | トップページ | 銀のエンゼル »