« 太田順一『ぼくは写真家になる!』 | トップページ | 自炊くん 続 »

2005.03.21

自炊くん

concorde完全なる一人暮らしに欠かせないこと。それは自炊。まったく自慢にも何にもならないが、日々食べるような料理はほとんどしたことがない。しかし、それでは来週からやっていけない。すべて外食という手もあるけれど、味付けもカロリーも衰えと緩みの目立つ体にはきつかろう……。

仕方がないので、本屋で料理本を物色してきた。これがもう目も眩むほどの種類があって、何が何だかよくわからない。とりあえず料理の写真がやたらおいしそうで、作り方も簡単に見える千葉真知子『完全自炊主義』(文化出版局、2002年)を手に入れる。それだけではちょっと不安だったので、さらに手抜き料理が期待できる、ほぼ日刊イトイ新聞編『がんばれ自炊くん!』(角川書店、2001年)も援軍として採用した。

問題はこれを読んでいる時間があるのかということ……。そうこうするうちにあっという間に来週が来るのだ(とほほ)。冗談抜きで東京一人暮らし日記でも公開して、毎食のレシピをコメントかトラックバックで教えてもらいたい気分である。

|

« 太田順一『ぼくは写真家になる!』 | トップページ | 自炊くん 続 »

コメント

>ぽた郎さん
本職顔負けの腕前を持つぽた郎さんは憧れの存在です。作るのも自分、食べるのも自分、ということで、無責任な調理を存分に楽しんでみようと、「今は」思っています。本も落ち着いたら手に入れてみます。また遠からずお会いしましょう〜。

>marinさん
あの長寿番組ですね。テーマ曲はものすごくよく知ってますが、それだけです(笑)。これは料理初心者にも優しいのでしょうか。marinさんがブログで紹介される料理もおいしそうなので、いずれ挑戦してみたいです(無謀?)。暖かく見守って下さい。

>み
本の方は数冊増えてももはや全体に影響はないので(笑)、ついつい買ってしまいます。料理に関しては本当に何も知らないので、「うまい飯」「具だくさんのみそ汁」と言われても、「どうやるの?」とてんで話になりません>私(=無能な人)。でも列挙されたものなら調理しなくていいですね。しんどい時はこれか。コンビニ弁当は食べると気持ち悪くなります(若くないね)。

投稿: morio | 2005.03.24 01:17

本など買ったって在庫が増えるだけだよう。
まずうまい飯を炊くこと。おかずが少なく済んで経済的です。
ご飯とじゃこ、キューちゃん、たらこ、カツ節、こんぶ。
こそして具だくさんのみそ汁。これが日本人の基本。
クスリが一杯入ったコンビニ弁当よりかなり健康的なはずです。

投稿: miu | 2005.03.23 23:35

morioさん、こんばんは。
皆さん料理に関しては様々なご意見をお持ちでとても興味深いです。

料理本もいろいろありますが、長年の(?)探求の結果たどり着いた結論は、やはりNHK『きょうの料理』のテキストが一番頼りになるということです。お時間が合ったら一度どうぞ。
http://www.nhk-book.co.jp/ryouri/

投稿: marin | 2005.03.23 19:36

自炊系料理本でしたら,こちらもおススメですよ〜。

■水上勉:「土を喰う日々」,新潮文庫
ハウツー本ではありませんが,おもわず自炊をしたくなる渋〜いオヤヂ料理本です。「失敗もあるが,一ついい味にあえば,レパートリーは増えたことになる。(中略) やってみなければわからぬだろう。思いついたら,ひとり,こっそりやってみることである。失敗すれば自分でにが虫をつぶしておればすむ。」 うう〜ん,渋い〜。(^^) ぽた郎の自炊時代の精神的支柱でした(というのはちょっと大袈裟か)。

■小林ケンタロウ:「野菜ばっかり」,文化出版局
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4579208609/249-8192843-8055559
著者はかの有名な小林カツ代のご子息です。この本に限らず,ケンタロウ氏の料理本は「切るだけ」「焼くだけ」「煮るだけ」など超カンタンなシンプル料理のオンパレード(もちろん,徐々に手の込んだものも登場しますが)。しかも見栄えも美的で栄養もよい。これさえあえば誰でも華麗なクッキングパパに〜! 単身赴任必携の書(かも)。

というわけで,morioさん,遠い国(笑)に行ってもお元気で〜。いずれ彼の地で飲みましょう。(^^)v〜

投稿: ぽた郎 | 2005.03.23 01:53

まぁ時間があったら、すぐに大阪に逃げ帰ってくるので、さほど深刻に考えなくてもよいかと楽観視してます。:-P

>くるとんさん
細かなアドバイス、ありがとうございます。崖っぷちに立たされなければ心を入れ替えない私には、神の啓示のように思えました(笑)。失敗したものを全部混ぜ合わせてのお好み焼き、そのアイディア、採用させていただきます。

>winter-cosmosさん
自炊くんの本でもキャベツ(&パスタ)は大活躍です。普段は千切りしたものを食べるくらいなので、この際、私の所でも活躍してもらおうと目論んでいます。うまく調理できなさそうな時は、丸かじりでしのぎます。

>きまたさん
パスタ。まずパスタですよね。手に入れた料理本を見ると、すぐにでもできそうな気がしてきました。とりあえず茹で上げたスパゲティに古今東西の具材を交ぜ合わせてみます。世にも不思議な無国籍料理になる可能性大ですが、それもまた一驚、いや、一興ですね(驚いてはいけない)。スープに挑戦したらなんだか一人鍋になってしまうかも(笑)。

>Wind Calmさん
どうやらパスタが自炊界における「いろはのいの字」のようなので、さっそく来週から挑戦するつもりです。基本的に苦手なものはないので、いろいろなものと組み合わせて、日々の調理を楽しんでみたいと思います。奥の手として、必殺の冷凍讃岐うどんがありますし、気楽に行きます。

>Yukiさん
おそらく比較的時間に余裕のある仕事だと思うので、あとはやる気と根気が問題となるでしょう。その「野菜丸かじり」、なかなかワイルドで魅力的です。どんなのでもいけるのかなぁ? スープやみそ汁などの汁物、挑戦する山は多いです。

>suguluさん
北海道から蟹・いくら・雲丹などの海鮮類を持参してくださるなら、喜んで手料理を振る舞いたいと思います。期待しています。どぞよろしく。うまく時間の都合がつくなら、ぜひお会いしましょう。

投稿: morio | 2005.03.23 01:10

来月 東京入りしますんで、手料理ごちそうしてくださいな〜

投稿: sugulu | 2005.03.22 21:30

まずは、自炊する時間を作ることからでしょうか?
どーしても、夜な夜な仕事から帰って来て自炊する気にはなかなかなれず……。じゃあいいや っと夕食を抜くことがしょっちゅうのワタクシでござい。野菜嫌いじゃなければ、ニンジンとかセロリを常備しておいて、小腹が減ったらそれを齧るのも一興。
きまたさんが言うように、スープは万能です♪ ちとパスタなどをいれると腹も膨れますし、なにより野菜がとりやすくてよろし。
ただし、あまり具沢山過ぎるとスープもカレー(ですら)もマズくなったりするので用注意。

そのうち余裕がでてくれば、空いた時間に料理するのが楽しくなるかもしれませんよー :-) (それは私)

投稿: Yuki | 2005.03.22 21:06

 毎日パスタに限ります。きまたさんのおっしゃるように、野菜や好みの具をテキトーに炒めて、トマトソースを入れたり入れなかったり。お嫌いでなければクリームソースも。
 私なら飽きませんが、飽きるようなら、そばにうどんにカレーにシチュー・・・

投稿: Wind Calm | 2005.03.22 18:51

9年間一人暮らしをしていたのですが、コンビニがお友達でした(笑)

自分は『麺食い』なので、殆ど毎日『麺』を食べていましたね。
パスタ・うどん・蕎麦!
お米はカレーの時くらいしか炊かなかったので、1年で5kgしか買わなかったコトもありました。

麺類の良い所は、おかずを作らなくても良い所!
『具』として野菜をたくさん入れれば、栄養もバッチリ!

具の多いスープもオススメ!
いろんな野菜を全部同じくらいの大きさに切って、コンソメ入れて煮るだけ!
ベーコンとか入れると、いい出汁がでるので最高!
具をたくさん入れれば、ゴハン(又はパン)とスープだけで充分だもん。
具が多い味噌汁も良いよ。
ベーコンを入れた味噌汁とかも、なかなか旨いので、怖がらずに色々なモノを入れてみるコトをオススメします。
ただ、失敗して不味くなっても責任はとれません(笑)

まあ、何度も失敗を繰り返して成長して下さい。

投稿: きまた | 2005.03.22 11:49

 morioさんの男の手料理を拝見できる日を楽しみにしています(楽観的♪)。
 きっと野菜不足に泣かれるでしょうけど、自炊くんも手に持っている、キャベツが強い味方ですね。生でよし、炊いてよし、炒めてよし。

投稿: winter-cosmos | 2005.03.22 11:36

いよいよ近付いてきましたね。
私も若い頃は料理サッパリでしたが、
娘が産まれて心を入れ替えました。(笑)
現代の調理時間は昔より激減してるので楽かもです。

(0) 自分の好きなモノを買ってきて食う。
(1) それがどんな要素から出来てる観察する。
(2) 素材は用意しつつ、調味料部分はまず出来合い品に頼る。
(3) 慣れてきたら休日にフルスクラッチビルド。(?)
…の手順をオススメします。
(スーパーの食品フロアを2時間位かけて見回ると面白いですヨ。)

 いきなり食事全品自炊すると、出来上がりタイムが揃わないし残り物も。
まぁ徐々に自作率を上げて行くとか、味の調整を試しつつとかどうでしょう。
驚いた事に自分で作った出来たての味は,多少の失敗作でも食えるものです。(爆)
(関西人の切り札として「残り物を具にお好み焼き」は結構イケまっせ♪)

投稿: くるとん | 2005.03.22 07:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/3386728

この記事へのトラックバック一覧です: 自炊くん:

» 牡蠣と青じそのパスタ [Still Life]
大阪生まれ、大阪育ちの初めての東京生活。 自炊しないと辛いと思いますよ、もりお... [続きを読む]

受信: 2005.03.22 21:05

« 太田順一『ぼくは写真家になる!』 | トップページ | 自炊くん 続 »