« 音楽バトン | トップページ | 初もんじゃ »

2005.06.26

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

目覚めよベイダーこれでいよいよ最後なのである。1977年のエピソード4から数えて28年目、ついにシリーズ完結作が公開される。いてもたってもいられない。迷わず先々行上映のチケットを手に入れた。この週末は東京で過ごすことにしていたため、新百合ヶ丘のワーナーマイカルシネマズで見ることにした(今回はネタバレなしでいきます)。

シリーズも6作となると、出来不出来はもちろんあるし、人によって好きだの嫌いだの好みも分かれるだろう。先日何かのニュースで見たアンケートでは、第2作の「帝国の逆襲(エピソード5)」が最も高い支持を得ていた。この第2作は「また来週お会いしましょう」みたいな造りが嫌らしく感じられるものの、スター・ウォーズ全体に関わるような謎が散りばめられており、娯楽作品としてみた場合、やはりよくできているといえる。私の好みは断然第1作(エピソード4)であるが、結局は相対的なものであって、シリーズの中でどうしようもないなと思うものはないのだった。

SW3パンフレットそして最後のスター・ウォーズである。もう見たいものはほぼすべて見せてくれる。全編暗いムードにどっぷりというのも、ダース・ベイダー誕生を彩るものとして、実に好ましく感じられた。「そんなはずでは?」と思う部分はもちろんあるが、ジグソーパズルの最後の一片がパチリとはまったという感があるのは確かである。クライマックスの大剣術大会の迫力と美しさは必見だ。「意外性がない」という悪評はきっとあるだろうが、それは問題にならない。今作は「そうなると思っていた」ということを、ルーカス自身の手で見せてほしいのだから。

ヘイデン・クリステンセン(アナキン・スカイウォーカー/ダース・ベイダー)に前作のような中途半端な演技をさせることなく、ひたすら暴れさせたのはよい演出だと思う。あの人は動いてこそ輝きを放つ。ユアン・マクレガー(オビ・ワン・ケノービ)は出演した3作の中で最もすばらしい存在感を見せているのではないか。しびれた。ナタリー・ポートマン(パドメ)は旧来の「耐えて待つ女性」として描かれているのは物足りないが、しかし、今作はあくまでもアナキンのダークサイドへの転落に巻き込まれる悲劇の女性としてのみ存在するのであるから、それも致し方なしか。

今後、「スター・ウォーズ」を新作映画として見ることがないと思うと、寂しさも一入である。ルーカスフィルムのロゴ、「A long time ago in a galaxy far, far away...」の前口上、そしてジョン・ウィリアムスの壮大なテーマ曲とともに流れ去る文字の河。痺れるような快感の余韻に浸りながら、今夜はエピソード3のサントラ盤(同梱DVDは大サービスの内容!)を楽しむことにする。

|

« 音楽バトン | トップページ | 初もんじゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/4707808

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐:

» スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 [あ~るの日記@ココログ]
先々行上映で映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を観た。シリーズ完結編で、アナキンがダース・ベイダーになるまでが描かれている。 正直、エピソード1、2がイマイチだったのであまり期待していなかった。しかし、エピソード3は最初から最後まで、全くと言えるほど無駄がない濃い映画だった。特に、イントロでは展開が早い早い。いつもの"巻紙"が終わると、いきなり宇宙戦で豪華なCGをたっぷり堪能でき、続いてライト・セーバー戦で前作からの展開が一気に加速する。前作までのおちゃらけシーンやお子様向けのキャラ... [続きを読む]

受信: 2005.06.27 02:04

« 音楽バトン | トップページ | 初もんじゃ »