« 真夏の夜の夢のような二日間 後編 | トップページ | 有栖川有栖『マレー鉄道の謎』 »

2005.07.22

それはまた別のお話 ローライフレックス編

エルスケンローライコードVaを買ったのが昨年の5月5日。1950年代後半に生み出されたこのカメラは完全な機械式マニュアルカメラで、写真を撮る一連の手続きが儀式のようでもあり、その今風でない面倒臭さがなんとも心地よい。カメラ自体を玩んだり、スクリーンに映る絵を眺めたりするだけでも満足であったし、何より見慣れぬ正方形の写真が新鮮で、数は多くないのものの、機会があれば外に持ち出して自己満足な写真を撮っていた。たとえば、こういうの。

blue sky

二眼を構えると、気分はすっかりエルスケンである(あくまでも気分だけ、パリの街角で撮影した右上のエルスケンのセルフポートレートはあまりにも有名であろう)。そのエルスケンや大好きな川内倫子が使っているローライフレックスはコードの上位に位置するカメラで、高嶺の花として自分には関係のないカメラだと思っていた。いや、思い込もうとしていたのかもしれない :-P

フレオ上京記念にと考えないでもなかったけれど、すぐに必要ない物に大枚をはたくほど余裕もなかったから、バイクフライデーとともに忘れたふりをしていた。それが気がつけばこの有様である。しかしながら、古書と同じで中古品との出会いというのは一期一会である。手に入れたローライフレックス3.5Cとは出会うべくして出会ったのだと思う(ことにする、笑)。物欲を正当化するためには、いつだって理不尽な言い訳があるものなのだ。銀座のカメラ中古市に案内して下さったrinさんと煽りを入れてくれたmi4koさんには、心から感謝したい(しばらく煽らないで下さい)。

ROLLEIFLEX 3.5C type1 (1956-59)
撮影レンズ : Carl Zeiss Planar 75mm/F3.5
ビューレンズ : Heidosmat 75mm/F2.8

ということで、買った日に撮った写真をご披露。以下の写真をクリックすると、Flickr!にジャンプして大きなサイズの写真が表示されます。

2005 july tokyo #4

2005 july tokyo #2

|

« 真夏の夜の夢のような二日間 後編 | トップページ | 有栖川有栖『マレー鉄道の謎』 »

コメント

>Lostcolorsさん
はじめまして。この青は去年秋に限定で売り出されたフジのフォルティアの威力だと思います。春にも再発売されたので、もし残っているなら一度お試しください。確かに空は見飽きないですね。

投稿: morio | 2005.07.26 16:40

はじめまして。ローライユーザー発見!
それにしても見事な青ですね。今までに見たことがないような深い青。
空写真は奥深いです。

投稿: Lostcolors | 2005.07.26 12:13

自爆でした(爆)。いや、引っ込みがつかなかったというのもなきにしもあらず。もちろん買い物には満足しておりますぞ。次はフードを探しに行こうと目論見ちう。

投稿: morio | 2005.07.26 00:58

煽ってませんてば!

投稿: 4 | 2005.07.25 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/5030014

この記事へのトラックバック一覧です: それはまた別のお話 ローライフレックス編:

« 真夏の夜の夢のような二日間 後編 | トップページ | 有栖川有栖『マレー鉄道の謎』 »