« 夏の天王寺動物園 | トップページ | 動物園のスライドショー »

2005.08.29

「ペ」と言ってもヨン様ではない

どこで知ったか、もう忘れてしまったけれど、あるライターが韓国の俳優ペ・ヨンジュンのことを「ペ」と書いたところ、一部の熱狂的なファンから烈火のごとき怒りを買ったらしい。話の流れや調子とも関わりがあるので一概には言えないが、新聞や雑誌において芸能人著名人を呼び捨てにするのは一般的ではないのか、ナベツネのことを「渡辺さん」なんて言いたくないなと、これはまったく関係のない話でした。

さて「ペ」と言えばヨン様以外にはまったく思いつかなかった。(他をまったく知らないだけ……)。少なくとも先だっての「リンダ リンダ リンダ」を見るまでは。でも今はヨンジュンではなくドゥナだ。「冬のソナタ」の大ファンのわが母上には「ごめんなさい」と言うしかない(頼むから冷蔵庫に写真を貼るのはやめてくれ)。最近「ペ(=ヨン様)」が髪型を変えたところ、「前の方がいい!」などという声が続出、大騒ぎになったとかで、あっという間に元に戻したというのも関係のない話でした。

閑話休題

■ほえる犬は噛まない
ペ・ドゥナの名を一躍世に知らしめた作品(らしい)。あるマンションで連続小犬失踪事件が発生する。事後処理をする事務職員ヒョンナム(ペ・ドゥナ)は、小さな正義感から自らの手で犯人をつかまえようと奔走するのだが……。犯人は最初に明らかにされているから、そこにどうやって至り着くか、その過程が見所である。胡散臭い人物や挙動不審な人々に囲まれて活躍する彼女の、コメディエンヌとしての才能を存分に楽しむことができた。ゆるゆるだらだらどたばたしても、決して品を失わないのがこの人のいいところだろう。韓国社会と犬の独特の関係は、ペットとしての犬しか知らない者には少々刺激が強いかも。原題は「フランダースの犬」。意味深だなぁ。映画の主題歌はもちろん「ラッタッタ〜、ラッタッタ〜」である。

公式サイト http://www.hoeruinu.com/

■子猫をお願い
DVDのパッケージ裏に記された蓮実重彦の評、「映画の歴史を揺るがせる希有の処女作である」とまで書く理由が奈辺にあるのか、ぜひ知りたいものである。疑っているわけではない。私自身もこの佳作のよさに感心したし、できれば多くの人に観てもらいたいと思っている。なんでも公開時は折からの韓流ブームとこの蓮実の煽動的言辞によって、ずいぶんと観客動員を延ばしたらしいのだ。すでにこの評を掲載した公式サイトはなくなっている。残念。

物語は仲良し5人組の女子高校生が卒業を期にそれぞれの道を歩き始め、それとともに永遠に続くかと思われた友情が徐々に崩壊していくさまを淡々と描く。美しいものだけを映しているのではないのに、美しいと感じる場面がとても多い。控えめな音楽もよし。人物造形がややパターン化されている嫌いはあるけれど、彼女らの立ち位置を暗示する服装や小物の使い方がよく練られている。たとえば彼女らの差異を無効化していた制服が高校卒業と同時に各自の私服になる。そこで露わになる5人の生活や趣味の違いが、そのままその後の友情の行方を示唆する。特に説明はされないが、見るだけで了解された。その種の道具の使い方がうまいと思う。とりわけ「繋がり」として象徴的に機能する猫と携帯電話は秀逸である。ペ・ドゥナは、唯一の求心点として立ち回るテヒのやるせなさを、彼女の行動の中に透かし見せた。

「アイドルではなく俳優として生きていくためには必要だから」と、本国では汚れ役なども積極的にこなしているという。次はどんな演技を見せてくれるのか、楽しみに待つことにしたい。

ペ・ドゥナ公式サイト http://www.doona.net/

|

« 夏の天王寺動物園 | トップページ | 動物園のスライドショー »

コメント

>まんま
さすが、チェックが厳しい!>ワイドショー
今の日本なら、ちょっとだらしないとか、悪っぽいとか、ガキ臭いとか、ペ様(なんか変)とは正反対のタレントや俳優が人気ですよね。美意識の違いと言ってしまえばそれまでですが、個人的には「オトコ」はどうでもいいです(笑)。ダー!

投稿: morio | 2005.09.02 21:03

昨日ワイドショー見てたらぺ様のファンが3万人近く集まってて限定もののサイン入り口紅の争奪戦!!!凄かったです。
1、2、3、ダーーーーッ!
こりゃ、猪木だった。
1、2、3、4様、恐るべし。
4様タイプの俳優が今日本にいてないから
すごいファンが多いそうです。
そう言えば、そうですよね。

投稿: mamma_mia | 2005.09.02 11:07

>yuki
ヨン様のフルネーム、日本でもきちんと言えない人が案外多いかもしれませんよ。ご友人の行方は定かではないかもしれませんが、ペ・ヨンジュンの話題を見聞きするたびに彼や当時のことを思い出す、というのも乙なものではありませんか。

>ふりぷれ
さすが韓流の伝道師! せっかくだからいろいろと観たい気持ちがあるのですが、怖いのはダメなので(笑)、それ以外でレンタルできるやつからボチボチといってみます。「リンダ3」も早くDVDになってほしい。

投稿: morio | 2005.08.31 03:53

ぺ・ドゥナ出演作のお勧めを挙げたいところですが、やっぱり今のところ一番は「子猫をお願い」になってしまいます^^;

■プライベートレッスン 青い体験
なんだかトンでもない邦題になってますが、内容もそれなりで…ゴニョゴニョ。

■TUBE
映画そのものはダメダメですが、可愛らしいドゥナちゃん見たさなら止めはしません^^;

■復讐者に憐れみを
「オールドボーイ」の監督なので、観終わって気持ちのいい作品ではありません。汚れ役?になるのかな?確かに女優ぺ・ドゥナが見られます。

(番外編)
■頑張れ、グムスン
ずっと観たいと思っている作品なのですが、残念ながら日本では未発売。DVD化を待ってます。面白そうなんだけどなぁ…。(とこんなところで愚痴を書いてみる)

…て、実は「ほえる犬は噛まない」は、メイキング観ただけでまだ本編を観ていないことに気付きました(汗)
早々に観ます。

投稿: freeplay | 2005.08.30 10:45

全然関係ありませんが、「冬ソナ」が大ブームとなった頃、
こちらではヨンさまという呼称ばかりが先に入って来ていて、その俳優の名前が「ペ・ヨンジュン」だと知ったのはかなり後になってからのことでした。

こちらで学校に行っていた時、クラスメイトにヨンジュンという韓国人の青年がいて、ほかの数人の仲間とよく授業のあとにパブにいったものでした。
後日、ヨンさまの名前が「ヨンジュン」だと知って、当時の友達と「どーする? あのヨンジュンだったら」 などと噂をしていたなー なんてことを思い出してみました。
どーしてるのかなぁ、ヨンジュン。今となっては彼の名字を知る由もなし……

投稿: yuki | 2005.08.30 06:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/5668400

この記事へのトラックバック一覧です: 「ペ」と言ってもヨン様ではない:

» リンダ リンダ リンダ ― シネセゾン渋谷 [惰性自身]
 当Blogでの久しぶりの映画レポですね^^;  今日は月曜日。野球が無く、私は休日という事で…久しぶりに渋谷まで出てみました。  渋谷駅から道玄坂の途中までの道程で、女子高生4人が私の前を歩道一杯に拡がり歩いて…渋谷の街はいつ行っても歩きにくいですね^^;  そんな訳で、あらすじはこちらです。    前田亜紀と香椎由宇と韓国女優のペ・ドゥナが出演…それだけが理由で、映画館まで行ってみました^^;  香椎... [続きを読む]

受信: 2005.08.30 03:53

» 「ほえる犬は噛まない」 [NUMB]
  [続きを読む]

受信: 2005.11.08 08:54

« 夏の天王寺動物園 | トップページ | 動物園のスライドショー »