« 容疑者 室井慎次 | トップページ | 『ワンダーアイズ』 »

2005.09.17

幸せな動物園

みんなのかお『みんなのかお』(福音館書店)という写真集がある。その名の通り、日本各地の動物園にいる動物の顔だけを集めたものである。これが実におもしろい。個性的という言葉があまりにも没個性的に過ぎると思われるほど、彼らの顔は個性的である。どの動物もいくら見ていても見飽きない。千葉動物公園のラクダはスターウォーズの宇宙生物顔負けだし(すごい面構えなのだ)、到津遊園のカバは不適な笑みをまき散らしている。夢見るような浜松市動物園のヤギはとてもキュートである。ちなみにやる気のない天王寺動物園のカバはなかなかの美形なのだ。

右の写真はこの写真集のホッキョクグマのページである。一番右側最上段は大阪の天王寺動物園のクマ。しかし、このホッキョクグマはもうこの世にいない。昨春亡くなったという。先日行ったときには主のいないコンクリート製の白い山だけが寂しげに残されていた。そしてその下は北海道旭川の旭山動物園のホッキョクグマである。今は新入りのイワン(2歳、雄)やルル(10歳、雌)を加えて4頭が飼育されているとのこと。この本が出版されたのはもう10年以上も前なので、古株の一頭であろう。美しい毛並みが印象的である。ロングセラーの素敵な写真集、ぜひ一度手にとって見ていただきたい。

さてそのイワン(それともルル?)が豪快に泳ぐ姿が表紙になっている『幸せな動物園』(ブルース・インターアクションズ)という本が先頃出版された。「日本一」という冠がつけられるようになった旭山動物園に関する書籍である。旭山動物園関連の本はまさにブームとしかいいようのないほど出版されており、これもその中の一冊ではあるが、単なるガイドブック、写真集ではない。低迷期、廃園の危機から脱し、今の成功に至るきっかけになった14枚のスケッチに光を当て、理念や計画、方針がわかりやすく語られている第一級の資料集である。淡々とした基本計画書がこれほどまでに雄弁に物語るものかと驚かされた。旭山動物園ファンはもちろん、一般の動物園好き、動物好きにも興味深い内容だと思う。若木信吾の写真もよいなぁ。

友人の撮った旭山動物園の愛すべきペンギン
mi4ko -> http://www.flickr.com/photos/mi4ko/4149023/
sugulu -> http://www.flickr.com/photos/masakazu-s/5991093/

たとえクモザルがカピバラに噛み殺されても、この動物園の信念は決して揺るがないことが納得される一冊である。来年の冬にはぜひ雪に覆われた動物園を訪れたいと思う(ちなみに愛媛のとべ動物園にも行きたい)。

|

« 容疑者 室井慎次 | トップページ | 『ワンダーアイズ』 »

コメント

>ZOOさん
コメントありがとうございます。そちらのブログも拝見しました。

旭山もとべもいらっしゃったとは、うらやましいことです。行動展示のあり方を模索し、両園は独自の考え方で工夫を凝らしていますよね。いずれとべも旭山並みに注目されると個人的には思っています。記事を読み、ますます行きたくなりました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: morio | 2005.10.02 00:11

初めまして morioさん

私のブログでとべ動物園の感想を書いています。また旭山動物園についても(カピバラ事故も)書きました。
実際に現場にいた方もコメントを残してくれてますので参考にいただければとも思います。
トラバさせてもらいました。

よく読むとmorioさんと私はほぼ同世代のようです。語り口が全く違って恥ずかしいですが、よろしくお願いします。

投稿: zoo | 2005.10.01 13:16

>4
おお、やはりイワンか。「イワ〜ン!」と対面の折には叫んでみます。

ペンギンに驚いてひっくり返るのはいいのですが、いかんせん肉体と運動神経が日を追うごとに衰えているので、後方に体操用の分厚いマットを用意しておいていただければ幸い。3回転くらいして見せます。あざらしもビックリです。

投稿: morio | 2005.09.20 22:57

たぶん、表紙はイワンです。イワン〜(こいつはお茶目なヤツなのです)

ぺんぎん館の施設(P54)の所で、特に注釈のついていない窓があるのですが(トンネル左側の黄色い壁の正方形っぽい窓、親子らしきふたりが顔を出している)ここは内側からは登りの坂道になっていて、歩きながら見ていると、小さい窓の視界が空の多い状態から陸の多い状態に変化する様が、ぺんぎん達の「水の中から陸上に」変化する行動の疑似体験のようで好きです。たぶん、そんな狙いは無いと思うのですが... 以前、ここを歩いていた3歳くらいの子供が窓に差し掛かったとき、下からジェンツーペンギンが飛び出て来て、驚いた子供がひっくり返っていました。外壁には岩が隣接しており、泳いでいたペンギンが勢いをつけて出現していたもよう。もりおさんが通りかかって同じような状況になったら、是非、通路でひっくり返ってください。

投稿: mi4ko | 2005.09.19 09:39

>まんま
いい本です。本来は幼児向けの本なんですが、大人の方が楽しめると思います。じっと見てるとことばを話し出すんじゃないかと思うほどです。

水族館の方はどうでしょうね。さすがに魚の顔にまで目立った違いがあるかどうか?

投稿: morio | 2005.09.19 05:26

可愛いの一言ですね。
ちょっとづつ表情が違うんですね。
本屋さんでチェックしてみます。
皆そんなに表情が違うんですね。

最近、水族館もブームだから
水族館版も出てるんですか?

投稿: 間ん間 | 2005.09.18 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/5991788

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな動物園:

» とべ動物園 1 サバンナ観測センター [気ままなZOO]
この写真をよく見て! 後ろでシマウマを見ているのはライオン!!愛媛県砥部の動物園でこんな場面が見られます!!! ってな、わけで、愛媛県♪   {/hiyo_eye/}zooさん、いつ行ったの? しーっb( ̄  ̄*U 先日、県立とべ動物園に行って来ました ここは知る人ぞ知る動物園!  y(^ー^)yピース! (動物園好きには生唾ものです。…(⌒┐⌒)ゴックン  {/hiyo_cock/}←食べ�... [続きを読む]

受信: 2005.10.01 12:48

« 容疑者 室井慎次 | トップページ | 『ワンダーアイズ』 »