« キング・コング(1933) | トップページ | ベルリン、僕らの革命 »

2006.01.26

東京を知る

東京本先週の月曜日に初めて谷中を歩いた。「初めて」と書いたが、東京でどこかへ行けば、ほとんどが「初めて」である。自慢じゃないけど。それで初めて歩いた谷中は右も左もわからなくて、地図を持っていても何の役にも立たないのであった。ただmi4koさん@旭川のあとをふらふらと付き従うのみ。いったいどっちが東京に住んでいるのか……。

#この数日後、同僚にこの町に住む人がいて、いろいろと話を聞いた。先に聞いておけばよかった。後の祭り。

買い物客で賑わう谷中銀座や、多くの猫がたむろする「夕焼けだんだん」と呼ばれる石段など、改めて訪れたいところである。できれば天気のよい日に。ついでに下調べもきちんとして。

一応、折々に東京に関する本(「東京人」など)を仕入れて、それなりに知ろうとはしているのである。たとえば上京直前にぽた郎さんから薦められた秋本治『両さんと歩く下町』(集英社新書)は春のうちに読み切った。東京の東側の下町界隈のことが、長寿漫画を交えて生々しく語られる。ところが、受け取るこちら側に街に対する内なる揺動や皮膚感覚というものがないので、ちっとも染み込んでこないのだ。また昨秋刊行された田中優子(近世文化)の『江戸を歩く』(集英社新書)も、学術的考証をベースにして、現代の東京に存在する江戸の名残を炙り出す。これもまたたいへん興味深い一書であったが、同様にどこまでも知識としてしか内容を受け取れないもどかしさを感じた。それもこれもすべて私の問題である。すぐそこに東京(=江戸)はあるのに。

そして新しく手に入れたのが、「東京がわかる300冊 もっと書を持って、街に出よう」(「散歩の達人MOOK」、交通新聞社、2006年2月)という、まさに私のために刊行されたのではないかと思える雑誌である。春には少し時間ができるはずなので、こういうものを読みながら、少しずつ、頭ではなく心で東京のことを知りたいと思う。

オチなし(笑)。

|

« キング・コング(1933) | トップページ | ベルリン、僕らの革命 »

コメント

>あやのさん
そうでしたか。それはもうぜひ。同僚と歩くよりは(以下自粛、笑)。広い東京、東側に住んでいらっしゃる方がけっこう多いようなので、そっち方面から教えてもらうのがよさそうだと勝手に思ってます。もっとも私が西の方に住んでいるため、そちらに行くまでがたいへんなのですが。

投稿: morio | 2006.02.07 01:20

まさにその辺に住んでます。ご一緒したかったな~と残念です。次回は是非!

#でも、しきはんさんも書いてるように、意外と知ってるところって狭い範囲なんですよね。

東京は広すぎる、同感です。生まれも育ちも東京の東側なのに、未だに知らないところがいっぱいある…

投稿: ayano | 2006.02.06 03:08

>4
あそこをまったり歩くなら、やはり秋の夕暮れでしょうか。春の桜の時期もとてもいいらしいです。ぜひ。

投稿: morio | 2006.01.31 21:32

また行きます!
できれば真夏ではない時に。谷中でリベンジしましょう。
(リベンジの元ネタは昨日フリッカにupしました)

投稿: mi4ko | 2006.01.30 22:06

>しきはん
江戸っ子に案内してもらえるほど心強いものはありません。東京は「余所者」には広すぎますから。1年や2年でもどうにもならないと思われます(定年までいるのか!?)。

投稿: morio | 2006.01.29 05:09

一緒に歩きましょ〜。
でも、案外知っている場所は狭い範囲なので、
一緒に発見しましょ〜かな。

投稿: しきはん | 2006.01.28 02:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/8341556

この記事へのトラックバック一覧です: 東京を知る:

« キング・コング(1933) | トップページ | ベルリン、僕らの革命 »