« 戦国自衛隊1549 | トップページ | でっかいどう北海道 その2 »

2006.02.15

でっかいどう北海道 その1

asahiyama zoo #2見出しに懐かしさを覚える方、もれなく同世代以上に強制認定します。

北海道を訪れた。生涯二度目のことである。前回は学生時代の貧乏旅行で、真夏の北の大地でひたすら無駄に時間を費やしたことを記憶している。若いというのはそういうものだろうけど。今回はもう若くもないし、しかも娘を連れての旅行である。同じようなことをするとむやみに疲れるし、たちまち小学生から叱られるのである……。緩んだのは体だけではなく、いや、それ以上に脳みそがそうとうあやしいので、ここは北海道民の助けを借りることにして、年明け早々から連絡を入れておいたのであった。以下、備忘録として四日間の行動を記す。

■1日目
伊丹発新千歳行のJAL機で北海道入りを果たす。飛行機(MD-81)は座席が二列三列の小振りな機体で、てっきりジャンボかエアバスだと思っていたのでちょっと拍子抜けする。到着時の気温は零度をわずかに下回るくらいで、ひとまず耐えられるものであった。空港で食事中にハプニング(娘の鞄行方不明事件)があったものの、快速エアポートに飛び乗って、どうにかほぼ予定していた時間に札幌入りできた(車窓の風景が真っ白で目が痛くなった)。駅ではきまたさん、kudar!さん、mi4koさんが出迎えてくれる。できるだけまずいもの(!)をと思って用意した「たこ焼きキャンディ」と「たこ焼き羊羹」を三人に手渡す(すまん)。

まずは宿泊するホテルで荷物を下ろし、そのまま「さっぽろ雪まつり」の会場である大通公園に向かった。まだ時間が早いせいか、連休初日のわりには人出はそれほどでもない。自衛隊の作る大雪像の数が減ったそうだが、それでも雪のない地方に住む者には驚異的な造形物の数々であった。もちろん中には驚異的でないものもあったけれど、それはご愛敬ということで。お茶休憩はFurniture Design Agraにて。ここも一度来てみたかった店である。不思議な形の家具やインテリア用品が所狭しと並べられている。その後ライトアップされた雪像を楽しみ、夕食のラム肉のしゃぶしゃぶ食べ放題(@北海しゃぶしゃぶ)でまんぷくになった。どうしても「白い恋人」が食べたいという娘のために一箱買い求める。ホテルで貪り食ったのはいうまでもない。

asahiyama zoo #1■2日目
この日は旭川へ行く。待望の旭山動物園が待っている。札幌駅できまたさん、kudar!さんと待ち合わせ、ホワイトアローに乗り込む。九時発の特急は満席で、雪まつりと抱き合わせで動物園へ向かう人が多いのだろうと一人で納得していた。旭川駅では、地元民のmi4koさんとばい菌君の世話をしてきたsuguluさんと落ち合う。suguluさんの白いミニバンで動物園へ。晴れたり吹雪いたりなんだかよくわからない天気の中、雪道での運転経験のない者には信じがたいスピードで疾駆するミニバン! 卓越した運転技術に恐れ入りました。動物園は地元民が「あまり見たことがない」というほどの混雑だったが、目の前数十センチのところを歩くペンギンパレードから、ホッキョクグマ(イワンとルルの相撲も見た)、あざらし、アムールトラ、ライオン、豹などをしっかり楽しむことができた。これほどの雪と動物の組み合わせのおもしろさ、さらに動物の普段の行動をそのまま見せるという展示方法の妙。日本最北にしていまや日本一有名な動物園の魅力を満喫した。

土産もしっかり買い込み、次は美瑛にあるGoshでお昼を取る。mi4koさんのサイトで再三見せつけられてきた鹿肉料理がついに目の前に現れる。ああ。鶏肉のアーモンド焼きも、ああ(笑)。自家製パンもコーヒーもおいしゅうございました。お腹もくちくなったところで、次は美瑛の丘巡りである。風光明媚な美瑛にはCMに使われた木々(マイルドセブンの木、セブンスターの木、親子の木、ケンとメリーの木など)がたくさんある。それを順に回ってくれるというのである。さすが案内役四人中三人が旭川出身、地元民ならではのコース設定に感激することしきりである。こんなところを訪れるのは一見の観光客にはまず無理である。白一色の世界が時折広がる青空や日の光で微妙に色を変える。あまりの美しさに言葉を失っていると、suguluさんが深い雪に沈んでいったりしてしっかり道民魂を見せてくれもした。ありがとう、ラガーマン。同じ美瑛にある前田真三の拓真館で美しい風景写真を見る。風景写真はそこに行けば誰でも撮れそうなものだが、決してそうではないことをあらためて思い知る。mi4koさんのご縁で、カレンダー三種類のお土産までいただく。ありがたや。

旭川市街に戻り、夕食をとる。Kandy Spiceスープカレーを食す。北海道でぜひ食べたかったものの一つである。辛さは好きなように注文できる。私は15番(ちなみに娘は20番)にしたが、唇や喉がひりひりして……。25のきまたさんや30のsuguluさんは平気な顔をしていた。もちろん娘も。なんで? やっぱり家で作るのとは違うなと思いながら(当たり前!)、ひりひり状態なるもおいしくいただいた。旭川駅では特急までの時間待ちでしばし歓談する。私が北海道限定「あさひやまどうぶつえんチョロQ」を買った店で、suguluさんが悪名高き「ジンギスカンキャラメル」を発見し買ってくれた。これのまずさは天下一品で、それがゆえに有名になったという。嫌な油の風味が口腔と鼻腔に広がり、いつまでも鬱な気持ちになれること請け合いである(笑)。キャラメルの余韻に浸りながら、ホワイトアローで札幌に戻った。

続く……。

#2枚のペンギンの写真は、娘が「写ルンです」で撮影したものです。

|

« 戦国自衛隊1549 | トップページ | でっかいどう北海道 その2 »

コメント

>たくる父
その節はたいへんお世話になりました。雪道を信じられないスピードで駈け抜ける運転技術にメロメロでした。

さて、変なものを皆さんでお試し下さり、ありがとうございます。圧倒的に「まずい」が支持されて喜んでいます(笑)。こんなことならもっとあれこれ持っていくんだった。またそのうちということで。あのジンギスカンキャラメルを食べたつれあいは、数秒後に……でした。職場でも大いにうけたようです。

餃子羊羹、ラーメン羊羹、ぜひ制覇してください。

投稿: morio | 2006.02.20 00:09

morioさん お疲れ様でした。
北海道を堪能していただいたようで何より。
頂いたたこ焼き羊羹を職場で披露して、皆で頂きました。
評価は2対8に分かれましたね〜 w
刺激的なお土産にくらくらきちゃいます。ググッてみると餃子羊羹とかラーメン羊羹とかあるようなので、そちらにも挑戦しようかと思っているこの頃。

投稿: sugulu | 2006.02.19 13:35

>4
動物園ムービーの首尾はいかがだったでしょうか。人が持っているものを買いたくなるのはいけない病ですな。ちょっとむずむずしました。「見るだけだったら4月でも問題無し」ということは、春に来いと。仕事を休むか(その時期は絶対無理)。

ジンギスカン・キャラメルとたこ焼きキャンディをいっぺんに頬張るのはどうでしょう。提案します(^^;

投稿: morio | 2006.02.19 00:51

身体はもう内地仕様に戻りましたか?

天気が良かったので、ムービーを撮りに行こうと思っていたら
あれよあれよという間に吹雪いてきました(今)
まだ雪は健在です。流氷(ガリンコ号)は来月も運行しています。
(見るだけだったら4月でも問題無し)
また是非、懲りずに遊びに来てイワンに釘付けになってください。

たこやきキャンディはまだ食べていません。
(キヤラメルに比べて口内滞在時間が長いので手が出ないのです)

投稿: mi4ko | 2006.02.18 09:29

>marinさん
認定しました。逃れられませんよ(笑)。

「写ルンです」はカメラ的呪縛からいっさい自由で、写すことだけを楽しむことのできるよい道具だと思いました。銀塩市場が縮小するのに合わせて、これもなくなっていくことになるならば、残念なことです。ちょっと前まではパノラマとか水中用とかいろいろあったように記憶しているのですが、いまはほとんど見かけませんね。

おいしいものは、ネットで探せばまず見つけることができます。時代は「まずいもの」ですよ(笑)。

投稿: morio | 2006.02.18 01:50

こんばんは。『でっかいどう北海道』、確かに聞き覚えはありますが、懐かしくはないので認定しないで下さい。

以前のmorioさんの記事にもありましたが、やはり「写ルンです」、恐るべしですね。近々、「写ルンです」を持って散歩に出掛けてみたいと思います。

ジンギスカンキャラメル、どうしても試してみたいけど、現地でしか売っていないのでしょうね。こちらでも時々地元のデパートで「北海道物産展」なるものが催されていますが、美味しいものだけしか売ってません。

投稿: marin | 2006.02.17 22:14

>winter-cosmosさん
こちらこそ。好きなものを撮っていいといって渡したままだったので、写真ができあがってくるまでどんなものになっているか、まったくわかっていませんでした。けっこういい色がでていたりするので、案外侮れないカメラなのかなと思いました。

旭山動物園は期待に違わぬ素晴らしいところでした。何度でも行きたくなるところですが、何度も行っていると破産します(笑)。

両方の「きっとまずいもの」は私自身食べていません。そんなものを土産として渡すのもどうかという気がしますが、それこそが目的でもあるので、味の方は北海道の皆様の報告を待ちたいと思います。ご自身でというときは伊丹空港にて手に入れることができます。ぜひ(!?)

投稿: morio | 2006.02.16 23:00

ごぶさたしております。
お嬢さんの「写ルンです」綺麗に撮れてますね。旭山動物園で私もペンギンに会いたいです。
手近なところで「たこ焼きキャンディ」と「たこ焼き羊羹」が気になります。ソース・青海苔風味でしょうか?

投稿: winter-cosmos | 2006.02.16 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/8678414

この記事へのトラックバック一覧です: でっかいどう北海道 その1:

« 戦国自衛隊1549 | トップページ | でっかいどう北海道 その2 »