« 動物本三昧 その2 | トップページ | 斎藤美奈子『あほらし屋の鐘が鳴る』 »

2006.03.31

かもめ食堂

かもめ食堂フィンランド。

私の中にあるこの国のイメージは、モータースポーツとムーミンがほぼすべてであった。学校の地理の授業でも、北欧諸国のスターはフィヨルドのノルウェーと福祉のスウェーデンであり、フィンランドはレゴブロックを持つデンマークより圧倒的に存在感は薄かった。たまたま私はF1やラリーが好きだったため、フィンランドという国に近しい感情を持っていたが、それとて極めて偏った理解でしかなく(ニッポン=フジヤマ・ゲイシャ・ハラキリ並!)、それ以外は平和でシュールなムーミン的世界があるのだろうというひどい偏見に満ちたものであった。サンタクロースも脳天気感抜群だし。なおフィンランドを代表する作曲家シベリウスは、来年没後50周年を迎える。かの地を思い起こさせるような内省的な曲調を愛する人は多い。

近年、インテリア関連でフィンランドを含む北欧がちょっとしたブームとなっていること「だけ」は知っていた。むろん関心などなかった。ところが、ひょんなことからあれこれと情報を仕入れているうちにすっかり魅せられてしまった。虚栄虚飾を捨て去ったシンプルで柔らかなデザインと素材感は、とても好ましいもののように思えたのである。ヤコブセン・アアルト・ウェグナー・ユール・ヘニングセン・パントンなどの作品、製品をため息をつきながら眺めるようになると、もう末期的症状だと言えるだろう。気がつけばダイニングにセブンチェアやアントチェアが居並び、マリメッコのウニッコが窓にぶらさがり、レ・クリントやポール・ヘニングセンの照明が揺れていたりするのだ(妄想大爆発)。スワン・チェア、どこかに落ちていないかしら。

閑話休題。

かもめ食堂」は北欧気分を満喫できる、とても気持ちのよい映画である。群ようこの原作も風通しのよいものであるが、映画は小説以上にフィンランドそのものを体感させてくれる。よけいなことは語らず、空気感そのものを映像として定着したような趣である。監督の荻上直子はシチュエーション・コメディーの傑作「やっぱり猫が好き」(フジテレビ系)の脚本を担当しているが、その経験がうまく活かされていると思った。主演の小林聡美、さらに片桐はいりともたいまさこが、会話と立ち居振る舞いで自在に場面を構築していく。それはもう見事としかいいようがない。アキ・カウリスマキ監督「過去のない男」の主演マリック・ペルトラも味わい深い役で登場し喜ばせてくれる。物語がどうのこうのというような映画ではない。ただそこにある時間と空間と人を味わい、くさくさした気分を晴らすのが、この映画の正しい鑑賞法だと信じる。北欧インテリア、ファッションとおいしそうな料理の数々にクラクラすること、間違いなし。あなたは「ガッチャマン」の主題歌をきちんと歌えますか? コピ・ルアック!

109シネマズみなとみらい横浜で鑑賞。

|

« 動物本三昧 その2 | トップページ | 斎藤美奈子『あほらし屋の鐘が鳴る』 »

コメント

>合気道4
オッす! という気合いじゃないね、合気道。
(おお、川柳)

>ayanoさん
手の込んだ料理をしているわけではないところが、逆にたまらないおいしさを感じさせてくれたように思います。「人にいれてもらう」コーヒーもそうですが、「おいしさとは何か」がシンプルかつ共感できるように描かれていましたね。素敵な映画でした。誰か、私にもコーヒーをいれてください(^^;。

投稿: morio | 2006.05.31 22:14

私も観てきた&感想書いたのでトラックバック~♪

…と思ったら失敗しちゃったのでコメントで(^^ゞ
シナモンロールもおにぎりもとってもおいしそうでしたよね。で、「コーヒーは人に淹れてもらうのが一番美味しい」に一票。昔、コーヒー淹れてくれる(&シュークリーム焼いてくれる)男の子と付き合ってたころのことを思い出しました。客観的に見たら濃すぎるコーヒーだったけど、だけどむちゃくちゃおいしかった。
今はコーヒーは自分で入れるモノなので、おいしさ半減です…とほ。

投稿: ayano | 2006.05.29 11:52

観てきました。

ダヴィンチ・コードは満席のようでした。凄いなぁ。
いい食堂ですね。まずは合気道から始めないとね。

投稿: mi4ko | 2006.05.28 18:46

>4
間違えて「ダヴィンチ・コード」の方に入り込まないように!! こんな食堂が近所にあったらいいのになぁと真剣に思います。開いてくれませんか? :-)

投稿: morio | 2006.05.26 01:59

明日観に行きます!!

原作を読んでシナモンロールを生クリーム付きでオーダーした事を思い出しました。でも映画ではおにぎりシーンの方が印象深そうですね。

投稿: mi4ko | 2006.05.25 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/9349257

この記事へのトラックバック一覧です: かもめ食堂:

» かもめ食堂 [ひらつかメモ|東京と消費生活]
じゃあ、ごはんを食べてから考えましょう。 ■ひとりの日本人女性が営むフィンラン... [続きを読む]

受信: 2006.04.04 21:06

» インテリアを華やかに!「ブランド家具」はいかがですか? [大塚家具 ブランド家具 TOP]
海外ブランドの家具の取り扱いでは日本一!品揃え・価格・サービスの総合力が売り!大塚家具の顧客満足度は業界ナンバーワンです! [続きを読む]

受信: 2006.04.20 07:25

» 「かもめ食堂」おいしいコーヒーのおまじない [soramove]
「かもめ食堂」★★★☆ 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ主演 荻上直子監督、2005年 フィンランドのヘルシンキの街の 「かもめ食堂」が舞台。 2度満席で入れず、3度目にしてやっと 席に座る、 こんなに情熱を傾けるような映画じゃなく 「脱力系」な...... [続きを読む]

受信: 2006.04.29 12:45

« 動物本三昧 その2 | トップページ | 斎藤美奈子『あほらし屋の鐘が鳴る』 »