« 雪に願うこと | トップページ | 妙な盛り上がりはいらない »

2006.06.07

花よりもなほ

花よりもなほ是枝監督は「花よりもなほ」について、パンフレットの中でこう述べている。

この映画、弱かった人が努力して強くなるといった”成長物語”の類ではないんです。
”弱いもの”が弱いまま肯定されるというか…周囲の人たちとの関係の中で、その”弱さ”の意味が変わっていく。

「一人一人をそのまま認めよう」というスタンスは、主演する岡田准一の先輩アイドルグループの「国民的歌謡曲」以来、もうすっかり食傷気味であるが、あえてこのことについて語るとすれば、「花よりもなほ」の主人公が「変わらない」まま周囲に認められたのは、「変わらない」部分にこそ尊重すべき真実や価値があったからであって、なんでもかんでも「そのままでいい」ということにはならないということだろう。偽善的言辞に惑わされてはならない。

変化がない、成長がない、と是枝監督はいうが、実はそうではないと思う。すなわち岡田演ずる青木宗左衛門は、「仇討ちの空しさ」「自らの弱さ」「他者の尊重」といったこと、江戸の武士にあっては認めがたいこれらの考えを、誰に憚ることなく全面的に肯定するだけの器量を身につけて、それを実行したのであった。これが青木の変化、成長でなくしてなんであろう。信念は確かに変わっていない。しかし、それを実行できるようになるのは大いなる成長である。青木を日頃から見ている長屋仲間は、そのことを知ってか知らずか、「変化せず変化していく彼」を認めると同時に、己の取り柄がなさそうな人生(されど懸命に生きる)に誇りを持っていくようになる。これまた変化であり、成長である。まさに青木たちは「糞を餅に変えた」のだ。是枝監督はこの台詞を何度か劇中で使っていたから、「変化のない変化」をしっかり意識していたのは間違いない。

是枝監督の作品は、どれも真実のありようと幸せの佇まいというものを静かに描こうとする。私はそのように受け取っている。「幻の光」、「ワンダフル・ライフ」、「ディスタンス」、そして「誰も知らない」。主題や題材は違えども、常に「私にとっての本当の真実や幸福」を考えさせられる(餅に変わる糞はあるのか!?)。時代劇である本作もまた同様である。テレビドラマ「タイガー&ドラゴン」の好演が印象的だった岡田は、ここでも悩める弱い武士をきめ細やかに演じていた。宮沢りえはうまいが痩せすぎ(関係ないか)。長屋の面々もみないい味わいだ。キャラがきちんと立っていた。見終えた後、なんとなく笑みがこぼれるような映画だった。過剰演出のわかりやすい悲喜劇を期待する向きには合わない映画であろう。間違っても「泣ける映画」ではない。ワーナーマイカルシネマズ新百合ヶ丘で鑑賞。

なお岡田が属するV6のメンバーが総出演する「ホールド・アップ・ダウン」も早くに観ていたのだが、これはアイドルが順番に顔を見せるだけのドタバタ劇でつまらなかった。よって特に語ることもなし。SABU監督の「弾丸ランナー」や「MONDAY」「Drive」などはわりと好きな映画だったのだが。

「花よりもなほ」公式サイト http://www.kore-eda.com/hana/

|

« 雪に願うこと | トップページ | 妙な盛り上がりはいらない »

コメント

>4
沖縄の女史か。いや、「北の大地の妙齢歌姫」の永遠のライバルの方か。どうでもよいけど、あの二人、仲悪いのかね。

>●
いや、糞にしちゃったらだめなんです。餅にしないと。今、23時過ぎだから、あっ。

投稿: morio | 2006.06.09 23:16

弁当の時間に最後まで読んでしまった。
俺の食ってる飯は10時間後ぐらいに●になりますがなにか。

投稿: う | 2006.06.09 13:08

コレなのです。さあ、歌姫は誰だ(笑)
あ、でも他の部分は面白そうだから「買い」かなぁ。

http://www.switch-pub.co.jp/switch/2006/06/index.html

投稿: mi4ko | 2006.06.09 06:09

>4
原作本というと、是枝監督の書いたやつですね。文才の程はいかがなものでしょうか。求む報告。ちなみに「かもめ食堂」のポストカードを撮影した高橋ヨーコさんは、アリス(蒼井優)の写真集『トラベル・サンド』を撮った人でもあります。こっちは買わないの?(^^)

で、消化できない歌姫って誰じゃ?

投稿: morio | 2006.06.09 04:29

今日、原作本を購入してきました。(かもめ食堂のポストカードも)映画とは別の味わいがありそうなので、楽しみです。
某インタビュー誌でも大々的に特集を組まれていましたが、数ページ後に妙齢の歌姫の対談記事があったので買うのを躊躇ったのでした。消化できないものは糞にはならず、胃に残ると「なんかー、ムカつくしー」と言いたくなる原因になりかねません。

投稿: 4 | 2006.06.08 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11234/10397666

この記事へのトラックバック一覧です: 花よりもなほ:

« 雪に願うこと | トップページ | 妙な盛り上がりはいらない »