« 2006年7月 | トップページ

2006.08.16

広がりのための引き算

最近凝っているのは古いコンパクトカメラで撮影するパノラマ写真である。

床に寝る猫

もっともパノラマ写真といっても本当の意味でのパノラマではなく、通常の写真の上下をカットしてあたかも左右に広がっているように見せる偽パノラマである。たとえばこんな感じである。
通常 → 偽パノラマ

この二つの「モード」をカメラについているレバーやボタンの操作で切り替える。1980年代後半頃からコンパクトカメラに搭載されたこの機能は、安価なデジタルカメラによってこのクラスのフィルムカメラが駆逐されるまで、ほぼ全メーカーで採用されていた。それが今やごく一部のカメラに生き残るのみである。PCをはじめとしたデジタル機器による自在なトリミングが可能なこのご時世にあっては、もはや無用の長物といえようか。
横断歩道

こういう仕組みを知ってなお偽パノラマ写真を撮るのはなぜか。それは「見る」という行為を素朴に強く意識させてくれるからである。偽パノラマ写真は漠然と広がる世界の限られた一部を注視する形で展開する。あたかも覗き見であるかのように。いや、平安時代の貴公子を気取って「垣間見」と言うべきか。「垣間見」は強く想像力に訴えかけてき、新しい物語を紡ぎ出す。なんだかわくわくするではないか。コンパクトカメラの小さなファインダーに設けられたパノラマ枠は意外にも雄弁なのである。
電話をする男

「写真は引き算」という至言がある(検索すると山のように出てくる!)。テーマをはっきりさせるため、なんでもかんでも写し込むなということだろうが、偽パノラマ写真はまさにこの「引き算」によって成立しているといってよい。「広がり」を生むための「引き算」。まだまだこの楽しみは捨てられない。

【お知らせ】
2年8か月にわたって続けてきたこのブログですが、ひとまずこのエントリーをもって更新休止といたします。これもまた「広がり」を生むための「引き算」ということにしておきます。長く可愛がっていただきましたこと、心から感謝いたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.08.08

笑う大天使

笑う大天使川原泉の人気コミックを原作とする。この機会に読んでみたところ、ほぼ原作の進行通りに映画も作られていた。お城のようなお嬢様学校(ロケ地は長崎ハウステンボス)で起こる出来事はひたすらファンタジーの様相を呈し、それらはすべてCGとVFXによって巧みに形象化される。話が話だけに、荒唐無稽な展開もすんなり飲み込むことができた。

ただしいくつかの点で2時間枠に収めるための「方便」がある。とにかく枝葉の多い物語(マンガなのに文字が多いぞ)なので、「ハチミツとクローバー」と同様の刈り込みや単純化が行われている。中でも主人公の三人娘のうち司城史緒(上野樹里)を中心人物と定めたところは英断だと言ってよい。物語に揺るぎない大黒柱が出現することで、観客は安心して史緒に寄り添い、彼女らの世界に没入することができるだろう。映画で新たに採用された設定、すなわち史緒の話す関西方言や大好物のジャンキーな食べ物なども、庶民を表象する記号として有効に働いた。すばらしきかな、お城とチキンラーメンのアウフヘーベン。上野とともに活躍する関めぐみ(「ハチクロ」に続いて好演!)と平愛梨も魅力的である。ことあるごとに上流階級を相対化する三人娘の視点や行動は痛快であった。

監督の山崎貴は「ALWAYS 三丁目の夕日」に続いてマンガを映画化したわけであるが、妙に情緒過多かつ道徳的で胡散臭い前作より、ひたすら楽しませることに専念する本作の方がはるかにのびのびとしているように思われた。 監督について事実誤認でした。本作の監督は小田一生です。

「嫌われ松子の一生」(中島哲也監督)の破天荒さには及ばないけれど、いい意味で無節操なエネルギーに溢れる作品となった。渋谷シネ・アミューズで鑑賞。

公式ブログ http://www.michael-movie.com/

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.08.03

DVDで観たものだし

早く書かないと印象が薄れてしまう。いや、もう薄れているかも。

■ライフ・オン・ザ・ロングボード
定年後の人生はいかなるものか。これからますますこういうテーマの物語が出てきそうな気もするが、この映画では、今は亡き妻と若い頃に約束したサーフィンに挑戦することで、「損なわれた本当の自分を探す」のである。そういう意味では少年少女が「まだ見ぬ自分を探す」のと、趣向は同じであろう。ただこの種の若者の物語につきもののほとばしる青い恋愛はない(当然か)。種子島の海は気持ちがよさそうだなぁ、と脊髄反射的な感想を吐いておく。大杉漣が初老サーファーを熱演する。次は誰の番?

公式サイト http://www.ntve.co.jp/lotl2/index2.html

仮面ライダー■仮面ライダー The First
オリジナルの「仮面ライダー」を思い出させるオマージュに溢れたものである。本郷猛と一文字隼人の二人がショッカーによって「バッタ怪人」に改造されたものの、やがて洗脳から覚め、裏切り者として狙われるという一連の流れは、少年時代の青臭い記憶を呼び起こして感動させられた(世代限定)。ボディースーツもサイクロン号も、さらにはショッカーの怪人も、オリジナルの雰囲気を濃厚に残しながら今風に造型されている。デジタル合成の死神博士(故天本英世)も登場する。しかし、何より特筆すべきは1号と2号の「愛の確執」が主題として据えられていることである。なんと二人は一人の女性記者を恋愛対象として奪い合うのだ(変身までして!)。世界平和はどこへいったのか。恋愛の本能の前には悪なんてどうでもいいということか。お子様向け映画のよくするところではない(笑)。

仮面ライダー The First解説
仮面ライダー The First公式ブログ

■愛してよ
西田尚美も母親役をするような年齢になってしまった。小学生の息子と二人暮らしの母親が、彼への愛情をモデルとして成功させるという教育熱に読み替えてしまう。やがてその行為が日々の暮らしの無力感や寂しさを紛らわせるための手段と成り下がった時、息子は母親に疑問を持ち始めることになる。「愛する」「愛される」という見えない感情を、目に見える目的に形を変えて追いかけるうちに、もともとあったはずの感情がどこかに置き去りにされてしまう哀しさ。父親との距離感や都市伝説の扱い方もおもしろかったが、一にも二にも主演の西田尚美の全編にわたる熱演が印象的であった。

カーテンコール■カーテンコール
邦画の公開はけっこうまめにチェックしているつもりだが、この映画は存在すら知らなかった。佐々部清監督の作品は、日本と韓国の高校生の遠距離恋愛を描いた「チルソクの夏」という佳作を観ている。この「カーテンコール」もそれと同じく両国にまつわる物語である。映画がまだ娯楽産業の中心にあった時代に幕間芸人として活躍した韓国人を、現代の日本人女性記者が探し出し、当時の家族に再会させるというものである。直球勝負の人情ものが苦手な人にはつらいかもしれない。幕間芸人を演じた藤井隆がよい味を出していた。伊藤歩はじっとしていても造作が派手なので、こういう地味な役柄にはちょっと合わない感じがした。

公式サイト http://www.curtaincall-movie.jp/

■空中庭園
角田光代の小説を原作とする(直木賞受賞作の『対岸の彼女』よりこちらの方がよほどよいと思う)。隠し事をしないというルールを持つ家族が、隠し事をし始めるとどうなるのか。そしていったん隠していたものを吐き出してしまうとどうなるのか。家族のあり方を考えさせてくれるかどうかはともかく、あけすけになりすぎることの怖ろしさを、文字通り背筋の寒くなる思いで見せつけられた。小泉今日子、怖い……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ