2006.08.16

広がりのための引き算

最近凝っているのは古いコンパクトカメラで撮影するパノラマ写真である。

床に寝る猫

もっともパノラマ写真といっても本当の意味でのパノラマではなく、通常の写真の上下をカットしてあたかも左右に広がっているように見せる偽パノラマである。たとえばこんな感じである。
通常 → 偽パノラマ

この二つの「モード」をカメラについているレバーやボタンの操作で切り替える。1980年代後半頃からコンパクトカメラに搭載されたこの機能は、安価なデジタルカメラによってこのクラスのフィルムカメラが駆逐されるまで、ほぼ全メーカーで採用されていた。それが今やごく一部のカメラに生き残るのみである。PCをはじめとしたデジタル機器による自在なトリミングが可能なこのご時世にあっては、もはや無用の長物といえようか。
横断歩道

こういう仕組みを知ってなお偽パノラマ写真を撮るのはなぜか。それは「見る」という行為を素朴に強く意識させてくれるからである。偽パノラマ写真は漠然と広がる世界の限られた一部を注視する形で展開する。あたかも覗き見であるかのように。いや、平安時代の貴公子を気取って「垣間見」と言うべきか。「垣間見」は強く想像力に訴えかけてき、新しい物語を紡ぎ出す。なんだかわくわくするではないか。コンパクトカメラの小さなファインダーに設けられたパノラマ枠は意外にも雄弁なのである。
電話をする男

「写真は引き算」という至言がある(検索すると山のように出てくる!)。テーマをはっきりさせるため、なんでもかんでも写し込むなということだろうが、偽パノラマ写真はまさにこの「引き算」によって成立しているといってよい。「広がり」を生むための「引き算」。まだまだこの楽しみは捨てられない。

【お知らせ】
2年8か月にわたって続けてきたこのブログですが、ひとまずこのエントリーをもって更新休止といたします。これもまた「広がり」を生むための「引き算」ということにしておきます。長く可愛がっていただきましたこと、心から感謝いたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.01.01

至言

芸術は見えるものをそのまま再現するのではなく見えるようにすることだ

パウル・クレーの至言を思う新しき年の初め。私の仕事は芸術ではないけれど、こういう心持ちで取り組んでいきたいと、正月くらいは真面目に思う。本年もどうぞよろしくお願いいたします。皆様にも幸多き一年でありますように。

machida #9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.18

美しき破壊者たち

高橋尚子がシドニーオリンピックで金メダルを獲った後、旧HP(今も存在はしている)でこんなことを書いた

高橋尚子が最強の名を証明するかのような強いレースで金メダルを獲った。世界最高タイムこそ刻めはしなかったが、考え得る実力者すべてを切り捨てての優勝は、実に見事なものであると思う。彼女のレースは競り合いや駆け引きとは遠いところにあり、自分のためのタイムトライアル、いわば「レースを破壊する」ところに最大の魅力がある。
現在の高橋の力が数年前の状態から遠いものであることは否めない。しかし、かつては競技を競技でなくすほど、光をすべて自分一人のものにしてしまうような存在であったのは確かである。優劣や価値を問うつもりは毛頭ないが、野口みずきのアテネでの優勝と高橋尚子のシドニーや東京国際での優勝、野口のレース運びと高橋のレース運び、観る人を巻き込み幸せな気持ちにさせるのははたしてどちらか。
他者の光をすべて消し去り、何もかも自分一人のものにしてしまう存在
この種の才能は持って生まれた資質としかいいようがない。今年無敗の三冠を達成した競走馬ディープインパクトもそういう存在であろう。彼がスパートした瞬間、すべての馬は人々の脳裏から消え去る(常にスタートから独走し、そのまま競ることもなくゴールしてしまうサイレンススズカという稀代の快足馬もまた同じ。98年秋の天皇賞で後続を十数馬身引き離して独走中に骨折し安楽死処分となった)。彼らは競技の本質を破壊し、自らがいかに輝くか、どういう勝ち方をするのか、それだけが問題となる。他者の印象は太陽にかき消された星のごとく儚い。

おそらくフィギュアスケートの新星、浅田真央も「選ばれしもの」であるのは間違いないだろう。層の厚くなった日本女子フィギュア界にあっても「綺羅星のごとく」という状態には決してならない。それが浅田以後の世界である。あるオンリーワンが真の意味で唯一無二となった時、他のオンリーワンたちはその他大勢に成り下がる。

美しき破壊者たちにはライバルも名勝負もない。とてつもない爽快感があるばかりである。私は圧倒的な才能に憧れ、彼らによってもたらされる甘美な世界にただ酔いしれる。その幸福感たるや(ああ、多大なる偏愛と偏見をもって)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.30

元々は巨人ファン

Tigers! Tigers!! Tigers!!!東京でひとり阪神の優勝を見届ける。生涯三度目の歓喜である。二十年に一度の行事だと思っていたから、今回の優勝はあまりにも早すぎるご褒美である。もちろん断る理由などない。

思い返せば、最初は巨人ファンだった。それが小学校一年生だか二年生だかの冬に阪神ファンに宗旨替えをした。きっかけは阪神百貨店での選手サイン会。父親に買ってもらった子供用木製バットは青とベージュに塗り分けられたもので、江夏豊と田淵幸一の二人にサインを書いてもらった。信じられないことかもしれないが、他にはほとんど人もいない状態で、父親は田淵とのんびり世間話をしていた。嘘のような本当の話である。もったいなくて使うことが出来なかったそのバットは、今でも大阪の実家に残してある。

以来、タイガースファン一筋でここまで来た。

学生時代までは熱心に甲子園にも通っていた。掛布と江川の対決が好きだった。二十代も半ばを過ぎる頃からは、つかず離れずの関係になったものの、なんとなく虎の戦いぶりが気になって、ちょっと喜んだり、ちょっと鬱になったり、完全に忘れてしまったり、たまに大喜びしたり。そして東京に出てきた今では大阪への郷愁を慰めてくれるものとして、再び子どもの頃のように楽しませてもらう存在になった。ありがたい。2005年の優勝は私にとってきっと忘れられないものになると思う。

酔っぱらいの感激モードゆえ、情緒過多な文章となった。お許し願いたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.07.19

真夏の夜の夢のような二日間 後編

■2日目■
フレオ朝から銀座集合(日本にいるのに時差ボケ生活、ちょっと眠い、笑)。銀座のアップルストアでmi4koさん、rinさんと待ち合わせる。まずは林檎の殿堂をお参りする。そこから松坂屋の中古カメラ市に赴く。噂に聞くカメラ市である。嬉しいような怖いような。思ったより客は少ないものの、集まっている人は筋金入りのカメラオタクなのは一目瞭然である。ポラロイドフェアをしているので、SX70がずらりと30台、後継機も含めると50台くらいはあっただろうか。よりどりみどりである。ここだけは若い人で賑わっていた。私も「ほしいかも(若者ことば)」などとあやしく考えながら、ふと後ろを振り返ると、びっくりするような値の付いているローライフレックスがあるではないか! 心臓をどきどきさせながら、同行の二人に相談を持ちかける。煽り上手の二人に相談した時点で押し出しですね(笑)。

それでも頭をいったん冷やすべく昼ご飯を先に食べる。ナイルレストランが長蛇の列だったので、銀座ライオンでビールとスパゲティナポリタンを食する。なんだかいい雰囲気の店でした。そしてアルコールが物欲をさらに加速させることに……。

すっかりビールで気が大きくなり、あっさりローライお買いあげ :-P。rinさんは記念にと皮ケースをプレゼントしてくれた(ありがとうございます、なかなか合うものがないのに、ぴったりなのが見つかった、これもまた縁)。ビックカメラでフィルムを買い込み、浜松町に移動、さらに日の出桟橋から船に乗って浅草へ出た。いしぐろさんから「横浜で花火を見よう」というメールが入っていたが、もう船に乗る直前だったので、こっちに来てもらうことになった。浅草寺周辺を散策しながら写真を撮るも、もはやそんな気分など銀河の果てまで吹き飛ぶほどの酷暑である。逃げ込むように喫茶店に飛び込み、あとはもう完全に尻に根が生えた。rinさんも快調に飲酒 :-)。1時間もだらけていただろうか、いしぐろさんとmokoさんが合流する。

#大阪方面でもミナミで会合が持たれていて、東と西で中継メールが行き交っていた。

まずは食事と、「藪蕎麦 並木」に向かう。うどん派関西人、ついに東京で蕎麦を食す! おいしゅうございました。浅草寺方面に戻る途中、北海道物産を扱う店を冷やかす。そして名物デンキブランを味わうために神谷バーに入る。なんだかすごい人であるが、rinさんによれば、開店時間から行列をなす常連客も多いそうな。お約束のデンキブランはアルコール度数高めで甘い飲み物(リキュール)だった。好き嫌いが分かれる味だと思う。いしぐろさんはぐびぐび飲みながら、向かいに坐るmokoさんやmi4koさんを撮りまくる。横のテーブルの二組のおっさんおばはんの声が五月蠅すぎなことを除けば、楽しく過ごすことができた。

仕上げは金色のうんちが目印のビルまで涼みがてら散歩する。涼しくなって撮影魂が復活したようで、皆思い思いに撮りまくる。名残を惜しみながら、9時半過ぎに解散となった。二日間、ご一緒して下さった皆様、どうもありがとうございました。ミータップを堪能しました。長文お疲れ>自分 :-P。

さてさて妙な縁で手に入れた銀座フレオ(ローライフレックス3.5C)であるが、それはまた別のお話(って、この繋げ方は以前どこかで!?)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.18

真夏の夜の夢のような二日間 前編

ガード下 デンキブラン 夜景

■1日目■
ロンドン在住のyukiさんが2年ぶりに帰国するというので、梅雨明け間近の猛暑の中、大歓迎ミータップが開催された。この日はおりしも銀座松坂屋で中古カメラ市が始まるということもあり、朝一番から集まるという激しくもおもしろおかしい展開であったのだが、残念ながら本業から逃れられず、夕刻からの参加となった。

4時前に有楽町のビックカメラでフィルムを買い(店内にダースベイダー登場)、東京国際フォーラムへ向かう。待ち合わせ場所の店の前で幹事のいしぐろさんにメールを送る。辺りを見回すと、見たことのある人が。しかも見間違えようがない。じんもさんである。横にはhariさんまで。北海道からやってきたmi4koさんやrinさんたちと話をしているうちに、今日の主役のyukiさんも到着。さらに続々と集結する人々、その数およそ20名。いちいち書くのも面倒なことなので、ご想像にお任せします。個人的にはfotolog時代からコメントのやり取りをしていたmarkalさんに会えたことが嬉しかった。ただ一つうらめしかったのは貧しすぎる自分の英会話能力……。大集団は一部の人を除きそのまま有楽町ソフマップ横のオープンカフェに移動する。しきはんさんも黄色い自転車に乗ってご登場。それにしてもなんという面々。なんとなく伝説を見る思いがした。

夜の部は東京国際フォーラム地下の「宝」にて。沖縄料理やお酒に舌鼓を打ちながら歓談する。テーブルの上にはお約束のようにカメラの行列ができている。料理や酒が置けないよ(笑)! あやのさん、HYGさん、mi4koさん(ハスカップジャム、さんきう)、しきはんさんたちと歓談しながら飲む、喰う、飲む、喰う。yukiさんにはお土産にイルフォードのモノクロフィルムをもらった。ありがたき幸せ。あっという間に2時間が過ぎ去る。店の前で集合写真を撮影して次の場所へ。

有楽町のガード下にあるまんぷく食堂に結集する面々。ここも言ってみればオープンカフェ状態なのだが、夕刻に行ったところとはまったく違う :-P。昔懐かしい空間とだけ言っておこう。ここではホッピー飲みまくり。ちょっと薄目 :-)。正面に座ったyukiさんとようやく話ができた。「東京たるび」を読んで下さっているらしくて、「今日の自炊くん」のことで褒められた。嬉しい(単純です)。楽しい歓談も午後11時頃に終了となる。別れ際にnobiさんとリアル名刺交換もできた。マックを使い始めた頃からnobiさんの書く記事を読んでいたのであった。嬉。ミーハーな私。へろへろになりながら午前1時前に帰宅した。

体調不良のyukiさん、どうぞお大事になさって下さい。そして楽しい休暇を! まだまだ続く……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.27

初もんじゃ

森山大道 もんじゃ あんこまき

とても暑い日曜日の昼下がり。昨夜見た「スター・ウォーズ」の余韻さめやらぬまま、小田急線に揺られて新宿に出た。今日最初の目的地は、新宿西口にある三井ビル1階の「エプサイト」である。ここで22日から森山大道の新作写真展「Buenos Aires」が開かれているのであった。昨年秋の写真表現大学での森山のレクチャーで、ブエノスアイレスとハワイの撮影をしているという話を聞き、とても楽しみにしていたものである。

圧倒的な迫力で迫るブエノスアイレスの写真群は、すべてエプソンの最新型インクジェットプリンタで出力されているという。作品の背後の壁面にも、淡い色合いで森山の写真が刷られており、空間全体が森山ワールドに染め上げられている。森山には珍しいカラー写真もあり、たいへん見応えがあった。また2度の訪問をビデオに収めたものも放映されており、時間を忘れて惹き込まれてしまった。

充たされた気持ちで、次は門前仲町を目指す。4月に上京する以前から、生粋の江戸っ子であるしきはんさんに、食べたことのない「もんじゃ」に連れて行ってほしいとリクエストしていたのである。それがついに実現した(嬉)。集まったのはしきはんさん、naomiさん、rinさん、aidaさん、いしぐろさん、そして私。

面々は下町情緒溢れる界隈を練り歩きながら、深川不動尊と富岡八幡宮で思い思いにカメラを振り回した。私は新しいタマピン(「科学のタマゴ」ピンホールカメラ)で楽しく撮影をした。マニュアル一眼レフに興味津々のしきはんさんには、FM3Aを使ってもらった(いかがでしたか?)。rinさんはここに来る前にカメラが増えてしまったと、嬉しそうだった(笑)。

仕事が終わったweblog244さんも合流して、いよいよメインイベントのもんじゃである。「ひさご」という店に連れて行ってもらう。なんだかとてもよい雰囲気である。窓の外には猫も歩く:-) 粉物文化と縁の深い関西人にとっても、もんじゃはあまり馴染みのない食べ物である。人によっては食感とか見た目に抵抗を感じる人もいるという。はてさて。

心配は杞憂に終わった。さすがに本物を知る人に本物を作ってもらったら、不満などあろうはずがない。とてもおいしくて、初めて握る小さなコテでパクパクと食べてしまった。結局もんじゃ3種(1枚は見よう見まねで作るのにも挑戦した)、納豆の入っているお好み焼きみたいなの、たこ焼き、さらには鉄板で焼くじゃがバター、そして締めにあんこ巻き。どれもあっという間に平らげた(そういえば、焼きそばも分けてもらった)。いやぁ、気に入りました、もんじゃ。合間合間のトークも意外性(!?)のある内容が盛り沢山で、そちらでも大いに楽しめた。

どうやらもんじゃは東京といっても東の方の食べ物らしいから、私が住む町田の方ではあまり見かけないらしい。なんだか針穴したくなるような場所でもあったから、散歩がてらまた行ってみたいと思った。最後に。関西人は御飯とお好み焼き、御飯と焼きそば、御飯とラーメン、どれも普通に組み合わせて食べるのです。:-) 参加者の皆様、どうもありがとうございました。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2005.05.10

女性専用車両

連休も終わり、東京に戻ってきた。町田でJRから小田急に乗り換える時に「5月9日から女性専用車両を導入」というお知らせに気がついた。「ふーん」などと思い、帰宅。夜のニュースで関東の各鉄道で同車両がいっせいに導入されたことが報じられていた。

いや、てっきりこちらでもやっていると思っていたのである。関西は確か3年前くらいに始まったはず。別に早いからいいとか悪いとかということではなくて、単に意外なことだと思った。さらにニュースは利用者のインタビューもおこなっていたのであるが、「ありがたい」「男性差別だ」「ややこしい」「別に」などなど、どれもこれも既視感を覚えるような内容だった。

数ヶ月もすれば、誰(一部の反対活動している人たちは除く)も何も言わなくなると思います。:-P

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.14

ありがたき幸せ

concorde先月からいくつか送別会をしてもらっている。とてもありがたい。そして13日の日曜日はfotologで知り合った写真仲間が会を催してくれた。会を開いてもらえるだけでももったいないのに、いろいろな贈り物などもいただいたりして、感謝感激である。右の花束は「持って帰る時に恥ずかしい思いをさせる」ために用意されたド派手な花束。真冬並みの寒さの中、熱帯植物の乱舞!?

帰りの電車の中で好奇の目を集めましたが、ちゃんと持って帰りましたよ!>姐様たち

全国各地(笑)への個別のお礼は改めてメールにて。明日から少しずつ荷造りをして、2週間後には東京の人になります。で、次のミータップは大阪城の花見ですかね :-P

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2005.03.02

そうだ 東京、行こう。

開催中の写真展に並べるポートフォリオ用の材料を買いに江坂の東急ハンズにでかけた。先週の土曜日のことである。ハンズの一階にある書店に立ち寄ったところ、目に付いたのが『そうだ 京都、行こう。』(淡交社)である。このムックにはJR東海の京都キャンペーン十年分のポスターが収められている。美しい写真に添えられたちょっとユーモラスで捻りの利いたコピーがいい感じである。コピーに関しては賛否両論あるかもしれない。しかし、「なるほどそういう切り口もあるか」と思いながら読めば、自分の感じる京都とは違う面が発見できて楽しめる。一枚の写真と短いコピーだけで「ここに行ってみたい」と思わせる力は確かにあると思った。

「そうだ 京都、行こう」公式サイト

しかし、今年の春からは気ままに京都を訪れることができそうにない。4月から東京で働くことになった。文字通り「そうだ 東京、行こう」である。生まれてこの方、関西から出たことがなく、しかも単身赴任ゆえ初めての一人暮らしになる。無事にやっていけるのかという不安感と、未知の世界に飛び込む期待感とが相半ばしている。

【今の悩み その1】
 ついに携帯電話を持たなければならない。何がどうだかさっぱり……。
【今の悩み その2】
 写真ブログ「オオサカハリアナツウシン」のタイトルをどうするか。
【今の悩み その3】
 たこ焼きとうどんが食べられなくなるのではないか。

悩みといってもしょせんこの程度である(笑)。

 道    アントニオ猪木

  この道を行けば
    どうなるものか
  危ぶむなかれ
    危ぶめば道はなし
  踏み出せば
    その一足が道となり
    その一足が道となる
  迷わず行けよ
    行けば分かるさ

今の気分は「元気があればなんでもできる、1・2・3、ダー!」である。さすがイノキ。:-P

これまで関西で仲良くして下さった仕事関係の方々、自転車の方々、写真の方々、お知り合いの方々、どうもありがとうございました。週末はこちらに戻ってくることが多いので、また機会があれば遊んでやって下さい。
関東の仕事関係の方々、自転車の方々、写真の方々、お知り合いの方々、一人寂しくしていることが多いはずなので、いろいろとおつき合い下されば幸いです。各種オフ会や食事会、はりきって参加します。ダー!! (数週間後に迫った引越の準備がめんどくさいよ……)。

| | コメント (23) | トラックバック (3)

より以前の記事一覧